【E-BIKEで中野ポタリング】名前に惹かれて「蚕糸の森公園」へ。
by: 小西真人

DSCF4406

 

 

 

 

 

 

中野周辺でサクッとポタれる場所がないかと探していたところ。

 

東高円寺駅のすぐ横に「蚕糸の森公園」なる場所を発見。

 

 

 

・・・なぜ蚕?・・・養蚕でもやってたのか??

 

気になったんでちょっと行ってみることに。

 

 

 

 

 

 

DSCF4442

 

 

 

 

今回のポタリングの相棒も、前回と同じくTERNのVEKTRON」に。

 

 

 

 

 

中野店から蚕糸の森公園まで、距離は大体2キロくらいの様です。

  

 

 

店を出て、まずは中野通りを新中野方面へ。

 

ここは微妙に登り坂になっているので、ECOとTOURモードが大活躍。

緩い登りの信号待ちからのゼロ発進が楽なのは、E-BIKEならでは。

 

 

右折して青梅街道に出ると、普通に車の流れに乗って走ることになるので

アシスト限界の24Km/hは楽々オーバー。

 

普通のスポーツバイク同様にシフトしながら30Km/hくらいで巡行。

 

このベクトロン、アシストなしでも結構ちゃんと走ります。

 

 

 

 

 

 

DSCF4416

 

 

 

 

あれこれとモードを変えたり、アシストの具合を確認したりしていたら

あっという間に公園に到着していました。

 

 

園内は自転車走行禁止なので、押して入ります。

 

 

入口脇の公園管理事務所がレトロでかわいい。

 

 

 

 

 

 

DSCF4414

 

 

 

 

なんとも年季の入った消火栓を発見!

 

必要以上に写真を撮りまくります。

 

 

 

 

 

 

DSCF4411

 

 

 

 

ここの説明書きで、なぜ「蚕糸の森」なんていうちょっと変わった名前が

つけられているのかが分かりました。

 

 

明治の終わりから昭和の頃までこの場所には蚕糸(絹糸)の試験場があって

そこで科学的な研究が行われていたんだとか。

 

 

 シブい正門や管理事務所、あの消火栓も明治時代のものなのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

DSCF4405

 

 

 

 

「蚕」要素は実は公園入口くらいのもので、奥の方は水が流れる親水公園。

 おそらくこの辺りからが「~の森」要素。

 

 

幅30mもある立派な滝から、勢いよく溢れ出る大量の水の流れを見て

なんだかちょっとテンションが上がります。

 

 

 

 

 

 

DSCF4398

 

 

 

 

水の流れに沿って歩いて行くと、この池にたどり着きます。

 

鯉のゆったりした泳ぎを見ながら癒されてました・・・

 

 

 

 

 

中野だ高円寺だといった街中に、突如現れた緑豊かな歴史ある公園。

 

 

ここを訪ねたのは休憩中のほんの一瞬ですが、街のワサワサ感から

切り離された独特の空気感てのはやっぱりいいものですね。

  

 

 

 

 

 

DSCF4400

 

 

 

 

さて次はこの「VEKTRON」と一緒にどこに行ってみようかな。

 

 

 

 

 

 

営業日は毎日更新!中野店のスペシャルページはこちら!