【2019年モデル】高い総合力!究極の優等生”EVO”が今年もやってきた!Canondale「SUPERSIX-EVO ULTEGRA」
by: 金澤 義彦

 

19s six evo ult

 

【2019年モデル】

高い総合力!究極の優等生”EVO”が今年もやってきた!

Cannondale「SUPERSIX-EVO ULTEGRA」

 


 

 キャノンデールのフルカーボンロード、SUPERSIX-EVOが今年もやってきました!

今回はアルテグラ仕様を紹介させていただきます。

軽く・速く・快適で・エアロ性能も高いこの一台。

レースはもちろん、通勤ロングライドにも対応可能な優等生です!

 


 

19s six evo ult1

 

 キャノンデールのピュアレーシングロードとしてラインナップに輝き続けるSUPERSIX-EVO

発表当初は「最軽量のロードバイク」という売り文句が印象的だったEVO。もちろん軽いは軽いのですが、EVOの真の魅力は『総合力の高さ』!これに尽きます。

軽さも、速さも、快適性も、エアロ性能も。その全てが高レベルでまとめられています

 

同じキャノンデールのラインナップと比較すれば、快適性ではSYNAPSEには勝てないでしょうし、エアロ性能ではSYSTEMSIXの方が上でしょう。ですが、総合力ではEVOが一番だと私は思います。

正直なところ、他ブランドのフラッグシップモデルのような特徴的なシルエットはEVOにはあまり無いかと思います。

パッと見普通に見えるこのフレームが、実はなんでもできちゃう究極の優等生だった。

それがEVOなのです。

 


    

19s six evo ult2

 

バリスティックカーボンフォークはドロップアウトからステアリングチューブの先端まで、1つに繋がったカーボンファイバーを使って成型

EVOのコンセプトのひとつに「軽量だけど高剛性」というものがありますが、フォークにおいてもそれはしっかり表現されています。

 


  

19s six evo ult5

 

 細めに設計されたバックステー。

これがセクシーに見えたら貴方はきっとキャノンデールを愛してやまないキャノンデールフリークなのでしょう。

もちろん私は大興奮です。

 


 

19s six evo ult6

 

19s six evo ult7

 

もちろんただのセクシーアピールなわけではなく、シートステー&チェーンステーを細めに、かつ偏平加工させることによって振動吸収性と路面追従性を高めるキャノンデールのお家芸「SAVEステー」を採用しています。

 


 

19s six evo ult9

 

BB周りはペダリングパワーを逃がさないため、かなり太めに設計されています。 

BB30の高いパワー伝達効率も合わせて、しっかり踏み込んでもその力を受け止めてくれます

力が逃げている感が全くないので、思わず踏み込みたくなる魅力がEVOにはあります。

 


 

19s six evo ult8

 

コンポはシマノアルテグラR8000系

基本的にR8000でまとめてありますが、クランクのみBB30のためキャノンデールのオリジナルクランク、Siクランクを採用しています。

 


 

19s six evo ult1

 カラー:アシッドレッド

 

■Cannondale 2019 SUPERSIX-EVO ULTEGRA

 

サイズ展開:44/48/50/52/54/56/58

カラー:カシミア・アシッドレッド(2色展開)

車体重量:7.9kg(56サイズ)

販売価格:¥270,000(税抜)

 

※Ys CLUBメンバーの場合

(現金支払い時:ポイント8%¥21,600 / クレジット支払い時:ポイント3%¥8,100)

 

今週末はCannondale試乗会を開催します!EVOも乗れますので是非是非お試しをー!!!

 

アフターサポートパック(盗難補償)、自転車サービスパック(ロードサービス&自転車保険プレゼント)

 

 修理に関するお知らせ

 

 

住所:東京都台東区上野3-16-3 鈴木ビル1F&2F

電話番号:03-3836-6168

 

営業時間:月~金/12:00~20:00

土日祝/11:00~20:00