ワイヤーも消耗品です。ちゃんと交換しないと大きな出費につながる事も・・・
by: 藤平悠介

当ブログをお読みの皆様こんにちは!

 

新宿クロスバイク館の藤平です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0681

 

スポーツバイクのほとんどに付いているシステム

 

それが変速ですね。

 

 

低速から高速まで満遍なくこなす為に必要なギア比を

 

走行中に切り替えられる優れ物です。

 

 

 

 

 

IMG_3164

 

そんな変速システムの動作を司るのは

 

細い金属製のワイヤー。

(※電動など例外有)

 

 

使用の中で何度も曲がる為

 

金属疲労で切れてしまう事も多いんですね。

 

 

特にシフトレバー内部はワイヤーの疲労が溜まりやすく

 

ワイヤー切れでは定番の破損個所。

 

 

 

 

 

P-SL-M2000-R_15927_1

 

最近のスポーツバイクに採用されている

 

手元変速のシフトレバーは

 

先人達の努力により小型、軽量な造り。

 

 

その分内部はみっちりとパーツが詰まっているので

 

内部で何かあるとメンテナンスが難しいんです。

 

 

 

レバー内部でワイヤー切れが起きてしまうと

 

ワイヤーの一部が取れなくなってしまい

 

シフトレバーごとの交換になってしまう事も。

 

 

そうなるとパーツ代も作業工賃もかなり高くなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

IMG_3163

 

こちらは神楽坂店に持ち込まれた車体から外したワイヤー

 

 

やはりレバー内部で引っかかっていた為救出は難航しましたが

 

今回は運良く外す事が出来ました。

 

 

レバー側の形状により難易度が違いますが

 

ドロップハンドル用のシフト、ブレーキ一体型レバーだと

 

構造上結構な確率で助かりません。

 

 

金額としてもフラットバー用パーツに比べ高い物なので

 

こまめなワイヤー交換がオススメですね。

 

 

シフター内部でワイヤーがほつれ始めると

 

変速操作が重くなるなど違和感が出ます。

 

 

そのまま使用を続けると段々と変速が決まらなくなり

 

ワイヤーが切れます。

 

 

初期段階である「変速が重くなった」時点であれば

 

救出出来る可能性が高いので

 

そういった症状を感じたら

 

すぐに自転車店にご相談下さい。

 

 

 

 


 

納車前整備で初期不良が発覚した場合について

 

 

 納車前整備で初期不良が発覚した場合、

 

同一商品をメーカーから手配いたしますが、

 

世界的なスポーツバイク需要の高まりにより

 

メーカー問わず品薄状態が続いております。

 

そのため同一商品の手配に数日~数か月かかる場合がございます。

 

長期間の場合は、商品変更やキャンセルを承ります。

 

 また、小キズ等の乗車に支障の無い初期不良に関しては、

 

若干のお値引きでご対応させていただく場合がございます。

 

万一の際は、大変ご迷惑をお掛けしますが

 

何卒よろしくお願い申し上げます。

 


 

 

torikumi

 

 

 

yso

 

 

有料化ポスターイメージ

 

 

乗換キャンペーンポスター

 

 

fb-crba

Click!!!

 

 

新宿CR案内地図バナー

 

新宿CRSPHP案内バナー_01

http://ysroad.co.jp/shinjuku-crossbikekan/