【渋谷発】ビアンキのe-Bike試乗してみました
by: 伊藤 来

渋谷本館では今、

スポーツタイプの電動アシストバイク「e-Bike」の取り扱い強化中!

当店では試乗車もご用意しています。

そんなわけで当店一押し、ビアンキの電動アシストクロスバイク

CAMALEONTE Eを試乗してみました。

Bianchi-e 2

Bianchi CAMALEONTE E

¥169,000+TAX

渋谷本館からもほど近い池尻大橋の目黒川、桜は散り始めていました。

 

このCAMALEONTE Eは前輪にハブモーターを搭載した両輪駆動タイプ。

かっこよく言うとe-AWD!

e-Bikeの特徴としてはアシストが切れている時の走りの軽さがありますが、

これはベース車両自体が上質なクロスバイクであること、

前後ともスムーズなハブが使われているために実に走りが滑らか。

日本規格では10km/hを超えるとアシスト力が落ちていき、24km/hでアシストが切れるのですが、

走りが滑らかなためにすぐ20km/hを超えるこのバイクの場合アシストのパワーが感じられるのは

漕ぎ出しの時だけ。最初はあまり意味が無いように感じてしまうかもしれませんが、

自転車で一番面倒に感じるのが漕ぎ出しの時。街乗りでストップアンドゴー繰り返すうちに

ありがたさが実感できます。ひとたびスピードに乗ると軽快に走ってくれますし、

すぐスピードに乗るということはすぐアシストが切れるということですから

その分アシストの走行距離が増えるということになります。

漕ぎ出しをアシストしてくれるだけで、スポーツバイクのより美味しいところだけ楽しめる。

これは新たな発見です。

 

Bianchi-e 3

代官山エリアの西郷山公園脇にあるキツい上り坂を試してみました。

画像だと分かりにくいですが普通のロードだとちょっとキツいです。

突き当りを右に曲がると更にキツイ勾配が待っています。

 

普通のスポーツバイクに乗ってる感覚があると、つい力んで漕いでしまう坂です。

そこで力いっぱい漕いでしまうとある程度速度が出るためにアシストが弱くなり

登らないな、疲れるな、という印象を持ってしまします。

そこで、あえて力を抜き、モーターの力に頼って軽く漕いでみると

速度は遅いものの力強く登ってくれることに驚き。

e-Bikeにはe-Bikeに合わせた漕ぎ方があるのだな、と思いました。

アシストの特性に合わせて漕ぎ方を工夫してみると、だんだん効率のいい漕ぎ方が分かってくる。

これがちょっと面白い。この辺が分かってくると更に楽しめると思います。

普通のスポーツバイクとはまた違った面白さがあるのがe-bikeです。

特にこのモデルは、しっかり前輪にトルクがかかってる時、

「おお!2輪駆動の自転車に乗ってる、なんか凄い!」と思える楽しみも。

 

購入を迷われている方、この辺も踏まえてじっくり試乗してみてください。

試乗車はスタッフが乗り回して不在な場合もありえますので

事前にお電話でのご予約をオススメします。

試乗は日中のみ、申込み書記入のうえ運転免許証のコピーをとらせて頂きます。