遠出するならこんなアイテム持っていきたいです。
by: 井関太一

こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

ピスト担当 井関です。

 

 

 

 

 

 

 

ロングライドイベントや仲間たちとのツーリング。

 

 

 

 

 

 

楽しく走っているうちはいいんですが、

 

 

 

 

 

 

 

トラブルってありますよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

パンクとかパンクとかパンクとかありますよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は私がツーリングに行く際にもっていきたいアイテムのご紹介致します!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チューブ

201707247

出先でパンクしてしまった場合、チューブの穴を探すのは困難です。

従ってチューブ自体を新品に交換したほうが早いです!

ただしトゲやガラスの破片等がタイヤに刺さったままだと

チューブを交換してもすぐにパンクしてしまうので

一度タイヤ側に異常がないか確認した後にチューブ交換を行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

パンク修理する際に必要なタイヤレバー

201707245

 

このタイヤレバーでタイヤをホイールから外すことが出来ます。

色々なメーカーのタイヤレバーがありますがどれを選んでいただいても特に問題ありません。

見た目で選んでも性能に差はありませんので好きなカラー等で選んで下さい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

携帯ポンプ

201707241

交換したチューブに空気を入れないと走り出すことはできませんよね?

ただしロードバイクのタイヤは高圧専用です。

なので携帯ポンプがコンパクトになればなるほどたくさんポンピングしないといけないですし、ポンピングも重たいです。

かといってポンプが大きくなれば空気を入れるのは楽になりますが持ち運びが不便になってしまいます。

私の場合、身軽に動けることを第一条件に選ぶことが多いのでポンピングが大変なのは割り切って小さめのポンプを携帯することが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クイックパッチ

201707244

スペアのチューブまでパンクしてしまう可能性もあります。

もう一本スペアチューブを持っていればいいですが重たくなりますよね?

そんな方にはコレ!

チューブの穴を見つけなければいけないという苦行がありますが

みつけてしまえばこのパッチをぺタッと貼るだけで終了です。

 

 

 

 

ツール缶

201707243

 

これまでに紹介させていただいたものを収納するボトルケースです。

サイズは長かったり短かったりしますが基本的にはドリンクホルダーのケージにすっぽりと収まります。

ツール缶ではなくてサドルバックでも全然OKです!

 

 

 

 

 

以上、簡単でしたが私、井関がツーリングに持っていく最低限のツールセットです。

これぐらいあれば何かあったときにも対応できますし、不安な気持ちで走ることもありません。

あとプラスで携帯工具などもあればさらに安心ですね!!

 

 

使用方法など分からないことがございましたらいつでもお問い合わせ下さい!!!

 

 

 

 

 

 

 

装備を揃えて是非ツーリングに出かけましょう!

 

 

 

名古屋本館 井関 7月27日