【スタッフバイク】遊びと走りを両立したい!ドロップハンドル化MTB!【KONA】
by: 藤平悠介

 

 

 

 CIMG0089

 

 

 

 

新宿クロスバイク館在庫一掃セール!!

 開催中!!要クリック!!開催中

 

 

fb-f-logo__blue_72

 

 

↑↑

 フェイスブック始めました、是非クリックといいねをお願い致します!

 

 

 

 

 

 

当ブログをご覧の皆様こんにちは!

 

新宿クロスバイク館の藤平です。

 

 

 

本日は私のお遊び用バイクをご紹介致します。

 

 

 

 

CIMG0089

 

 

KONA EXPLOSIF ドロップハンドルカスタム 

 

 

 

EXPLOSIFは現行でもラインナップにありますが、こちらはかなり過去の26インチ時代のモデルです。

 

最近まではシングル化仕様でトリックライドなどに使っていたのですが、オーバーホールがてら大きく仕様を変更してみました。

 

目標としたのは「一般的なグラベルロードよりも走破性が高く、オンロードもオフロードも軽快に走れる仕様」

 

 

仕様変更にあたり組立前に決めた所は

 

 

・フロントサスペンションが付いている事(オフロードでの走行性重視)

 

 

・タイヤもブロックタイヤでそこそこ太め(走破性重視)

 

 

・そこそこ軽量(12kg以下が目標)

 

 

・フロント変速機有り(オンロードでの巡航性と、オフロードでのギア比の両立)

 

 

・リア変速機にスタビライザ(チェーンの暴れ防止機構)が付いている物を使う(荒れた場所でのチェーンの外れ防止)

 

 

・出来るだけ手持ちのパーツを活かしつつ高性能を目指す(遊び用なのでコストを掛けすぎない)

 

 

 

実際に組立てを行う中で問題もありましたが、最初に決めた部分は全て組み込みました

 

 

では、各部のご紹介をしていきます。

 

 

まずはハンドル

個人的にかなり名作だと思っております、DIXNAのバンディーハンドルです。

 

 

 

 

312qI1F-RGL

 

 

 

ステムはコメンサルの60ミリを使用(※なぜか公式サイトでブラックの画像が無かったですが、使用したのはブラックです。)

 

 

 

alpha-stem60mm-red

 

 

MTBにドロップハンドルを組み付ける場合はポジション出しがなかなか難しいですが、手持ちパーツの組み合わせで良い感じになったのでしばらくはこのまま乗ってみる事に。

 

ポジションはまだ完全ではないので、今後弄るかもしれません。(ワイヤー長もポジション変更出来るようにかなり長い状態にしています) 

 

バーテープにはスパカズを使用してみました。

 

 

CIMG0101

 

 

 

 

普段バーテープにはこだわりが無いのですが、以前買った物が手持ちにあった事と、両面テープではなくシリコンで固定するテープなので今後のポジション変更時に巻きなおせるのが便利だと思い使ってみました。

 

グリップ力も強くて良いテープです。

 

 

次に駆動系ですが、シフトレバーにはシマノのアルテグラST-6700を使用

 

 

 

 

 

51kaSm2+CnL._SL1024_

 

 

 

スタビライザ付のRDを使用するにあたり10速以上である必要があった為、手持ちパーツを使用しました。

 

旧世代のパーツですが、グレードはそこそこなのでしっかり動きます。

 

 

 

※フロントの変速回りはメーカー非推奨の組み合わせを無理矢理組み立てていますので、真似しないで下さい。

 

 

 

CIMG0098

 

 

 

 

クランクはSRAMのS1400

 

変速機はシマノのFD-M8020(XTグレード)

 

 

 

手持ちにあったパーツの組み合わせになりますが、思ったより調子良く動いてます。

微調整の為SM-CB70(ケーブルアジャスタ)をワイヤーに組み込んでいるのがコダワリです。

 

 

リアの変速にはRD-M615を使用(手持ちにあった為)

 

 

CIMG0096

 

 

 

ロードバイク用のシフトレバーでMTB用の変速機は互換性がありませんので、ワイヤーの引き量を変換するアダプタを使っています。(WolfToothのTanpan)

 

説明書などが全く無い物なので取り付けに少し苦労しました。

 

 

 

次に足回りですが、サスペンションにはMANITOUのMINUTE 1:00

 

 

 

CIMG0091

 

 

かなり古いサスですが、メンテナンスしてあるので動きが良いです。

 

重量も軽いですね。

 

 

トラベル(サスペンション長)の調節機能がありノーマルより+3cmまで伸ばす事が出来るので、下りを攻める場合にも安定したポジションを出せます。

 

 

ブレーキにはTRPのSPYRE

 

 

 

700-d-Spyre-160

 

 

当店で販売する車体に採用されている事も多いので、お客様にご案内する為に自分の車体に付けてみました。

 

効きに関してはジワっと来る感じ

 

コントロール性とメンテナンス性に優れていて使いやすいです。

 

 

 

ホイールはクランクブラザーズのコバルト

 

 

CIMG0093

 

 

友人から譲ってもらったのでハブ等がゴールドです(笑)

 

ホイールに合わせて各部(チェーン、ワイヤーのキャップ等)にゴールドを入れてみたのですが、微妙(笑)

 

タイヤはMTB界隈でとても有名なシュワルベのノビーニックです

 

 

CIMG0099

 

 

オンロードも走るのでもうちょっと転がりや軽量性を重視したモデルでも良いのですが、手持ちの26インチタイヤを消費する目的もあります。

 

もちろんチューブレスで組み付け

 

現在オフロードを走るならチューブレス化はかなりマストなチューニングだと思います

 

まだ300キロ程しか乗っておらずポジション出し中ですがオンロードで30~35キロ巡航が出来ますし、階段を上れるギアまであるのでオフロードでも問題無さそうです。

 

重量も10.8キロとクロモリフレームでサス付と考えるとかなり軽量に仕上がりました。

 

上りもスイスイです。

 

 

現在の不満点は、ワイヤーが長すぎる事(笑)

 

今後改善する部分なのでそれ以外は不満無しとかなり良い仕上がりです。

 

ポジション出しが終わったら今後林道などにも挑戦していこうと思います。

 

何かパーツ変更やライド報告があればブログにアップいたしますのでよろしくお願いします。

 

 

 

 

 2018/6/25 藤平

 

 

 

 

 

 

 

新宿クロスバイク館在庫一掃セール!!

 開催中!!要クリック!!開催中

 

 

 

 

 

AU損保バナー

 

 

 

 

 

新宿CRSPHP案内バナー_01

 

 

スペシャルホームページのみのお得な情報満載!!

☟☟要クリック☝☝

 

 

 

☆☆新宿クロスバイク館は即日納車可能!☆☆

 

 

 キャプチャ

 

 

  

詳しくはこちら↑をクリック!

 

 

 

☆☆日本初クロスバイク専門館!各メーカー別展示で常時300台以上在庫!☆☆

 

詳しくはこちら↑をクリック!

 

 

 

☆☆新宿クロスバイク館だからお客様にピッタリの1台が見つかる!☆☆

 

詳しくはこちら↑をクリック!

 

 

 

 

新宿CR営業時間案内バナー【定休日なし】
 

 

 

新宿CR案内地図バナー