『2017シーズン復活物語』レース編
by: 井関太一

こんにちは。

  

 

 

ピスト担当井関です。

 

 

 

 

5月7日、とうとう試合の日がやってきました。

 

 

 

 西日本実業団トラックレース

 

 

 

場所はだんじり祭りの街、岸和田。

 

 

 

緊張のせいか僕の心臓も自然とワッショイしてます。

 

 

 

 

朝の受付に間に合うように出発し

 

 

 

 

ライセンスコントロールを済ませ

 

 

 

 

 

普段は競輪場を走れないので試走時間を使って

バンクの感触を確かめます。

 KIMG0315 (1)

 

 

 

 

出走は16時30分の予定なのでそれまで他のレースを観たり

 

 

 

 

お昼を食べたり。ゆっくりしたり。

 

 

 

 

元世界チャンピオンのお尻を眺めたり。

KIMG0304

とにかくだらだらして疲れない様に時間を過ごします。

 

 

 

私は大体レースの前は30分づつに区切って行動することが多いです。

 

 

 

 

なのでレース開始が16時30分であれば

 

 

 

 

自転車にディスク装備15時00分

    ↓

アップ開始15時30分

    ↓

招集、サインチェック、検車16時00分

    ↓

レース開始16時30分までローラーで脚を回す。

 

 

 

 

 

と、いう感じで余裕もって行動します。

 

 

 

 

今回自分自身どこまでやれるのか、

 今後のレースにつなげる為の一戦でもあったので

ギヤは現役当時よりも重たい53×15を選択しました。

 

 

理由としては現役当時(8年前)はキレッキレで

 

回転力も非常に自信があった為

 

51×15を多用していましたが、

 

昨今のレース情報を集めてみると、

 

やれ52×14だ、55×15だ

 

言われるので一番中間のギヤを選びました。

 

風の状況では52×15も考えましたが

 

今の踏力を知りたかったので53のままで。

 

踏み切れなかった場合は単純に弱い

 

ということがハッキリするので

 

軌道修正もしやすいかと思いました。

 

 

 

 

予定どおりにアップを済ませ準備ができればスタートまで集中するのみ。

 

 

 

そして自分の自転車を見る。見続ける。

 

 

 

 

 

 

結論

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 KIMG0338

 かっこいい。

 

 

これ重要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回私が出場した種目は「スクラッチ」というもの。

 

要は競輪場で行うロードレースのようなものです。

 

10Kmで行われるので400mトラックの岸和田競輪場ですと

 

25周回の勝負となります。

 

 

 

 

スタートして1周回はローリングスタートなので

 

後方に下がりすぎない様に位置取りします。

1494152902599

序盤5周回程度までは積極的に逃げに参加するようにし

 

それ以降は脚を溜めれて選手の位置が

把握できる場所で周回を重ねます。

 1494152904576

途中10周以降エスケープする選手が出てきますが

 

すぐにマトリックスの選手が

撃墜しに飛んでくるのでそこはスルー

 

周回を重ねる中で明らか脚を溜めている選手がいたので

 

ローテーションして調整しラスト1周でビッタシ付けました。

IMG_20170507_224325

あとは最終周回の

第4コーナーで

全開でいくのみ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アドレナリンどっばどばだぜ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オラオラオラオラオラオラオラァ

!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ篠田に男気で頂いた新品のクリートのおかげで

どんだけもがいても外れる気がせんわ!!!!!!

1494152891027

 

 

 

 

 

 

がしかし

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ???

 

 

 

 

 

 

あれれ???

 

 

 

 

 

 

あんれー???

 

 

 

 

 

 

 

 

差し切れず9位でした。

 

 

 

 

平均時速50Kmのジェットコースターの様なレースでした!

力を出し切ったのでレース後は脚が

産まれたての小鹿の様になっちゃいました。

 

 

 

 

今回53×15使用してはっきりと

自分の弱い部分がわかったので

東日本実業団でリベンジしたいと思います!!!

 

 

 

 

 

 

 

名古屋本館 井関 5月10日