パンクの原因はいろいろ。名前はカッコいいけど厄介な「スネークバイト」のお話
by: 藤平悠介

当ブログをお読みの皆様こんにちは!

 

新宿クロスバイク館の藤平です。

 

 

自転車で一番多いトラブルといえば

 

やはりパンクですよね?

 

 

異物を踏む、メンテナンス不足による摩耗、

 

経年劣化、製品不良や取付作業の不備など

 

パンクの原因は色々とあり

 

世の自転車店は修理の度に原因を究明しています。

 

 

 

 

 

IMG_2868

 

こちらは神楽坂店に作業入庫した車体から外したチューブ

 

 

 

 

 

IMG_2871

 

パンクの箇所はこの白で囲んである部分です。

 

 

 

 

 

 

IMG_2873

 

チューブに並んだ二か所の穴。

 

 

これは「スネークバイト」と呼ばれるパンクに多い特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2875

 

段差や大きな物を踏むなどした際に

 

タイヤが瞬間的に潰れきってしまうと

 

ホイール側の金属と地面の間にチューブが挟まれ

 

穴が開いてしまうんですね。

 

 

チューブの穴が蛇の噛み痕のように

 

二ヶ所開く事が多いので

 

「スネークバイト」と呼ばれます。

(※穴が1~4ヶ所の事もある)

 

 

スネークバイトの原因の多くは空気圧の不足ですが

 

段差の角を乗り越える際はタイヤの接地面積が減り

 

一点に衝撃が集中するため、速度が高かったり

 

自転車全体の重量が重い状態の時は

 

しっかりと空気を入れていても

 

発生する事があります。

 

 

一般的なパンクよりも大きな穴が開く事が多いので

 

パッチ修理ではなく基本的にはチューブごとの交換を推奨いたします。

(※当店ではパッチによる修理は行っておりません)

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0450 

 

チューブだけで済めばマシなほうで

 

角度や速度などによっては

 

タイヤやホイールの破損をする場合もあります。

(※上画像はタイヤが駄目になった例)

 

 

こうなると交換に掛かる費用も大きく上がってしまいます。

 

 

 

 

 

 DSC_0030

 

私は過去にスネークバイトが原因で

 

1位を逃したレースがあるので

 

このタイプのパンクを見ると苦い思い出に浸ります(笑)

(※レース中に修理して完走。三位でした。)

 

 

 

パンクをすると、なんというかとても寂しい気持ちになりますよね・・・

 

 

スネークバイトを避けるにはまず適切な空気圧!

 

 

当店では無料で空気入れをお貸ししていますので

 

是非ご利用下さい。

(※地下二階まで階段で自転車をお持ち込みいただく必要がございます)

 

 

 


 

 

 

torikumi

 

 

yso

 

 

有料化ポスターイメージ

 

 

乗換キャンペーンポスター

 

 

fb-crba

Click!!!

 

 

新宿CR案内地図バナー

 

新宿CRSPHP案内バナー_01

http://ysroad.co.jp/shinjuku-crossbikekan/