facebook

GARMIN NEWモデル~モデルさんの脚はマジで長いなというどうでも良いさわりからの新商品紹介~
by: 真造隆行

 19113877_1137201989717055_133240856987021247_n

 

 

GARMINの新商品が入荷していました。

19145996_1137202043050383_286578089614950970_n

 

高級感があり押し易そうなボタンです。

 

 

 

道端カレンさんをブランドアンバサダーに起用したFOREATHLETEシリーズ

昔トライアスロンの会場で

椅子に座った自分のとなりに

カレンさんが立った時

腰が顔のあたりに有り、

この人マジで脚長いなあと思った

しんぞうの思い出はどうでもいいとして

 

 

ForeAthlete® 935

FOREATHLETE935

光学式による手首心拍計を備え、

活動量計として活躍する同シリーズの

トライアスロン向け

プレミアムGPSマルチスポーツウォッチです。

 

GARMIN FOREATHLETE935 

税別¥57800税込8%¥62424)

 

 

 

 

この900番シリーズをしんぞうは

910XTJ

現在は販売終了モデルです。

ForeAthlete® 910XTJ

920XTJ

ForeAthlete® 920XTJ

と愛用してきましたが

今回935が出て、すぐに使い始めるかというと

残念ながら、暫くは使いません。

 

 

 

 

 

 

理由は920がぜーんぜん壊れないからです。

全然具合悪い所もないし、使い勝手も最高。

暫く920XTJが現役活躍するでしょう。

 

 

 

 

935からの新たな機能

 

とはいえ935には魅力的な追加機能もあるので

紹介します。

ランニングダイナミクスポッドが付属

ピッチ、ストライド幅、接地時間、

左右バランス、上下動、上下動比

といったランニングフォームに

かかわる情報を記録できます。

貴方のランニングのスピードが速くならないのは、

ランニングの動きに問題が

あるからかもしれません

動きの情報を数値化すれば、

それを的確に把握する事ができ

一歩進んだトレーニングが出来ます。

 

 

 

この機能は920の時にも

プレミアム心拍計と組み合わせて

利用する事が出来ましたが、

今回は腰に付けるだけの

この器具でよりコンパクトになりました。

 

 

 

光学式心拍計

本体裏側、手首に触れる部分で

心拍を測る機能が追加されました。

スマートウォッチモードで

光学心拍計を使っていても

2週間バッテリーが持ちます。

この性能は活動量計として使用

するには十分なのではないでしょうか?

つまるところお風呂に入っている

ときだけ充電してれば、

寝ても覚めても心拍管理できます。

 

 

 

長距離トレランでも耐えられる長時間バッテリー

 

GPS仕様時のバッテリーの持ち時間

が長くなりました。

通常GPSモードで21時間と、

ロングディスタンストライアスロンで

何の問題もない持ち時間に。

トレイルランニングなど、

さらに長い競技時間のレースの時の為に

GPSの通信タイミングを荒くして

最大44時間バッテリーを持たせる

UltraTracモードを利用する事も

出来るようになりました。

なにより見た目が普通の時計っぽくておしゃれ。

 

 

まあ、しんぞうは当分買えません

買いませんが

画面レイアウトやボタン配置のオシャレさは

ダントツこちらが上なので悔しいですね。

 

 

 

 

いずれスタッフにお前骨董品みたいな

用品使ってるなとまた虐められると思うと

今から憂鬱ですが虐めるやつはみんな

いつかプールの底に

引きずり込んでやると思いながら

強く生きていきます。

(たぶん近いうちにそういう機会がある気がするので)