【試乗車】話題の電動アシスト・YPJ-R&C試乗車あります!
by: 金澤 義彦

 

 スタッフ金澤です。

個人的にちょっと気になっていたヤマハの電動アシストスポーツバイク・YPJシリーズの試乗車が届きました!

 

近年拡大傾向にあるE-BIKE(スポーツタイプの電動アシスト自転車)業界の起爆剤になるか!

是非とも実際に乗って確認していただきたいところです。

IMG_20171110_174954

YAMAHA

2018 YPJ-R

¥230000(税抜)

※試乗車として用意してあるのはMサイズです。 

IMG_20171110_175032

 パッと見普通のロードバイクっぽく見えますが、クランク裏にアシストユニットが存在感をアピールしています。

IMG_20171110_175037

そしてツール缶かな?と思ったら残念バッテリーでした!

電動アシストママチャリのものに比べるとかなり小型なバッテリーを採用しています。 

車体重量としてはMサイズ15.4㎏・XSサイズ15.2㎏。ロードバイクとして考えたら激重ですが、電動アシストとして考えたら超軽い!

まさにロードと電動アシストのいいとこどりをした一台といえるでしょう。

IMG_20171110_175054

 ハンドル部分には大きめなディスプレイが。

ここで速度や時間、バッテリー残量やアシストモードなどが表示されます。

IMG_20171110_175004

ディスプレイ下のコントローラーでアシスト機能や表示形式の切り替え、バックライトのオンオフなどを行います。 

IMG_20171110_175018

ロードモデルのYPJ-Rは105仕様。ブレーキ・ディレーラーなどが105グレードです。 

IMG_20171110_175026

 

 

 

また、試乗車としてはもう一台、クロスバイクタイプのYPJ-Cもございます。

IMG_20171110_174558

YAMAHA

2018 YPJ-C

¥ 185000(税抜)

※試乗車として用意してあるのはXSサイズです。

IMG_20171110_174444

 こちらもR同様、ディスプレイとコントローラーが。

IMG_20171110_174453

コンポとしては、ブレーキ本体はロングアーチのキャリパー。 天下のシマノ製なのでカツーンと決まるいいブレーキです。

IMG_20171110_174517

ディレーラーはSORAグレードでまとめてあります。 

IMG_20171110_174537

 クロスバイクらしく、タイヤサイズは28cです(「R」は25c)。

 

メーカー推奨身長は

「R」がXSサイズ:155㎝以上、Mサイズ:162㎝以上、

「C」がXSサイズ:154㎝以上、Mサイズ:164㎝以上のようです。

 

さらに細かい仕様に関してはYPJスペシャルサイトをご確認くださいませ。

 

 

 

※試乗には顔写真付きの身分証明書(学生証不可)のコピーを取らせていただきます。

パスポート・免許証・顔写真付き住基カードなどをご持参のうえご来店ください。

※安全面を配慮して、日没後や悪天候時は試乗をお断りすることがございます。

 

 

 

以上、ワイズロード上野本館でお待ちしておりまーす!

 

 

2017.11.10 Y.Kanazawa

 

 

 

 

・・・で、ここからは私の所感 ですが、

「楽しいバイク」というのが最初に来た感想でした。アシストを利かせば車体の重さなんて全然気にならない。

 

アシストモードは3種類。ECOモード(想定走行距離48㎞)のアシストは正直物足りないですが、

STDモード(同22㎞)やHIGHモード(同14㎞)にするとニヤけちゃうほどのアシストが、しかもガツーンとくるほどでもなくスムーズに加速していくのでとても気持ちいいです。

 

終始HIGHモード・・・といきたいところですがバッテリーの持ちも心配なので、ゼロ発信や坂道時にHIGHを、それ以外はSTDやECOを使うといった感じで使い分けていけばバッテリーも長持ちするのではないかなと。

(それでも足りないぐらいの距離を走るときは予備バッテリーや充電器が必須ですが)

 

より「楽に」より「楽しく」を追求したひとつの形であるかと私は思います。

 

まだ乗ったことのないアナタは是非実際に体感して欲しい!そう思ってなりません。