【スタッフバイク】BROMPTON 「P」から「S」にカスタムしました。 ハンドル交換(前編) 
by: 奥田 智大

s-CIMG3769  

 

 

 

BROMPTONのモデル名といえば、

 

S2L

 

とか

 

M6E

 

とか

 

P3R

 

など

 

「アルファベット + 数字 + アルファベット」

 

という構成になっています。

 

 

 

最初のアルファベットは「ハンドル形状」を表しており、

次の数字が「変速段数」の数、 

最後のアルファベットが泥よけやキャリアー付きなど、

付属物を表しています。

 

 

 

「S」は真っ直ぐなストレートバー

 

 

「M」はポジションを高めにした、ライズアップハンドル。

 

 

「P」はマルチポジションハンドルバーのような独特の形状。

s-CIMG3533

 

 

 

私のBROMPTONは上画像の通り「P」タイプですが、

今回真っ直ぐなストレートハンドルへ交換します

 

 

 

小径車はふらつきやすいという特性がありますが、

このPハンドルは独特なしなりがあって、

ハンドルのぐらつきを補正してくれるので、

凄く安定して走る事ができ、楽しかったです。

 

 

 

 

s-CIMG3757

 

 

 

グリップを外して、クランプの隙間から

ハンドルバーを引き抜きます。

 

 

s-CIMG3758

 

 

 

ハンドルを折り畳んだような形状の為、

けっこう重量があるんですね;;

 

 

 

s-CIMG3766

 

 

 

ストレートハンドルに交換しました。

 

 

 

Pハンドル

s-CIMG3750

 

 

 

Sハンドル

s-CIMG3764

 

 

 

大分すっきりとした印象になりました。

 

 

 

s-CIMG3756

 

 

 

地面から約103.8mmの高さだったのが、

 

 

 

s-CIMG3754

 

 

 

クランプ位置の高さ、約87.5mmの高さまで下がりました。

約16cmポジションが下がったことになります。

 

 

 

s-CIMG3751

 

 

 

最初に「S」とか「P」とかはハンドル形状の違いと言いましたが、

実はハンドルポスト長さと形状も違います。

 

 

 

よく「S」タイプはハンドル低めでスポーティな姿勢になりますよ、

とか説明されることが多いですが、

ハンドルポストの長さでいうと、

短い  P < M(※2018以降) < S  長い

という関係になっています。

 

 

 

標準仕様で乗る場合は「S」が最も低いですが、

カスタムをする前提でポジションを下げたい場合は、

「P」タイプが最もハンドルを低くすることが出来ます。

 

 

 

s-CIMG3767

 

 

 

あえて「P」タイプを選んだのは、

ハンドルを下げたかったからでした。

 

 

 

次回後編に続きます。

 

 

 

2020.3.10 OKUDA

 

 

 

 

BROMPTONなら

新宿店アーバンe-コミューター店へ

 

 

 


 

 

 

 

shinjyukucrosssprimgpop

 

 

乗換キャンペーンポスター

 

bnr_2020model

新宿クロスバイク館に続々入荷中♪ ↑ Click!!! ↑

 

 

fb-crba

Click!!!

 

 

安心を手に入れる!

盗難補償とロードサービス!さらに特典付き

 

au20200302-2

Click!!!

 

 

 

☆☆新宿クロスバイク館は即日納車可能!☆☆

即納POP_小

詳しくはClick!!! ↑↑↑

 

 

 

 

☆☆日本初クロスバイク専門館☆

各メーカー別展示で常時300台以上在庫!

詳しくはこちら↑をClick!!!

 

 

 

 

☆☆お客様にピッタリの1台が見つかる!☆☆

詳しくはこちら↑をClick!!!

 

 

新宿CR案内地図バナー

 

新宿CRSPHP案内バナー_01

http://ysroad.co.jp/shinjuku-crossbikekan/