【TREK】8年ぶりのモデルチェンジ!SPEED CONCEPT SLRが発表!先行入荷分の予約受付も開始!【2022年モデル】
by: 遊佐崇史

SpeedConceptSLR9_22_35757_B_Accessory1

待望のディスクブレーキ化を果たした新型Speed Concept SLRが遂に登場!
8年ぶりのモデルチェンジで空力性・快適性・収納力すべてをブラッシュアップさせ、
トライアスロンに必須の性能を全て兼ね備えたTREK最速のトライアスロンバイク誕生です!

TREK SPEED CONCEPT SLR

SpeedConceptSLR9_22_35757_B_Primary

1489000_2017_A_1_Speed_Concept_99

 

新モデルは現在のフラッグシップグレードSLRに採用されているものと同じく超軽量のOCLV 800。カムテール形状のチューブシェイプにより更なるエアロダイナミクス性能を獲得。Iso Speedも付いて最早欠点が見当たりません。

1.空力性 アイアンマンで6分も速く

SpeedConceptSLR9_22_35757_B_Portrait

Manny copy

新モデルはライダーが乗車している前提で風洞実験を行い、実際の走行状況を踏まえ開発、その結果TREK史上最速のバイクが誕生。その結果アイアンマン・コナのバイクパートでなんと6分間のタイム短縮を可能にしました!なお、巡航時のパワーは前作に比べて16Wも削減できるとのこと。
Aero_YAW_TEXT

秘密はどのヨー角でも速く走れることにこだわったこと。Y軸は抵抗の大きさ、X軸は風の角度を表しています。グラフを見るとどこから風が吹いても抵抗が小さいことがわかります。実走では進む方向も風向きもその時々です。ある一定の角度にだけエアロダイナミクスに優れるのではなく、すべてのシュチュエーションで速いバイクです。

2.快適性 新型IsoSpeedにより40%向上

SpeedConceptSLR9_22_35757_B_Alt2

タイトルなし

DOMANE、MADONE等に搭載されているIso Speedの技術をトライアスロン向けにチューニング。Iso Speedは具体的には衝撃が加わるとポストがしなる仕組みですが、そのしなりを生みだす支点が前にシフトした結果、トライアスロンポジションで最大の効果を得られるようになりました。これにより前モデルより快適性が40%上昇!ある程度速いTT/TRバイクはその硬さで快適性がやや落ちる傾向にありますが、今作は速くて快適性の高いバイクに仕上がりました。

3.収納性 常に最高のパフォーマンスを発揮するために必須

SpeedConceptSLR9_22_35757_C_Accessory3

前作ではトップチューブの上にトップチューブバッグが載せられる形でしたが、フレームに直接埋め込まれたストレージを使用します。面一になるのでエアロ性能も損なうことなく、一般的なジェルなら最大8個収納可能。ちなみに着脱可能で食洗器対応だそうです(気が利く!)

SpeedConceptSLR9_22_35757_C_Accessory4

DOMANEからヒントを得たダウンチューブストレージも搭載。CO2カートリッジやチューブ、マルチツールやタイヤレバーなどが収納可能です。

SpeedConceptSLR9_22_35757_C_Accessory1

バーの間にきっちり収まる専用のハイドレーションも別売りにはなりますがリリース。意外と市販のバイクで一番困るのはこのハイドレーションです、設計によってはそもそも取り付け不可な車体もあったり・・・。専用品が用意されているというのはそれだけで安心です。もちろんエアロダイナミクスを犠牲にすることなく取付可能!見た目もカッコいいですね、後述のエアロボトルを使って素早く充填が可能です。

SpeedConceptSLR9_22_35757_B_Alt7

こちらは専用のエアロボトル、付属品になります。各種ストレージやハイドレーションを駆使すればエアロポジションをとったままの補給が可能になるのでより速く走行することが可能です。

4.フィット 調整が容易

SpeedConceptSLR9_22_35757_B_Alt3

この辺は動画をご覧になって頂いた方が良いのでリンクを貼り付けました。ほとんどの調整が一目見て「自分でもできそう」と思っていただけたはずです。複雑な手順は必要ないので「ちょっと調整してみよう」が割と簡単に出来る仕組みになっています。
調整幅もかなり懐が深い仕様です。スタックの調整幅はベースバーとスペーサーを組み合わせて最大115mm。リーチは160mmの調整幅を持たせているので基本的には最適なフレームサイズを選べばポジションが出せるようになっているはずです。遠征時もステムとトップキャップのボルトを外すだけでベースバー上部からが取り外せるので、各部分の調整を行うことなくボックス等に収めることが出来ます。

ProjectOne対応

新しいビットマップ イメージ

あなたのオリジナルバイクが作れるProject One対応!完成車ラインナップに無いカラーはもちろん、アップチャージはかかりますが超美麗なペイントで仕上げるICONカラーも選べます。コンポやホイールもご予算や好みに応じてチョイスが可能。私もProject Oneを利用して自分のMadoneを購入しましたが自分だけのカラーデザインというのは本当に愛着が沸きます。レースのモチベーションアップにも貢献してくれるはずです!

最後に

trek

 

※上記モデルは”SLR 9 eTAP”のイメージとなります。

お茶の水店ではSpeed Concept SLR 7(数量限定モデル)の先行入荷予定ありです!
新型ULTEGRA Di2仕様
SPEED CONCEPT SLR 7 S 2022/3中旬以降予定 ×3台
SPEED CONCEPT SLR 7 M 2022/3中旬以降予定 ×2台
SPEED CONCEPT SLR 7 L 2022/2中旬以降予定 ×1台
※現時点での予定になります

■価格:1,146,200円(税込)
※限定モデルはProject Oneよりも56,000円お値打ちとなります!
■カラー:Voodoo Crabon Smoke/Gross Black

先行入荷分の予約は本日から開始です。
Project Oneで同じ仕様でオーダーした場合の納期は約1年!
来シーズンに向けて早めに欲しい方は、最短納期の上記限定モデルを予約して頂くのがベストでしょう。
限定台数につきご予約はお早めに!
また、サイズ選びはバイオレーサーエアロでバッチリ!バイオレーサーエアロお薦めです!
トライアスロンバイクの事なら、
日本最大級のトライアスロンショップ・ワイズロードお茶の水店にお任せ下さい!
御来店・お問い合わせお待ちしております!