【私の逸品】 795エアロ30周年+QRINGS+ADH2
by: 野澤 伸吾

 

アナタの友達が・・・

『ロードバイクってどんなの?』

って 聴いて来たら・・・・・・

これを見せよう。

2F2A6070

ええ  LOOK社の送り出す傑作

795の30周年記念モデル

 

LOOKの上位機種の魅力の根源は

そのクランクにあります。

2F2A6074

その 進化形がZED3でございます。

今回は事前に・・・

IMG_5890

↑ LOOK 純正の真円チェンリングと

【クランクアームの形状に合ってます】

IMG_5887

 

↑ 楕円のQRINGSを選んでもらいました

 

外にもQRINGSの方がお安いし!

 

楕円にチャレンジ!

オーナー様はこのワイルドな外観をお選び

 

 

 

さて・・・

ZEDクランクは特殊なクランクで

170 

172.5

 175mmのクランク長を選べます

オムスビ型の偏芯部品で変えるので・・・

2F2A6016

↑ そのクランク長さによって

 

クランク芯がずれる

 

 

ですので QRINGSの三番位置が必ずしも

チェンリングボルトと合わない可能性があるの

2F2A6017

↑ZED3にQRINGSが初めてだったので

キチンと計測しました

2F2A6028

↑どうやら 170mmのときは

三番のボルト位置が三番に一番近い

172.5mmだと二番が三番に近いと思います

 

 

 

もうひとつ

795の組み立てコツ・・・

2F2A6029

↑ZED3クランク組み付け時に感じるのが

ロックリングの嵌め難さ。

ネジピッチが大きくて

嵌め難いです。

単品で嵌めてみると良くわかるのですが

両者が嵌る位置は 一箇所しか無い

ですので 事前にマーキングしておき

2F2A6030

↑その 位置で嵌めるやりやすい

この締め付け工具の取り付け角度も

注意しないと フレームやクランク裏側に

傷をつけてしまうでしょう。

 

 

 

新型のADH2が難物

 

2F2A6037

今回は素敵なハンドル

ADH2ハンドルを使います。

この分解図にある

部品23&24に対し部品32を挿入するのが

メチャ硬いです。

それは必要なことなんですが・・・

無理にプライヤーや万力で押すと

 

たぶん32は壊れますね。

 

 

まあねフランス人が不親切なんですが

だからといって 無理な作業では

本職とはいえないので

なんとか方法を考える

30秒で思いついたのがこの方法

 

 

 

で 閃いた圧入方法が

↑ これね

★ブレーキアウターの切れ端で

32番の奥端部を押すのがポイントです

★最後に段差が42.5mmになるのも重要です

2F2A6038

今回もDi2配線を 

スッキリ優先で組みました

この方法は 輪行時や車載時に

Di2をオフに出来ないのがデメリットですが

2F2A6044

↑795の場合

このように 本来ジャンクションが付く場所に

W111を配置すれば 簡単に電源切れますね

2F2A6067

素敵な相棒が完成しました!

2F2A6082

↑ オーナー様が眺める風景

素敵です♪

2F2A6075

納車が楽しみです

by野澤