【はじめて】スポーツバイクと一緒に揃えたい!3種の神器って?【まずはここから】
by: きのした

 

 

 

みなさんどうもです!

スタッフきのしたです。

 

 

スポーツバイク買っちゃいました!(^^)!というみなさん、

ようこそ楽しい世界へ!!(^^♪

 

 

 

さて、これから楽しい自転車生活を送るために、

絶対に揃えてほしい

3種の神器が存在します。

 

DA456ED3-6C63-4CA8-AEDD-5D23FFDCCE1D

 

 

それは…

 

 

・ヘルメット

・アイウェア(サングラス)

・グローブ

 

5D26F7C8-41DA-4383-A93E-EFD3B9DEEFD9

 

 

なんで必要??というのを下記でくわしく紐解いていきましょう(`・ω・´)

 

 


 

【ヘルメット】

 

 

2E8A55DE-ABE2-42BD-BBA0-8920B56473E7

 

 

自転車は通行を原則としています。(通行位置の基本

車と同じ左側通行をします。

 

ヘルメットの着用は、

13歳未満の幼児や子供は「義務

13歳以上の自転車に乗る全ての人は推奨

とされています。

※地域によっては、自転車に乗るすべての人へ着用を義務としているところもあります!

お住まいの地域を1度確認してみて下さい。

 

推奨とはいえ、

「自分の身は、自分で守る。」

これは鉄則ですので、ヘルメットは絶対かぶってくほしいです。

(なんたって車の真横を走りますからね!!!)

 

自分の頭の形・サイズになった物を選びましょう。

試着ができるところで選ぶと◎

 

「ダサい、かっこわるい。」「キノコ頭になる~~~!!」

嫌煙されがちなですがヘルメットですが、

今の時代は様々なデザインが出てきているので一度チェックしてみてください。

車体の使用目的に合わせて選ぶとGOOD◎

(通勤・通学・レース・とレーニング・街乗りなど)

 

 

 

後日ヘルメットのかぶり方もご紹介しますね!

 

 

 

 


  

【アイウェア】

 

18CC0012-5B64-4159-8FA6-718579789A32

 夏だけでいいいじゃん?という方も多いかと思いますが、

アイウェアにはUV対策以外にも重要な役割があります。

 

 

 

アイウェアの役割は大きくわけて4つ

 

 

 

①紫外線からの目の保護

太陽の一部である紫外線。

目が”物を見る”と認識するのには学生時代に理科でも習いましたが、

物を見るしくみがあります。

眼球は紫外線吸収フィルターの働きも担っていて、

長時間浴びると目の奥(網膜)まで達することも。

DNAを損傷させるほどの化学作用をもつ紫外線は、

眼球にもいろいろな悪影響を与えます。

充血してしまったり、

痛くなってしまったりするトラブルを防ぐためにも対策は必須です。

 

 

 

 

②視界を見やすくする

サングラスにはいくつか性能があり、

・まぶしさの軽減

・見える色を調整して見やすくしてくれる(コントラスト調整)

 

 走行中に見えている周りの状況把握ができることは、

事故防止にもつながる大切なことです。

  

ランニングなどと違って、斜め下の角度を向いて使うので

走行中にずり下がって来ない顔に合うものを選ぶ必要があります

 

3db6cc42-f1ff-476a-83ae-96099ba9e8cd-e1564116970564[1]

最近では、つるの長さが変更できたり、鼻のパッドが変更出来たり、

時間(昼・夜)に応じて使う、レンズ交換の出来るものもあります。

 

 

 

③外敵から目を守る

路上には色んなゴミが落ちていたり虫がいたり…

 車などで跳ね上げられた小石が飛んで来る事もあります。

 それらが、目に入るととても危険です。

前が見えなくなると、落車や衝突したりするので

 眼を保護 する必要があります。

 日常生活で目にほこりが入ったりしたことがある方はわかるかもしれませんが、

あのほこりでも痛いのに、勢いのついた小石や虫なんて来たら悶絶モノです…(~o~)

 

 

 

 

④乾燥から目を守る

風を受けて走行すると、アイウェアなしだと目の表面ががかなり乾燥します。

コンタクトの方はもちろん、裸眼の方も目の表面に直接風を受けたままだと、

疲労感や痛みを感じることがあります

  

 

 

以上から起こる疲労感や痛みは、

”いつも通りに目を開けていられなくなる状況”を作り出す原因になります。

 

走行中に見えている周りの状況把握ができることは、

事故防止にもつながる大切なことです。

これができなくなることは危険なのです。

 

 

だからアイウェアの着用は必須なのです

 

 

 


 

 

【グローブ】

 

E3BBF27C-B8A2-4E2B-B9AF-23259F9CFC62

 

意外と忘れがちですが

クロスバイク、ロードバイク、マウンテンバイク、小径車等の

スポーツバイクに乗る時には必須なアイテム。

  

 

 

大まかな着用理由は4つ!

 

①ケガ防止

もしも転倒した際、人は咄嗟に手をつくので、

ケガをしないための保護として。

 

 

 

②疲労軽減

慣れないハンドル位置や姿勢は手に負担が掛かる場合があります。

クッションつきグローブはその疲労の軽減に役立ちます。

 

 

③操作性向上

汗ですべりやすくなったり、握りにくかったりを、

グローブの素材やクッションがカバーしてくれます(^^♪

 

 

 

④日焼け・寒さ防止

夏は日焼け、春秋冬は寒さ防止。

寒さに関しては、かじかんでブレーキング操作や変速にも影響がでることも….

 

 

ただ、グローブは季節商品なのでシーズンごとに、

季節にあった物を選ぶ必要があります。

・春秋用

・夏用

・冬用

 

3種類あると1年補えると言われています。

 

・春秋用

・冬用

以前のブログでもサクッと更新してるので参考にしてください(^^♪

 

 

 



 

 

 

この3つを是非最初に揃えてください(`・ω・´)!!

他にも”最初からあると便利な物” 凖レギュラーもあります。

それはちょっと字数が多くなっちゃったので次の機会に記事します!(^^)!

 

 

ということで、

スポーツバイク買ったぜ!でも他に何を揃えればいいのかな?

悩んでいた方は是非参考にしてください!(^^)!

 

 

都内随一の在庫量を誇る新宿ウェア館に、

是非遊びに来たください(^^)/

 

今回紹介した3種のアイテムは全部ここで揃いますよ!!!

 

 

 

お待ちしておりま~~~す!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

20191125きのした