【2018モデル】体感してきました「ALL NEW SYNAPSE」これはイイぞ!!
by: 水野真吾

と、言うわけでコチラ「Cannondale BIG WEEK2018」の続編です。

 

今回は目玉である同社の看板モデル「SYNAPSE」シリーズのフルモデルチェンジを

インプレ含めお届けします。横浜より参加のスタッフ3名全員その出来に

感銘を受けたのがコチラ!

 

 

IMG_6885

 

 

2018 Cannondale SYNAPSE CARBON DISC ULTEGRA

¥340.000-(+税)

 

ご覧の通り、複雑な機構や特殊な部品を一切使用していないクリーンな外観が

特徴の「SYNAPSE」しかし、フレーム形状とカーボンの積層でシンプルかつ

最大限の快適さを実現しています。

 

 

IMG_6887

 

 

これが効果絶大!いままでの「SYNAPSE」にも不満はありませんでしたが

さらに磨きがかかってます。しかし、剛性に関しては更に高い?!

とにかく良く走ります。キャノンデール曰くフレームの「縦剛性」は下がり

「横剛性」「SUPERSIX EVO」相当の数値に仕上がっているそうです。

 

 

IMG_6888

 

 

また、ヘッド~フォークも一新。サイズ違いによる剛性やハンドリングの

差を解消すべくヘッドチューブはサイズを換え、フォークも三種類を用意。

カーボンフレームでここまで手の込んだ造りはあまり聞きません。

 

 

IMG_6928

 

 

土砂降りの雨、道も視界も悪いというかなりネガティブなコンディションでの

試乗となりましたが、おかげで新型「SYNAPSE」の性能を最大限に感じることができました。

雨天でも安心感の高いディスクブレーキにその制動力を最大限受け止めるフレーム。

また、荒れた路面でもしっかりとタイヤが路面をつかむようなリアバックの

路面追従性などキャノンデールが満を持して出してきたのも納得です!

 

 

 IMG_6911

 

 

HI-MODはさらに「SAVEシステムバー」を新たに開発、導入します。

一見、ステムハンドル一体のカーボンバーに見えますが・・・

 

 

 IMG_6912

 

 

アルミステムに特殊な固定方法によりカーボンハンドルと接続します。

これにより一体型では不可能だったハンドル角の調整が可能です。

今回の試乗には間に合いませんでしたが、「SAVE」技術を応用した

ハンドルバーにも期待が出来そうです。

 

もちろん、横浜店にも入荷予定ですのでインプレッションや

サイジングまでご相談お待ちしております!

 

2017/08/05 水野真吾

 


 

ワイズロード横浜店へ

 

ワイズロード横浜店 Y’sRoad Yokohama

住所:神奈川県横浜市西区桜木町6-31日本自転車競技会ビル内1F~3F

電話番号:045-342-4587

営業時間:月~金/12:00~20:00 土日祝/11:00~20:00

 

 

bnr_yokohama

 

 

ワイズロード横浜ウェア館へ