【スタッフバイク】グラベルロード勉強用!色々弄って経験値UPを目論む一台です。
by: 藤平悠介

当ブログをお読みの皆様こんにちは!

 

新宿クロスバイク館の藤平です。

 

 

当店はクロスバイクの他に

 

「グラベルロード」

 

というジャンルの自転車に強い店舗です。

 

 

街乗りからツーリング、オフロードレースなど

 

色々出来ちゃうジャンルのグラベルロードですが

 

一般的なロードバイクや、形状が近いシクロクロスなどのジャンルとは

 

少しだけ違う知識や経験が必要だったりします。

 

 

私の手持ちバイクを思い返してみると

 

 

IMG_20181205_084715

 

レース用に組んだシクロクロスバイクや

 

 

DSC_0517

 DSC_0274

遊び用に組んだドロップハンドルMTB

 

 

IMG_0075

 

IMG_0083

 

グラベルロードのフレームだけど特殊な形状のハンドルにしてしまったりと

 

お客様にグラベルロードを案内するにあたって

 

一般的なグラベルロードの経験に乏しいのでは?

 

という考えがありました。

 

 

そんな時、神楽坂店の鶴田さんが

 

フレーム載せ替えをするという事で

 

余ったフレームを譲っていただく事に。

 

 

 

DSC_0632

 

グラベルロードの勉強用に組んだ一台がこちら!

 

 

 

 

marin20_nicasio_se_m_olive-uai-1440x960

 

ベースバイクはMARIN NICASIO SE

 

 

元々はフラットバー化されているグラベルロードですが

 

 

NICASIO-ORANGE-uai-1440x912

 

700Cホイール、ドロップハンドルで組んだので

 

SEではないほうのNICASIOに近い状態。

(オリーブカラーはSEにしか無いのでちょっと珍しいかも?)

 

 

この車体を組み立てるにあたり

 

徹底したのが「手持ちのパーツで組み立てる」という事。

 

 

自転車業界でよくある

 

「パーツから自転車が生えてくる」

 

というアレですね。

 

 

NICASIOは定価でも10万円を切るエントリーグレード車

 

 

最初から高性能パーツで組むよりも、廉価パーツで組み立てていき

 

ネガな部分がどこにあるのかを探っていく方が

 

勉強としては良いと考えたからです。

 

 

 

 

 

DSC_0609

 

メインコンポーネントは4600時代のTIAGRA

 

 

DSC_0611

 

3500時代のSORAの混合で2×10段変速

 

 

コンポーネントも昔より進化しているので、

 

この構成だと現行のCLARISと同等かそれ以下くらいの性能です。

 

 

 

DSC_0610

 

触覚ワイヤーのSTIレバーを懐かしく思う方も多いのではないでしょうか?

(※ポジション出し中なので少しワイヤーに余裕を作っています)

 

 

触覚ワイヤーはバーテープを剥がさずにワイヤー交換が出来るので

 

メンテナンスもしやすいですし

 

曲がりが少ない分変速操作も軽いのですが

 

フロントバッグの取付が難しい為

 

グラベルロード向きじゃないような気がしますね・・・

 

 

 

DSC_0612

 

 

クランク、変速機周りはSORAなのですが

 

シートチューブの径が思っていたより細く

 

準備していたフロント変速機が使えなかったというアクシデントで

 

ここだけさらに廉価グレードの物を取付け。

 

 

メーカー互換性的にはNGの組み合わせですが

 

とりあえず変速は出来るので問題ありません。

 

 

 

 

DSC_0613

 

ホイールは手持ちの29erMTBから取り外して

 

倉庫に転がっていた年代物

 

 

一般的なグラベルロードよりも少しワイドな21ミリのリム

 

グラベル系タイヤとの相性は良さそうですが

 

かなりヘビー級なので漕ぎだしや上りはあまり良くないですね(笑)

 

 

一度速度が出てしまえば惰性で転がるのでそこまで不便は感じませんが

 

そのうち換えたいポイントの一つではあります。

 

 

DSC_0616

 

タイヤは35Cの物

 

手持ちバイクをチューブレス化した際に外した中古品です。

 

 

フレームのタイヤクリアランスを見たかったため

 

とりあえず取り付けしてみましたが

 

シクロクロスバイクとの差別化をしたいので

 

もう少し太い物に交換予定です。

(フレーム形状的には40C位まで入りそう?という感じ)

 

 

組むにあたってこだわった点はいくつかありますが

 

一番悩んだのはブレーキ周り

 

 

エントリーグレードのディスク車体に多いウィークポイントが

 

ブレーキ周りです。

 

 

手持ちのシクロクロスバイクも

 

ノーマルの時一番不満を感じたポイントなので

 

今回は不満の出ないように考えました。

 

 

 

DSC_0626

 

ブレーキ本体はTRPのSPYRE

 

 

ワイヤー引きディスクのモデルとしては珍しく

 

パッドが両側稼働する仕組み

 

偏摩耗などを起こしにくいためメンテナンス頻度が下がります。

 

 

パッドもシマノ互換形状なので、入手しやすいですね。

 

 

旧世代のシマノレバーとワイヤーの引き量が合わない為

 

ワイヤーを通す位置を変えて対処しています。

 

 

 

DSC_0628

 

ブレーキローターはフロントに

 

少し大径の180㎜ローターを使用。

 

 

ホイールに付いていた中古ローターなので

 

錆びはご愛敬です(笑)

 

 

見た目があまり良くないので、少し使ったら交換予定。

 

 

サドル周りは私のいつものセッティング

 

 

 

DSC_0618

 

オフセットの少ないシートポスト

 

脚の短い私にはマストなアイテムです。

(※MARINはノーマルでオフセットが少ないので純正を使用)

 

 

 

DSC_0619

 

サドルはコンフォートながら重量も軽い

 

FABRICのCELL ELITE RADIUS

 

 

何度かブログで書いた事もありますが

 

複数個購入するヘビーユーザーです。

 

 

オフロードでの使用に関しては

 

振動吸収性だけでなく、表面の滑りにくさ

 

掃除のしやすさなど優れた点が多いです。

 

 

 

 

DSC_0633

 

ハンドルはSIXTH COMPONENTS Seth

(※ブログを書いている間にハンドルを交換したので、一部の写真はハンドルが違います)

 

上側がエアロな形状のロード系ハンドル

 

 

ちょっとだけ下側が広がっているセミフレア形状のハンドルで

 

レバー類の操作感が良いです。

 

 

 

prod19600_IMGSET

 

ステムにはスカンジウム配合の物を使用

 

鈍感な私だとステム素材による乗り味の違いは分かりませんが

 

手に持つと軽いので車体上部の軽量化には貢献いていると思います。

 

 

 

もう一つこだわった点が「ギア比」です。

 

 

競技時間の短いレース用のシクロクロスバイクや

 

ガッチリとオフロードを走るドロップ化MTBなどと違い

 

オンロードでもグラベルでも

 

いけるギア比にセッティングする必要があるので

 

グラベルロードではかなり難しい部分。

 

 

今回の車体は荷物の積載をする予定は無いので

 

オンロードメインのクロスレシオ気味に設定。

 

 

 

DSC_0623

 

フロントのチェーンリングは46-36Tの組み合わせで

 

チェーンの移動量を少なくする事で変速時のレスポンスが高く、

 

一般的なコンパクトクランクよりも小さいアウターリングは

 

下側のクリアランスを確保する事で

 

オフロードでの丸太越えなどをしやすいようにしました。

 

 

 

DSC_0638

 

 

gdg01700_01

 

クランク周りをメーカー非推奨の組み合わせにしている事もありますし

 

オフロードでの振動でチェーンが脱落するリスクを減らすため

 

チェーンウォッチャーを取り付けしています。

 

 

フレーム形状などにより取付の可否はありますが

 

数百円で買えるパーツとしては意外と効果が大きいので

 

オフロードでもライディングする予定の方は

 

取付をオススメしたいパーツです。

 

 

特にシマノのエントリー系ロードコンポは

 

チェーンテンションが低く、振動によるチェーン外れに弱いので

 

エントリーグレードのグラベルロードにオススメのカスタムですね。

 

 

 

 

DSC_0625

 

フロントをダブルで組む事で、

 

スプロケットがクロスレシオ気味(12-28T)の物でも

 

オフロードを走る際の軽いギアを確保出来ます。

 

 

今のところまだオフロードをしっかり走っていないので

 

このあたりは今後変更の可能性もありますが

 

不満は出なさそうな感じですね。

 

 

 走行のインプレッションも書きたい所なのですが

 

まだしっかりポジションが決まっておらず

 

ハンドルを上げたり下げたり、近くしたり遠くしたり

 

空気圧を上げたり下げたり、サドル位置を変えたりと

 

色々と苦心している最中なので

 

もうちょっとしっかり乗り込んでからにしたいと思います。

 

 

今後もグラベルロードの事を学ぶため

 

この車体にはお世話になるでしょう。

 

 

グラベルロードの購入や調整、カスタムなどのご相談があれば

 

新宿クロスバイク館まで是非ご来店下さい。

 

 

 

 

 


 

 

ワイズロード史上最大規模でお送りする、

年に一度の決算大セール!

世界中から集められたプレミアムブランドが

30%~60%OFF!

ウェアもコンポも盛りだくさん!

予算よりワンランク上で商品をゲットする

またとないチャンス!

 


 

 

乗換キャンペーンポスター

 

bnr_2020model

新宿クロスバイク館に続々入荷中♪ ↑ Click!!! ↑

 

 

fb-crba

Click!!!

 

 

安心を手に入れる!

盗難補償とロードサービス!さらに特典付き

 

au1202

Click!!!

 

 

 

☆☆新宿クロスバイク館は即日納車可能!☆☆

即納POP_小

詳しくはClick!!! ↑↑↑

 

 

 

 

☆☆日本初クロスバイク専門館☆

各メーカー別展示で常時300台以上在庫!

詳しくはこちら↑をClick!!!

 

 

 

 

☆☆お客様にピッタリの1台が見つかる!☆☆

詳しくはこちら↑をClick!!!

 

 

新宿CR案内地図バナー

 

新宿CRSPHP案内バナー_01

http://ysroad.co.jp/shinjuku-crossbikekan/