走行中にパンク?!サイクリングやロングライド前に揃えておきたいパーツたち!!【その1】
by: 鈴木達也

 

どうもこんにちはこんばんは。

 

新宿クロスバイク館スタッフのスズキです。

 

 

 

自転車に乗っていてこんな経験ありませんか??

 

 

 

何かを踏んでパンクさせてしまった!!

 

 

しかも近くに自転車屋さんなんてない!!

 

 

 

 

という危機的状況に陥ってしまう事、

 

無いとは言い切れませんよね。

 

 

グループライドが難しい昨今では、

 

ソロライドが推奨され、アクシデントが起きた際、

 

人の手を借りることが出来ない状況も増えてくると思います。

 

 

 

そういう状況になっても困らないように

 

前準備をしっかりして走りに行きましょう

 

 

 

という事で本日はロングライドやサイクリング中に

 

パンクなどに遭っても大丈夫なように、

 

揃えておきたいアレコレについてお話していきます。

 

何回かに分けていきますので、

 

よろしければお付き合いください。

 

 

 

まずはなにを揃えればいいの??

 

という方。

 

 

ロングライド時に必要になるであろうアクセサリーはコチラです。

 

 

 

携帯工具

 

 

LEZYNE V

 

 

 

タイヤレバー

 

 

 

 

 

携帯ポンプ

 

 

RaceRocket HPC

 

 

 

 

替えチューブ(もしくはパッチ)

 

 

 

 

ボトルケージ

 

 

 

sb-100-m

 

 

 

 

…ちょっと多い?

 

人によっては足らないかもしれませんね

 

今日のお話は携帯ポンプについて。

 

何を選んだらいいのか、です。

 

 

 

携帯(ポータブル)ポンプには簡易的なものから

 

ケージ付きやポンピングが楽な大きなものまで、

 

幅広く種類があります。

 

 

個人的にオススメなのはコチラ。

 

 

RaceRocket

 

TOPEAK Race Rocket

¥3,600+tax

 

 

 

ケージこそついていませんが、

 

コンパクトな形状なのに最大120psiまで充填可能。

 

付属のマウントを使えばフレームに取り付けが可能です。

 

 

 

 

 

TOPEAK

 

 

また、スマートヘッド スレッドロックヘッドが使いやすく、

 

パンク時の応急処置としてのポンピングでも、

 

しっかりと空気を入れることが可能です。

 

 

その他にも同じTOPEAKから。

 

 

Turbo Morph G

 

 

Turbo Morph™ G

¥5,100+tax

 

 

 

こちらは本体がより太径タイプとなり、

 

1ストロークでの充填量がRaceRocketの二倍以上。

 

とにかく楽に入れたい方に超オススメです。

 

 

 

 

もーふ

 

 

 

 

折り畳み式の足で踏むベースやケージ付きで、

 

持ち運べるフロアポンプと言ったところ。

 

 

どちらも甲乙つけがたい商品ですので、

 

使用環境にあった物をお選びください。

 

 

迷ったらスタッフまでお問い合わせ頂いてもOKです!

 

 

それではまた次回!!

 

 


 

 

 

 

torikumi

 

 

yso

 

 

有料化ポスターイメージ

 

 

乗換キャンペーンポスター

 

 

fb-crba

Click!!!

 

 

新宿CR案内地図バナー

 

新宿CRSPHP案内バナー_01

http://ysroad.co.jp/shinjuku-crossbikekan/