ツールド愛知の神坂峠ヒルクライムで、当日参加者の中で1位に成れましたので、心拍管理の有用性を含めてレポートします。
by: 尾林佳史

7月8日に、

ツールド愛知

神坂峠ヒルクライムに

参加してきた、

名古屋ウェア館・尾林です。

 

 

 

 

 

 

 

丁度、

大雨による水害が

各地で起きてたのもあり、

当日以外に走った記録を

提出すれば、

参加扱いになるという

特別処置が取られたのもあり、

当日参加者は

34名と少な目に感じますが、

状況を考えると

集まっていただき

ありがとうございます!

というところでしょう。

 

 

 

 

 

 

image1

 

さて、

それでは、

レースレポートも含め、

今回は!?

 

 

 

 

 

 

心拍計の数値に注目しつつ、

心拍計の有用性を

発信していきたいと

思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

まず!!

 

予備知識としまして、

【安静時 心拍数】

 【最大心拍数】

 が、

データとして必要になりまして、

私の安静時心拍数は55bpm

最大心拍数が188bpmなので・・・

 

 

 

ゾーン1・・・50~60%(122~135bpm)

「リラックスした強度で、息を切らさずに会話が出来る程度」

 

 

ゾーン2・・・60~70%(135~148bpm)

「会話は出来るが、息切れしそうな強度。ほど良い負荷が心地いい」

 

 

ゾーン3・・・70~80%(148~161bpm)

「呼吸が粗くなり、会話がしづらい強度。有酸素運動のギリギリライン」

 

 

ゾーン4・・・80~90%(161~175bpm)

「会話する余裕が無く、維持するのがかなりキツイ。無酸素運動領域」

 

ゾーン5・・・90~100%(175~188bpm)

「ほぼ全力!維持するには不屈の精神が必要」

 

 

 

こんな感じの

ゾーン配分になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

レース内容ですが、

スタート直後、

5・6人が先行していたので、

とりあえずついていきました。

 

 

 

 

 

 

ペース的には余裕がありそうでしたので、

集団後方で様子見をしていたら、

2・3人ほどが後方から抜いて

飛び出していきまして、

一瞬悩んでから、

ついていこうと

私も集団から飛び出してみたものの、

その迷いの内に

50mほど差がついていました。

 

 

 

 

 

 

なんとか追いつけないかなと、

心拍を確認すると、

ゾーン4の168bpm!

 

 

 

 

 

スタートが苦手な私としては、

かなりいっぱいいっぱいな

心拍数で、

追いつくどころか、

とりあえず離されない様にと、

なんとか踏ん張ります。

 

 

 

 

 

 

 

さすがに、

これ以上上げると

バテてしまうので、

心拍を維持しつつ追走!

 

橋を渡って、

本格的な峠道に突入した時点で、

先行する2人からは

100m近い差があり、

後ろは付いてくる人がいない一人旅状態。

 

 

 

 

 

峠に入ったことで、

コーナーの度に

前二人が視界からロストする不安から、

心拍を170bpmまで上げて

ペースアップを図ると・・・

 

 

 

 

 

 

あまりの辛さと

一人旅による気のゆるみから、

顔をうつむかせてしまい、

気付いた時には!?

 

 

 

 

 

 

コーナーに気づかず、

コースアウトしてしまい

落車!!!

 

 

 

 

 

 

落車と言っても、

低速なヒルクライムなので、

立ちごけに近い感じでしたが(笑)

 

 

 

 

 

 

ホント恥ずかしい話ですが、

皆様は、

辛くても

ちゃんと前を向いて走りましょうね♪

 

 

 

 

 

 

さてさて、

 落車のタイムロスは

数秒ほどだとは思いますが、

当然、

走り出しても二人は見えません。

 

 

 

 

 

そして、

良くも悪くも、

後ろからも誰も来ない!

 

 

 

 

 

 

実は、

試走もせず、

コースマップもサラッとしか

見てなかったので、

誰かいないと

道を間違える危険性がある!!

 

 

 

 

 

 

 

という事で、

落車によって出てるはずの

アドレナリン頼みで、

心拍170bpmキープ

追走します!!

 

 

 

 

 

 

 

が!?

 

 

 

 

 

 

なかなか追いつかない(汗)

 

 

 

 

 

 

 

20分ほど追走気分で

頑張っていると、

斜度がキツイ区間が

増えてきたおかげか、

ちらちらと、

先頭の2人を視界に

とらえるようになってきて、

そのうちの一人が

遅れだしてきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

これはチャンス!!

 

 

 

と、

気合を入れてサイコン確認!

心拍が176bpm!

ゾーン5に突入!!

 

 

このレース最大心拍にて、

じりじりと差を詰めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

ようやく、

2位の人に追い付いたところで、

足を休めようかと後ろにつきましたが、

意外と速度差があったので、

追いついた勢いで

そのまま追い抜いて、

先頭を目指します!!

 

 

 

 

 

 

 

先頭との差は

30mほど!

 

 

 

 

 

 

 

心拍を維持できるギリギリの、

172bpmキープ!

 

 

 

 

 

 

 

レースも終盤!

 

 

 

 

 

斜度も上がってきて、

私のエモンダSLR

羽のように軽く感じる!!!

 

 

 

 

 

 

 

機材スポーツとはいいますが、

エモンダSLRは

反則クラスの軽さと剛性!

 

新型アルテグラにしたことで、

スプロケの最大30Tを使用しており、

先頭の人と比べても

軽いギヤを使えているので、

終盤でも

ペースを維持でき、

徐々にその差が

縮まってきます!

 

 

 

 

 

 

 

また、

新たな九十九折を迎える前に、

先頭に追い付くことが出来、

これで一息つける・・・

 

 

 

 

 

 

と、

後ろについて足を

5分程休めて、

165bpmまで落ち着かせましたが、

やたら急勾配の

九十九折りが来たので、

ココだ!!!

 

 

 

 

 

 

 

と、

アタック!!

 

 

 

 

20秒もしないうちに、

あまりの急勾配に

腰を下ろしてヘタレてしまったのと、

一度落ち着いてたのもあり、

心拍は170bpmほどでしたが、

10mほどのリードに成功!!

 

 

 

 

 

 

 

そこからは、

心理戦を心掛け、

コーナーを曲がってすぐに

少しペースアップして、

相手が曲がってくるころには、

淡々と上ってるかのように

ペースを戻して、

 

「コーナーを立ち上がるたびに

離れていく!?」

 

と、

相手に思ってもらって、

追走を諦めてもらうのを

狙いました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

もう、

足がキツかったので、

とにかく休みたかったのです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

それが成功したのか、

ラスト10分程は

完全に独走状態で、

心拍は163bpmと、

めちゃくちゃヘタレてました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ゴールラインが無かったので、

いまいち実感はありませんでしたが、

とにもかくにも

当日参加者の中では

1位!!!

 

 

 

 

 

 

image2

 

 

二位と、

1分程の差をつけれました!!

 

 

 

この手書き感が、

なんか新鮮です(笑)

 

 

 

 

 

 

image1 (1)

 

 

綺麗なのももらえましたが、

順位が書いてないので、

ありがたみが薄い・・・

 

 

 

 

 

 

 

しかし!

 

 

 

 

 

 

 

image3

 

 

暫定とはいえ、

1位は1位!!

 

 

 

嬉しいものです♪

 

 

 

 

 

 

とまぁ、

レース状況に合わせた

心拍数を書かせていただきましたが、

こういう風に

心拍数を意識して走ってますと、

自分が保てるペースや、

どれくらい頑張ると

脚にダメージがくるのかとかが、

分かってきますので、

1時間越えのヒルクライムでも、

ペース配分を決めやすいですし、

ロングライドでも

トレーニングでも、

心拍ベースで効率を上げることが

出来ます!!

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、

パワーメーターのが

望ましいのですが、

価格帯がかなり違いますので、

パワーメーターに

手を出せない方は

是非!

心拍計を

導入してみましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

来週は、

御岳山で戦ってきます♪

 

 

 


 

 

 

【土・日・祝日の営業時間が】

【2018年8月から変更 になります!】

⇑詳細はクリック⇑

 

 

【駐車場のご案内】

【提携TIMES駐車場:一ヶ所閉鎖のお知らせ】

⇑詳細はクリック⇑

 


 

 

 名古屋ウェア館

オススメ情報

 

 

bnr_wear2018ss_summursale

 

 

 

 

 

 

ツール・ド・フランス限定商品が

多数入荷!!

image1

 

 

 

 

ビックリ仰天コスパ!

LIMAR(リマール)ヘルメット襲来!!

image2

 

 

 

 

 

NIPPOカラーのAERO-R1

絶賛発売中!!

image2

 

 

 

 

 

 

梅雨時期の味方!

【GORE TEX】コーナー新設!!

IMG_5422

 

 

 

 

 

 

SYNTHEの特価!?

IMG_1875

 

 

 

 

 

 

 

KASK最軽量!

VALEGRO!!

image2 

 

 

 

 

 

Kabuto最軽量!

FLAIR!!

unnamed

 

 

 

 

 

 

 東海一(?)のレーディースウェア在庫量!

unnamed

 

 


 

 

ワイズロード名古屋本館

・ウェア館・クロスバイク館にて

一緒に働きませんか?

 

 

サンバルカン6040_n

 

 

自転車が好きで、明るく元気よく、いい笑顔が出来る方を募集します。

経験の有り無しよりはやる気を重視。色々なことに興味を持てる方希望。

土日、祝日出勤可能な方歓迎。

週3日以上勤務できる方。

 

 

学歴、年齢、経験不問。知識はおいおい身に付きます。
電話連絡の後、履歴書持参で面接いたします。

 

 

 

時給:¥900-~(能力に応じて昇給)

勤務時間:11:00~20:00(出勤日、勤務時間の調整は要相談)

仕事内容:レジ、接客販売、品出し、自転車組立、陳列等の店舗作業全般

 

募集人数:1~4名

 

 

 

まずは、担当:畠山までご連絡下さい!!

お待ちしてます!!