【中野店】リアディレイラーハンガー、曲がったままだと最悪こうなります。
by: 小西真人

IMG_0002

 

 

 

 

 

 

フレームとリアディレイラーをつなぐ、地味でありながらも重要なパーツ

 

「リアディレイラーハンガー」。

 

 

 

 

 

 

IMG_0071

 

 

 

 

クロモリフレームや一部のアルミフレームを除き、大体こんな風にねじ止めされた

別パーツとなっています。

 

 

 

このハンガー部分を敢えて曲がりやすく・折れやすい素材とすることで。

 

転倒時など大きな衝撃がリアディレイラーにかかった時には、ここが真っ先に曲がり

フレームまで達するダメージを防いでくれます。

 

 

逆に言えば、軽く倒した程度でも打ち所が悪いと曲がってしまうという事。

 

 

 

 

 

 

IMG_9996

 

 

 

 

で、曲がった状態に気づかずに乗っていると・・・

 

 

リアをローギアに入れた時に、ディレイラーのプーリーケージが

回転するホイールのスポークの間に巻き込まれて・・・

 

 

 

大変なことに!

 

 

 

 

 

 

IMG_0079

 

 

 

 

ギアが付いている側に間違って自転車を倒してしまったら。

身に覚えのない傷がリアディレイラーに付いているのに気づいたら。

 

 

自転車を後ろからみて、ハンガーが曲がっていないかチェックしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 営業日は毎日更新!中野店のスペシャルページはこちら!