【★動画付き】ダートライフご案内役の人生初トラック走行。その結果は!?
by: 安川 生

皆さんこんにちは

ワイズロード名古屋店

ダートライフご案内役 安川です。

 

 

昨年末からその競技性に惚れ込んで

ガッツリはまってしまった競輪

 

 

賭け事のイメージが先行してしまい

あまり良い印象を持っている人もいないかもしれません。

 

 

私も実際みるまではそう思っていました。

しかし!!

ハイスピードでの超高度な連携は鳥肌もの!!

 競輪がチーム戦である事を知ってましたか!?

 

そんな競技に魅せられてから数カ月

競輪で使われる競技場を

ついに初体験してきましたのでご報告させて頂きます!!

 image1

 

 

 

 

会場になったのは一宮競輪場

早速走行練習でバンクに足を踏み入れます。

まずはバンクの下側を

当店のトラック担当 井関と経験者の鳥越

の後ろについてアドバイスを聞きながら走行。

 

RSCN8747

 

 

 

 

少し慣れた所で若干だけラインとスピードを上げる

初バンクの印象は

「壁」

 

「ここ走れるのか?」

 

しかも上から人が抜いてくるという体験は初めてで

正直怖かったです。

が!!

 

それを凌駕する圧倒的ワクワク感!!

 

 

その後ローラーでアップをおこない

 

DSCN8748

 

 

 

 

 

いよいよ

第一種目のスプリントへ!

 

DSCN8750

 

 

 

 

ハロンと呼ばれる200mのタイム計測

意気込んで臨むもスタートした

と思った瞬間には既にゴールラインを切っていた。

 

DSCN8752

 

 

 

 

こんな競技は10年自転車をやっていて経験した事がありませんでした。

何もかもが新鮮で楽しい!!

 

結果は8位で予選敗退…

「悔し~」

 

 

 

 

 

次の競技は

1000m

トラック担当 井関に車体を借りての挑戦!

 これまた初のディスクホイールを投入!

速い!!

ゴ―――――!

 

DSCN8762

 

 

 

 

これまた一瞬なのにキツい(笑)

だけどこのスピード感はたまらない!

またやりたい!!

 

結果はぎりぎり一桁の9位

 

 

 

 

 

最後はメインイベント

ケイリン

 

DSCN8753

 

 

 

 

7組の予選があり、

1着のみ決勝にあがれるという

シビアなルールでおこなわれました。

 

 

予選1組さっそく出番

全4周回でおこなわれラスト1周半までは先導がおり

抜いてはいけません。

 

初心者なので

「後手に回ってはいけない」

 

と思いスタート直後に誘導の後ろを確保。

そしてラスト1周半で鐘がなり、

ペースが上がった所で誘導がはずれる

1名の選手が直ぐに前に出てくるもペースはさほど上がらない。

 

ホームストレートで外から巻くってきた選手を合図に

一気にペースアップ

 

image1 (2)

 

 

 

 

先頭の番手からバックストレートで全開で踏み込み開始!

4コーナーで抜けきり1着でゴール!!

 

image1 (1)

 

 

 

 

そして決勝!

招集で嬉しい情報が

決勝進出メンバーのみ競輪選手が普段競争で着ている

車番を表す勝負服を着用するとの事

色とりどりの勝負服を着た選手が走る様はバンクに虹が掛けられたようです。

 

image1 (3)

 

 

 

 

これはテンションが上がります!!!

と喜んだのもつかの間

7番車(私)だけ用意が無いとの事。

 

ガーン( ;∀;)

 

image1 (4)

 

 

 

 

気を取り直していざスタート

内容は文字よりこちらの映像でお楽しみ下さい!!

 

 

 

 

 

 

はいっ!

この様に初レースは決勝

2着で締めくくる形となりました。

 

 

 

想像をはるかに超える楽しさのトラック競技

当店には元全日本チャンピオンの井関も在籍しております。

 

 

私のように始めたい!!

そんな方からガチで勝ちたい方まで楽しめる

ご案内に務めさせていただきます。

 

 

 

ご来店お待ちしております。

 

 

 

 

2018/3/26  安川いきる