【CANNONDALE 2020 展示会】話題のカーボンモデル!TOPSTONE CARBON 試乗してきました!【インプレッション】
by: 奥田 智大

s-CIMG3982

 

  

 

 

キャノンデール2020年モデル展示会参加してきました。

 

 

・SUPER SIX EVO

・CAAD 13

・TOPSTONE CARBON

・TREADWELL

・QUICK

 

 

 と、

モデルチェンジや、新しいラインナップが増えたり、

メーカーロゴもかわり、デザイン性なども一新しましたね。

 

 

 

s-CIMG4162

 

 

 

Y’sRoad新宿クロスバイク館では、

グラベルロードとクロスバイクを取り揃えていますので、

今回は「TOPSTONE CARBON」の情報と、

試乗の感想を書きたいと思います。

 

 

 

s-mlolizpagucnvta7w0hk

 

 

 

TOPSTONE(トップストーン)は

2019年にアルミフレームモデルが発表され、

瞬く間に話題となったグラベルロードです。

 

 

 

その翌年2020年には、

さらにカーボンフレームモデルが新登場!

ただ単に素材をカーボンに変えただけではなく

全く新しい設計で登場となりました。

 

 

 

 s-CIMG4169

 

 

 

 s-CIMG3987

 

 

  

スポーツバイクといえば、

前と後ろの三角形を合わせた

「ダイヤモンド型フレーム」

というのが一般的ですが、

TOPSTONE CARBON は

シートチューブの半分くらいの高さに

シートステーがピボットで接続された、

特徴的なフレーム形状をしています。

 

 

 

s-CIMG4172

 

 

 

「KINGPINサスペンションシステム」と名付けられた、

カーボンフレームの”しなり”を利用し、

最大30mmも可動する独自のテクノロジーが搭載されています。

 

 

 

s-CIMG4167

 

 

 

グラベルロードは荒れた路面を走ることも想定しているので、

フレームをしなりやすく加工したり、

ダンパーを付けたり、シートチューブを独立させたり等、

ブランドごとに色々な試行錯誤が行われてきました。

 

 

 

KINGPINサスペンションシステムは

シートチューブとシートステーの接続位置を低くし、

シートステーとシートポスト、

チェーンステー、トップチューブの一部を

縦方向にしならせることで、

MTBのリアサスペンションと同じ動きを再現しています。

そのためダンシング時(立漕ぎしている状態)でもフレックスに動き、

なおかつ、ペダリングのエネルギーを無駄にしない

という理想的な設計になっています。

 

 

 

s-CIMG4175s-CIMG4176

 

 

 

さらに、フレームサイズによってピボットの位置や、

パイプの太さを調整し、ライダーの体格に合わせて

最適な動きをするよう、細やかな調整もされています。

 

 

 

 s-CIMG4187

 

 

  

s-CIMG4196

 

 

 

 

他にもMTBやシクロクロスで採用されている

「AI(アシンメトリックインテグレーション)」

を採用しているため、700Cの場合最大40mm幅、

650Bの場合48mm幅のワイドなタイヤに対応しながら、

短いチェーンステー(415mm)を両立し、

アルミフレームのTOPSTONEよりも、

さらに機敏な走りが可能な設計に仕上がっています。

 

 

 

グラベルロードというと

安定感があって、荷物も積めて、ツーリング向き~、

という感じの車体が多いですが、

この TOPSTONE CARBON は、

「オフロードをかっ飛ばすバイク」

を目指したそうです。 

 

 

 

s-20190718_172813_HDR

  

 

 

試乗した日は、あいにくの雨模様。

でも、

グラベルロードを試すのにはむしろいい天気だったのかも?

 

 

 

 

s-20190718_155937

  

 

  

今回試乗させていただいたのは、

 

 

 

Topstone Carbon Force e-Tap AXS   ¥595,000-

 

 

 

TOPSTONE はトップチューブが長めのジオメトリーなので、

身長169cmの私だと、XSサイズかSMサイズ、

フレームのしなりを体感したいのでXSサイズで、

シートポスト長めに出して乗ってみました。

 

 

 

s-20190718_180621

 

 

 

キャノンデール・ジャパンのスタッフさんが

先導して未舗装路へと入っていきます。

上の画像よりも実際にはもっと荒れた場所を走ってきました。

深いわだちがあり、握り拳大の石がゴロゴロ、

雨も相まって水溜まり、ぬかるみ有りの下り坂ダートコースです。

 

 

 

私はMTBを持っていますが、

林道や砂利道程度しか走った事のないほぼ素人レベル。

しかし、一緒に走ったのが上手な方ばかりで、

どんどん進んでいくなかを必死について行く状態でした。

 

 

 

下り坂なので体感的には

時速40kmぐらい出ていたと思います、

大きめの石を踏んだ時などは

転倒するのではないかとヒヤヒヤでしたが、

スリップすることもなく走り抜けることができ驚きました。

 

 

 

KINGPINサスペンションが

衝撃を和らげてくれていたこともありますが、

凹凸に対してバイクがほとんど跳ね上がったりしないので

しっかりとタイヤが地面をグリップして、

非常に安定してバイクをコントロールできたと感じます。

 

 

 

SAVEカーボンハンドルバーもフロントのブレを抑えてくれ、

轍の乗り越えも思い通りのラインで走ることができました。

 

 

 

徐々に慣れていき、

後半はダンシングで加速する余裕もできたほどです、

しかも、ホイールが空転して’抜ける’感覚も無く、

しっかりトラクションが掛かっているのも感じられました。

プロモーションムービーのライダーみたいに

ガンガン走れてすごく気持ちがいい!

 

 

 

再度書きますが、

私はMTB初心者なので荷重移動とかバイクコントロールとか

意識していないと出来ないような初心者です。

このバイク凄いんです!

 

 

 

Y’sRoad新宿クロスバイク館に

TOPSTONE CARBON 105

入荷しておりますので、

気になった方は是非ご来店ください。

 

 

 

2019,7,21 OKUDA 

 

 

グラベルロード在庫量 国内トップクラス!

 

 


 

 乗換キャンペーンポスター

 

bnr_2020model

新宿クロスバイク館に続々入荷中♪ ↑ Click!!! ↑

 

 

FB-CRBA

↑ Click!!! ↑

 

 

安心を手に入れる!

盗難補償とロードサービス!さらに特典付き

 

auau

↑Click!!! ↑

 

 

 

☆☆新宿クロスバイク館は即日納車可能!☆☆

即納POP_小

詳しくはClick!!! ↑↑↑

 

 

 

 

☆☆日本初クロスバイク専門館☆

各メーカー別展示で常時300台以上在庫!

詳しくはこちら↑をClick!!!

 

 

 

 

☆☆お客様にピッタリの1台が見つかる!☆☆

詳しくはこちら↑をClick!!!