【春の自由研究】チェーンのグレードとサビの関係
by: 関 和貴

s-DSCN0509みなさんこんにちは。Y’s Road松山店 関です。

 

 

 

今回は自由研究に最適な「実験」をしてみましたのでご覧下さい~

 

 

 

 

 

今回のテーマは、

 

「チェーンのグレードごとのコーティングの種類と、錆の関係」

 

 

 

 

s-DSCN0420 

自転車屋さんをやっていると、よくサビで真っ赤になったチェーンと遭遇します。

 

 

しかし、どうやら3カ月でダメになってしまうものと、1年放置しても軽微なものがあるようです。

 

もちろん、使い方や、メンテナンス、保管場所などによって大きく変わるはずですが、それ以外にももっとわかりやすいチェーンのグレードも関係しているはず!

 

 

 

今回はそこんところを深く調べてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

s-DSCN0509

今回の被験者たちとそのコーティングを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

s-DSCN0511

KMC X11

窒化チタンコーティング

 

 

 

 

s-DSCN0512

シマノ HG901(デュラエース)

SIL-TECコーティング

SIL-TECは独自のフッ素加工で、低負荷、泥はけ、耐久性に優れます。

 

 

 

シマノのチェーンには主にSIL-TEC・グレー・ブラウンの3種類のいずれかのコーティングがされています。

詳しい素材や処理は明記されていませんが、SIL-TEC>グレー>ブラウンの順で良いとされています。

 

 

 

 

 

s-DSCN0513

HG71

8速チェーンの「良い方」のグレード

表面処理は「グレー」と呼ばれるもの。

このグレーはミドルグレードのチェーンによく見られます。

 

 

 

 

 

s-DSCN0515

HG53

8・9・10速チェーンの「安い方」のグレード

表面処理はアウターリンクが「グレー」、インナーリンクが「ブラウン」

 

チェーン

名前通りインナーリンクが茶色いチェーンで、シマノでは最も安い種類です。

完成車の初期装備にもよく使われます。

 

 

 

 

 

 

 

まずはこの4種類で実験スタート!

 

 

 

 

 

 

 

錆の症状をより顕著に見たいのでまずは完全脱脂します。

s-DSCN0507

パーツクリーナーにどぶ漬け。

油切れはチェーンに最も過酷な環境です。

 

 

 

 

 

 

s-DSCN0518

脱脂したものを水道水で半身浴させます。

 

 

 

 

 

そのまま3日経過、、、

 

 

 

 

 

s-DSCN0527

いい出汁が出てきました。

 

 

 

 

 

 

ここで途中経過

 

 

 

s-DSCN0532

上から

X11

HG901

HG71

HG53

 

 

 

 

 

s-DSCN0534

どれもピンの部分に赤さびが見られますが、HG53以外は拭き取ると落ちます。

HG53は黒く変色し始めました。

 

 

まだどれも動きはスムーズです。

 

 

 

 

 

 

ここで被験者を追加。

脱脂していないチェーンを追加します。

錆びるでしょうか?

 

 

 

 

 

s-DSCN0577

さらに容器を変えて追加で1週間、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果がコチラ!!

 

 

 

 

s-DSCN0580

いずれもペーパーで表面の汚れを拭った状態。

 

 

 

 

詳しく見てみましょう

 

 

 

 

 

 

s-DSCN0584

KMC X11

ピンの部分が若干錆びているように見えますが、拭えば落ちます。

アウター/インナー共に変化なく、動きもスムーズです。

 

さすがチタンコーティング!

 

 

 

 

 

s-DSCN0583

HG901

ピンの部分に軽度のサビが出ましたが注油すれば落ちるでしょう。

プレートの表面は汚れのみでサビは全く見られません。

動きもスムーズです。

 

 

 

 

 

s-DSCN0582

HG71

ピン付近やプレートも一部錆び始めています。

インナーリンクは黒く変色しています。

若干動きが悪く、ぎこちないです。

 

 

 

 

 

s-DSCN0581

HG53

インナー・アウター共に表面に錆が出ています。

よく見る真っ赤なサビサビチェーンになりかけています。

動きは悪く、実際には交換でしょう。

 

 

 

 

 

s-DSCN0585

オイル付きのままのチェーン

汚れは見られますがピンにすらサビは見られません。

もちろん動きもスムーズ。

 

 

 

 

 

 

 

実験は今も継続中ですが、チェーンごとに差が出てきたのでここでいったん結果を出したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

わかったこと

 

 

 

・KMCのX11など窒化チタンコーティングはかなり優秀

 

・シマノのSIL-TECもサビに強い

 

・「グレー」のチェーンはある程度サビに強いがオイル無しでの長期間放置は厳禁

 

・安価な「グレー×ブラウン」チェーンはオイル無しでは錆びやすい

 

・適切な注油をすれば悪条件でもチェーンは錆びない

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

シマノチェーンの場合

・グレードに応じて錆びやすさが変わる。

 

・高性能を求める方はもちろん、メンテナンスが不安な方ほど上のグレードのチェーンを選びましょう。

 

・どのグレードのチェーンでも注油していれば錆びない

・逆に良いチェーンでも注油しなければ少しづつ錆びる

*注油しないとサビ以前にすり減って伸びてしまいます!

 

・チェーン交換の際は低負荷・高耐久のSIL-TEC処理チェーンを選びましょう。

アルテグラグレードのHG701以上がフルSIL-TECです!

 

 

 

 

 

 

 

テックスタッフ関のオススメ

 

 

 

 

チェーンの注油・掃除方法や必要な道具はコチラをご覧下さい!

 

 

 

 

チェーンのメンテナンスが自分では不安、家で清掃できない方向けに、修理や点検時にチェーンのメンテナンス承ります!!

 

s-IMG_3626

こんなに汚れたチェーンが、、

 

s-IMG_3627

こんなにピカピカになって、注油も致します。

 

 

料金は状態により¥1,760~

 

スプロケ掃除も¥880~承ります!!

s-DSCN0442s-DSCN0464

 

 

 

 

 

 

 

チェーンの掃除はめんどくさいし、なかなかメンテにも出せない方にはこれがオススメ!

 

 

KMC EPTチェーン(取り寄せ品)

 

 

650時間の塩水噴霧テストにも耐える高耐久、防錆加工チェーン!

 

様々なラインナップがありますが、

8速 ¥3,850

11速 ¥6,600

です。

ちょっとだけシマノより高いですが、すぐに錆びてしまって交換するより断然経済的です!

 

 

 

 

 

 

先程の実験で錆びにくかったKMCのチェーンはコチラ

X11EL  TI-GOLD/BLACK

¥9,240

11速用。他の段数もラインナップあり。

 

耐久性だけでなく、駆動抵抗の削減・剛性の向上に効果あり!

ヒルクライムやスプリントにオススメです。

シマノ・スラム・カンパに対応。

 

 

 

 

 

自転車メンテナンスキホンのキ

チェーンの注油

 

100万円のロードバイクも5万円のクロスバイクも必ず必要なメンテナンスです。

 

目安は月に一回、チェーンがキシキシいう前に!

 

A310 チェーンルブ CHL 1本(180mL) WAKO'S(ワコーズ) 【通販サイトMonotaRO】 01041906

オイルはワコーズのチェーンルブがオススメですが、お客様の使い方・保管場所・走行条件によってお勧めしますので詳しくはテックコーナー関にお声がけください!!

 

 

s-DSCN0008

 

 

その他修理、メンテ、カスタム相談もお待ちしております!!

 


 松山店ではアルバイトスタッフ急募中です!!

最新のパーツに触れたり、簡単な整備をしたり、自転車好きにはたまらない仕事です。

交通費、スタッフ割引、社員登用、あります。

未経験者歓迎!!

お気軽にご相談ください

アルバイト募集


 シクロワイアード_レコメンドショップバナー


カスタム・修理事例 ライド記録・コース紹介

じっくり読んでください♪ 

IMG_7108 (2)

⇧カスタム記事バックアップ 3/10更新⇧


Twitter_Logo_Blue FB-fLogo-Blue-broadcast-2 d_300x