【ブエルタ・ア・エスパーニャ】別府選手が第18ステージの敢闘賞!!!
by: 会田 哲郎

敢闘賞を獲得した別府史之

画像:J-SPORT

途中で追いつかれるも、見事な逃げでした

 

別府選手おめでとうございます。

 

不調と言われているcannondaleのローランも

 

逃げで頑張りました。

 

総合順位

順位 番号 選手名 チーム タイム
1 7 ナイロ・キンタナ コロンビア モヴィスター チーム 74h 30′ 03”
2 21 クリス・フルーム イギリス チーム スカイ + 03′ 37”
3 51 エステバン・チャベス コロンビア オリカ・バイクエクスチェンジ + 03′ 57”
4 11 アルベルト・コンタドール スペイン ティンコフ + 04′ 02”
5 59 サイモン・イェーツ イギリス オリカ・バイクエクスチェンジ + 06′ 03”
6 141 アンドリュー・タランスキー アメリカ キャノンデール・ドラパックプロサイクリングチーム + 07′ 34”
7 37 サムエル・サンチェス スペイン ビーエムシー レーシングチーム + 08′ 12”
8 145 ダヴィデ・フォルモロ イタリア キャノンデール・ドラパックプロサイクリングチーム + 08′ 13”
9 61 ミケーレ・スカルポーニ イタリア アスタナ プロチーム + 08′ 28”
10 133 ダヴィド・デラクルス スペイン エティクス・クイックステップ + 08′ 52”

データ:J-SPORT

 

総合は変わらず、今日のTTですべてが決まる

フルームがトップタイムを出すも、キンタナとの差が

1,2分でキンタナの勝利が確定するでしょう。

 

 

チーム総合順位

順位 チーム タイム
1 ビーエムシー レーシングチーム アメリカ 222h 25′ 47”
2 モヴィスター チーム スペイン + 19′ 30”
3 キャノンデール・ドラパックプロサイクリングチーム アメリカ + 30′ 49”
4 チーム カチューシャ ロシア + 36′ 47”
5 アージェードゥゼール・ラ・モンディアル アメリカ + 38′ 16”

データ:J-SPORT

TIME差が大きくなるTT、キャノンデールは

現在3位ですがまだわかりません。