八幡浜で明治 大正 昭和のトンネルを巡る100kmロングライド
by: 関 和貴

s-IMG_3248みなさんこんにちは。Y’s Road松山店 関です。

 

 

 

今回は比較的人と会わないオススメの(?)サイクリングコースをご紹介します。

 

 

 

題して

 

「ひっそりとたたずむ歴史的トンネルめぐり」

 

 

 

今回は八幡浜を中心に約90kmのサイクリングコースをご紹介します。

 

一部走りにくい道もあるのでゆったりロングライドにオススメのコースです。

 

 

 冬のライドは写真少なめですがお許しください

m(__)m

 

無題

ちょっと見にくい地図で申し訳ないですが、こんなコースです。

 

詳しい走行ルートはコチラで見ることが出来ます

 

 

 

 

 

 

スタート/ゴールは八幡浜の道の駅みなっと

 

スタート直後から早速上り道です!

 

 

 

 

s-IMG_3322

スタートしてすぐ。

地図のポイント①「名坂地蔵菩薩尊堂」で検索すると出て来るトンネルです。

ここは歩行者・自転車用の小さなトンネルがあります。

 

 

 

写真を撮っていると、、

 

 

ガシャーン!!

 

(゚Д゚;)

 

 

風が強かったので嫌な予感はしていましたが、、

わかっていてもカッコイイ写真が撮りたくて無理しちゃうんですよね、、

皆様も写真を撮るときはお気を付け下さい、、、

 

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

DE ROSA JAPAN(@derosa_japan)がシェアした投稿

 

↑この記事も写真撮影の苦労が伝わってきて面白いです

 

 

 

 

 

 

①のトンネルは吸い込まれそうな直線のトンネルで独特の雰囲気+入口に地蔵堂がある事もあってか「出る」と噂があったりなかったり、、

 

 

 

しかし①はまだまだ肩慣らし。

 

②のポイントに進みます。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_3320

 

今回行くのはいずれも旧道のトンネルなので走りやすいメインルートのトンネルを避けて狭くて道の悪い旧道を上っていきます。

 

 

 

 

 

s-IMG_3318

見えてきました。

 

 

 

 

 

s-IMG_3316

大峠隧道 昭和27年 戦後ちょっとしての完成ですね。

 

 

 

 

 

s-IMG_3317

よく見ると中が二重になっています!

 

 

 

 

 

s-IMG_3314

キレイなのは外側だけで内部は崩れかかっています!

 

壁はコンクリで補強されていますがこれは最近の物でしょう。

 

 

 

 

 

s-IMG_3313

狭い所は軽が一台通れるかどうかの幅しかありません。

 

 

 

 

 

s-IMG_3319

トンネルを抜けるとガタガタ道の林道。

足元は悪いですが景色は良いです。

佐田岬の風車が見える場所もあって景色はなかなか良いです!

 

 

 

 

 

 

 

無題

目的を果たしたのでUターンして八幡浜中心方面へ一度戻ります。

次は地図右上、大洲方面へ!

 

 

 

 

次なる目的地は夜昼峠!!

 

峠越えに一昼夜かかるとか、

霧で昼でも暗いなどと伝わる恐ろしい峠です。

 

 

 

今は長いトンネルが出来て車なら比較的通りやすいですが、今回は昔使われていたトンネルを目指して山を上っていきます。

*自転車での通行時は要注意

 

 

 

 

あらかじめコースをセットしたガーミンの指示通りに進んでいきますが、いつまで上ってもトンネルが無い、、

 

道も旧道どころか新しく舗装された広い道です。

 

違和感を覚えましたが電波は圏外。

 

ガーミンでコースを再確認すると、、全然違う所にいる!!?

 

 

どうやら先程コースを一時間違えた時に、ガーミンが元に戻そうとゴールへの道を再計算し、元々入力していたコースから外れてしまっていたようです。

 

 

という事で、往復10km近くのロス、、

のぼった分全部下る羽目に、、、

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_3310

改めて上り直し、、見えてきました!

 

 

 

 

s-IMG_3311

千賀居トンネル 明治38年

 

何と100年以上前のトンネル!!

 

 

現存する日本最古のループトンネルという事で、このトンネルを通過した後ぐるっと回ってトンネルの上を走って峠を通過します。

 

 

峠を超えると国道に合流し、大洲へ。

 

 

大洲でも古い町並みが残されているので見て回る予定でしたが、お腹が空いたのでスキップ!

 

 

国道56で峠をこえて今度は上宇和へ!

 

そしてこの峠も長くキツイ、、

 

そして昼食を食べ過ぎて眠気と腹痛が半端ない、、、

 

 

 

上宇和に出ると久方ぶりの平坦ですが、その分風が強く、上っているのと大差ありません。

 

 

 

 

そして見に来たかったのがコレ!!

 

 

 

s-IMG_3245

ワラで作られたマンモス!!

 

近くに古墳があるからマンモスなんだと思います、、たぶん。

 

 

 

 

 

そしてそこからすぐ近くにあるのが、、

 

 

s-IMG_3307

 

本日最後にして一番雰囲気が出ているトンネル、、

 

 

 

 

 

s-IMG_3258

s-IMG_3306

三瓶隧道 大正6年

 

 

 

説明書きには、「三瓶隧道は宇和町に位置するものの費用の多くを三瓶村が負担したため三瓶と名がついた」と書かれています。

 

 

 

当時トンネル工事は相当の費用がかかったはずですが、それだけ重要な道だったことが分かります。

 

このすたれた旧道も昔は賑わっていたことを想像しながら走るのも趣深いですね。

 

 

 

 

s-IMG_3265

煉瓦と石の立派な作り。

全く崩れそうにありません!

 

戦時中・戦後の建物より、戦前の物の方が、物資と時間に余裕がある分頑丈な事も多い様ですね。

 

 

 

 

 

s-IMG_3253

立派な扁額と苔

文字は左読み

 

 

 

 

s-IMG_3269

傍らに放置された看板が雰囲気を出します。

 

 

 

 

s-IMG_3248

立派な建築物ですが、ライトの色や滴る水が本能的に不気味に感じさせます、、

 

 

 

 

 

いよいよ最後のトンネルを抜けて最後は海沿いを気持ちよく走行。

 

写真は取り忘れました!

 

 

 

s-GMYJ6124

走行距離はちょうど100km!!

 

獲得標高1470m!

 

 

 

道を間違えなければ90kmくらいのコースです。

 

道も悪く、上り道のおおいコースですが、満足度の高いライドでした!

 

 

旧道のゆったりサイクリングなら、あまり人と密集する心配も無いし、車も少なくて以外と快適に走る事ができました!

 

ただし、万が一パンクしたら自力で解決しなくてはいけないので、最低限の携帯工具やポンプ、チューブは必ず持っていきましょう!

 

必要な道具はワイズロード松山店で!!

お客様の用途に合わせて最適なアイテムやテクニックをご案内いたします。

 

 

 


 松山店ではアルバイトスタッフ急募中です!!

最新のパーツに触れたり、簡単な整備をしたり、自転車好きにはたまらない仕事です。

交通費、スタッフ割引、社員登用、あります。

未経験者歓迎!!

お気軽にご相談ください

アルバイト募集


 シクロワイアード_レコメンドショップバナー


 

IMG_7108 (2)

⇧カスタム記事バックアップ 12/1更新⇧


Twitter_Logo_Blue FB-fLogo-Blue-broadcast-2 d_300x