【2018モデル】速さを求めたフルカーボンロード!!【EVO】を手に入れるなら今!!cannondale「SUPERSIX EVO / 105」
by: 金澤 義彦

 

18evo 105

 

【2018モデル】

速さを求めたフルカーボンロード!!【EVO】を手に入れるなら今!!

cannondale「SUPERSIX EVO / 105」

 


キャノンデールの事なら私に聞け!キャノンデール番長・スタッフ金澤です。

 

今回紹介するのはキャノンデールのカーボンロードと言えばこのバイク「SUPERSIX EVO」です。

 

発表当時「世界最軽量のカーボンバイク」ともうたわれていたこのバイクは、「軽さ」「速さ」「快適さ」などあらゆるポイントをハイレベルで融合。

 

 上位モデルのSUPERSIX EVO Hi-MODは過去に米国の雑誌で

『ROADBIKE OF THE YEAR』を受賞したことも記憶に新しいです。

 

モデル名にある「SIX」は何が6なのかというと、カーボンの素材である「炭素」の原子番号が「6」であることからつけられました。

素材の原子番号をモデル名に付けちゃう強気な姿勢がさすがキャノンデールです。

 

独特なビジュアルの多いカーボンロード業界において、正直なところ独特なシルエットはあまりないバイクですが、性能はトップクラスと自信を持ってオススメできます。

 

レース使用にはもちろん、通勤・ロングライドとマルチに使える万能バイクです。


 

18evo 105 8-2

 

■カーボン質について

 

上位モデル「SUPERSIX EVO Hi-MOD」との大きな違いは使用しているカーボン質の違い。

簡単に言うとHi-MODの方が「より軽くて強いカーボン」を使っているのですが、ではスタンダードMODはカーボンシートを多めに巻くことで「剛性」や「乗り心地」などはHi-MODと同じとなっています(もちろん若干の重量増はありますが)。

また、EVOのカーボンの特徴として「高い重量剛性比」が上げられます。

【重量剛性比】つまり「重量あたりの剛性」が他社トップグレードと比較してもものすごく高い!

これが「軽くて強い」フレームを実現させるわけです。


 

18evo 105 1

 

 

■コンポは105(5800)系

 ビギナーさんにも中級者にもオススメしやすい安定の105仕様。

 


 

18evo 105 10

 

■BB30&Cannondaleクランク

 

BB径を大きくすることでパワーの伝達効率とねじれ剛性を高める、いわゆる「大口径BB」。

今や各社が独自規格をバンバン出していますが、最初に考案されたのがキャノンデールの「BB30」で、その良さやキャノンデール以外のブランドでもBB30を採用するほどです。

 

シマノクランクとBB30には互換性が無いため、クランクはキャノンデールオリジナルクランクが付いています。

※中空デザインにより軽量化を実現しており、アルミクランク業界の中でも非常に軽いです。


 

18evo 105 7

 

■25.4径のシートポスト

 

昨今のキャノンデールロードは25.4径というかなり細いピラーを採用しています。

ピラー径を細くすることによりより大きなしなりを生み、快適性と軽量性を向上させたというわけです。

 


 

18evo 105 2

 

18evo 105 3

 

■SAVEステー

 

キャノンデールが誇るマテルアルのひとつ、SAVEステー。 

正式名称は【Synapse Anti Vibration Elimination】といい、フレームを縦方向につぶす(横長にする)ことで縦方向のしなりを生み快向上させる仕組みです。

 

EVOに搭載されているSAVEは 「SPEED SAVE」というタイプで、快適性だけでなく走行性能を見据えた程よい扁平形状により、適度なしなりと反応性を持たせた特徴的なステーを採用。

 


 

18evo 105

カラー:BBQ

 

 

■Cannondale SUPERSIX EVO 105

 

サイズ:44/48/50/52/54/56

販売価格:¥240,000+TAX →

ワイズロード特別価格:ASK!

 ※セール品に付き、小キズ・汚れなどに関してはご容赦ください。

※店頭に在庫が無いものでもお取り寄せが可な場合が御座いますので、スタッフまでお気軽にお尋ねください。