【スタッフバイク】トライアスロン系バイクのドロップハンドル化!?
by: 藤平悠介

当ブログをお読みの皆様こんにちは!

 

新宿クロスバイク館の藤平です。

 

 

 

4月と言えば新生活の為に引っ越しをされる方も多い季節

 

 

私の友人も引っ越しをする事になり

 

「転居先で置けないから」という理由で

 

自転車を譲っていただく事に。

 

 

その自転車がこちら!

 

9429605_800_1

 

FELT B16(2012)

 

 

いわゆるトライアスロン系の自転車です。

 

 

街中での使用が難しいDHバー先端に

 

シフトレバーが配置されていたりと

 

完全に競技用の設計

 

 

 


トライアスロンやTT競技をしない私にとっては

 

完全にオーバースペックな一台です。

 

 

元の持ち主が私より少し身長が高い事もあり、

 

サイズも一つ大き目。

 

 

 

このままでは完全に持て余します

 

 

そんな時、同FELT社のARシリーズを見た私は思いつきました。

 

 

「これ、エアロロードに出来ないかな・・・?」

 

 

もちろんフレーム設計が違うので

 

完全なロードバイク化は出来ませんが

 

使いやすいようにカスタムする事は可能かもしれません。

 

 

手持ちのパーツを掘り返し「いける!」と思ったので

 

元の姿の写真も撮らずに作業開始!

 

 

そして完成したのがこちらです!

 

 IMG_0048

FELT B16

ドロップハンドルカスタム

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0049

 

メインコンポーネントには

 

SHIMANO TIAGRA(4700系)を使用。

 

 

4700系は他型番との互換性がありませんが

 

走行距離がかなり短い一台だった為

 

車体に付属してきたフロント変速機、

 

スプロケット、チェーンを流用しました。

(※メーカー非推奨の組み合わせは自己責任です。)

 

 IMG_0051

 

リア変速機はワイヤー引き量の互換性が無いので

 

4700系の物を使用

 

 

IMG_0052 

クランクはSHIMANOのカタログ外モデルの物

(FC-CX50)

 

 

ノーマルのクランクが少し長かった為170mmの物に交換

 

 

 

IMG_0053

 

チェーンリングはプラクシスワークス社製の

 

歯数52/36に変更。

 

 

BBはTOKEN社のセラミックBBを使いました

 

鈍感なので普通の鉄球BBとの差は良く分かりません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0054

 

ペダルはSHIMANOのロード系SPD(Aシリーズ)

 

MTB系のSPDより少し固定力があります。

 

 

シューズをMTBと同じ物で乗りたかったので選んだのですが

 

ペダルが地面に当たってしまうため交換予定です・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0057

 

ハンドルはPZ Racingのアルカーボン(アルミ芯にカーボンをラップした物)

 

 

形状も少しエアロですし、

 

ワイヤーの通しがお気に入りです。

 

 

ステムクランプ部分がアルミ製のため

 

カーボンハンドルのように締め付けトルクを厳重に管理せずに

 

ある程度アバウトに締め込めるので

 

出先での角度調整などが気軽に出来ます。

(※まだポジションが完全ではないのでバーテープは巻いていません)

 

 

上ハンドルのポジションがかなり握り易く

 

ブラケットポジションでもいい感じに落差が出ますね

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0058 

ホイールは純正の物が重かったので

 

手持ちで余っていた旧型ZONDAに変更

 

 

トライアスロンのように一定の速度で走り続けるなら

 

ホイールの重さはあまり気にならないと思いますが

 

街中でのストップ&ゴーではデメリットが大きいです。

 

 

 

 

 

 

 IMG_0069

2WAY FITのZONDAなので

 

ロードチューブレスのテストにもってこいだと思い

 

IRC FOMURA PRO TUBELESS Lightを使用

 

 

ナローリムのZONDAなので23Cを選択

 

 

 

 

 

 

 IMG_0070

 

B16はリアホイール位置をスライド調整出来るので

 

タイヤの太さ選択肢の自由度がかなり高かったりします。

 

 

 

 

 

 IMG_0059

 

フロントも意外に余裕があるので、28Cくらいまで履けそうな気がしますね。

 

 

 

 

 

 

 IMG_0066

 

 

なんとなく空力が良くなりそうな気がするのと

 

見た目的にも好みなので

 

ホイール取付位置はかなりツメツメにしています

 

 

 

 

IMG_0067 

(ちなみに紙を挟んだら落ちないくらいの詰め具合です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 IMG_0065

 

ブレーキだけは高グレードパーツをという事で

 

6800系アルテグラのキャリパーを使用したのですが・・・

 

 

リアブレーキ稼動時にクランクと干渉するので

 

近々交換する予定です・・・

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0060 

サドルはシンクロスのRP1.0を使用

 

 

カーボンレール対応のシートポストを普段使わない為

 

家で不良在庫になりかけていたサドルがやっと活躍出来ます(笑)

 

 

使用感は「普通」な座り心地

 

良く言うなら違和感が無いといった感じでしょうか

 

 

正直あまりサドルに拘りが無いタイプなのでレビューには向いていないですね(笑)

 

 

 

 

 

 

IMG_0061

 

サドル後ろにボトルケージを配置していますが

 

これはシートポストがエアロ形状で

 

リアライトが取付出来なかった為

 

苦肉の策として取り付けたボトルケージ台座を

 

有効利用した結果です。

 

 

フレームにボトルケージを取り付けるより

 

空力的には良くなるんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0062 

 

ステム上にはカメラを取り付けてみたのですが

 

ワイヤーの取り回しと干渉するので取り外しの予定です。

 

 

 

 

組立から200km程の走行をしての感想ですが

 

「エアロロードともまた違うが、これはこれで面白い」

 

という感じです

 

 

 

一番違いを感じるのはシートアングルが立っている事ですね

 

 

ロードバイクよりもペダルを踏み降ろす感じが強いです。

 

 

DHバーを握っての走行がメインで設計されているので

 

 シートアングルを立ててトップチューブは短め。

 

 

フレームサイズが少し大きい為

 

ロードのジオメトリで考えればトップ長はちょうどいいです。

 

 

 

しかし、ロードバイクよりも乗車位置が少し前になるので

 

クランクとの位置関係が全く違いますね。

 

 

脚が短い私にとってはこれがかなりちょうどいいです。

 

 

 

普段ロードバイクでもオフセット0のポストに交換して乗るので

 

違和感はほとんどありません。

 

 

 

 

 

 

 IMG_0072

 

フレーム設計として嬉しい誤算だったのは

 

クランク位置がいつもより後方のため

 

シューズとタイヤが干渉しない事。

 

 

低速での鋭角コーナリングでも安心して曲げられるので

 

取り回しは意外と良いです。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0064 

お気に入りのポイントは

 

ハンドルからフレームに伸びるワイヤーの取り回し

 

 

見た目的には非常に気に入っているのですが

 

カメラやサイクルコンピュータなどのアクセサリーを

 

ステム上に付けたい場合はとても邪魔(笑)

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ改良の余地は多く、テスト途中の車体ですが

 

今後改良したらまた投稿しようと思います。

 

 

同じようなカスタムの相談等ございましたら

 

ぜひ御相談下さい。

 

 

 

 


 

 

p1260903-e1545885182654-2

こちらをクリック!

 

bnr_buy2_2019

 

 

乗換キャンペーンポスター

 

 

FB-CRBA

↑ Click!!! ↑

 

 

 

【新宿クロスバイク館在庫一掃セール!!】

開催中!!要 Click!!! 開催中

 

 

 

 

AU損保バナー

↑Click!!! ↑

 

 

 

 

☆☆新宿クロスバイ ク館は即日納車可能!☆☆

即納POP_小

詳しくはClick!!! ↑↑↑

 

 

 

 

☆☆日本初クロスバイク専門館☆☆

各メーカー別展示で常時300台以上在庫!

詳しくはこちら↑をClick!!!

 

 

 

 

☆☆お客様にピッタリの1台が見つかる!☆☆

詳しくはこちら↑をClick!!!

 

 

 

 

新宿CR営業時間案内バナー【定休日なし】

新宿CR案内地図バナー

 

新宿CRSPHP案内バナー_01

http://ysroad.co.jp/shinjuku-crossbikekan/