【ディスクロード】スルーアクスルって何!?
by: 松野

横浜店松野です。

 

2018年モデルでは各社ディスクブレーキを採用したロードバイクがドカッと増えてきました。

ディスクブレーキと一緒に採用されている「スルーアクスル」についてちょっと書いてみたいと思います。

 

 

 

・スルーアクスルとは

 

 

ホイールとフォーク(フレーム)を固定するための方式の一つです。

従来のロードバイクはフロントはほとんどが「9mmQR」といい、名前の通り外径9mmの中空のシャフトがハブについてます。(リアは10mm)

 

 

IMG_9326

 

 

フレームやフォークのエンド部分に差し込むとシャフトの上に乗っかり、QR(クイックレリーズレバー)で左右からギュッと締め付けて固定されます。

 

軽量で脱着が簡単です。

 

 

 

さてスルーアクスルですが

 

9mm(10mm)ではなく、一般的に内径20~10mmの中空シャフトがハブに付いています。

 IMG_9330

 

 

エンド部分が切れ目のない円になっていて、ホイールを取り付けるとエンドがシャフトとピッタリ合わさります。

 

IMG_9331

IMG_9332

 

 

 

そこに太いアクスルが貫通して

 

IMG_9333

 

 

最後にレバーを倒してギュッと固定されます。

 

 この固定方法がスルーアクスルの肝なので覚えておいてください!

 

 

 

・なぜディスクブレーキにスルーアクスル?

 

 

①剛性が高い

 

 

QRは「細いシャフトを挟んで止める」ですが

スルーアクスルは「太いアクスルを差し込んで止める」です。

ディスクブレーキはホイールの中心付近を強い力で制動するのでエンド部分に負荷がかかります。

しかも制動力が左側のみにかかるので、捻じれる力が加わります。

太くて剛性の高いアクスルの方が捻じれに強いのでディスクブレーキに最適なのです。

 

 

②固定力が高い

 

 

ブレーキをかけた時のフォークエンドへの力のかかり方を考えてみます。

 

回転しているホイールにブレーキがかかると、キャリパーを中心に回転方向に反力がかかります。

 

リムブレーキではキャリパーがエンドから見て上の方にあるので、ハブシャフトがフォークエンドを後ろに押すような力がかかります。

 

 

IMG_9328 IMG_9341

 

 

ディスクブレーキの場合エンドから見て後ろ向きにキャリパーがあるので、下向きにリムブレーキより大きな力がかかります。

 

IMG_9339IMG_9341 - コピー

 

 

 リムブレーキに比べると矢印がほぼ真下になっていますね。

 

QRはエンドが下向きに開いていて、下向きの力に対しては摩擦力だけで止まっています。

 

強いブレーキングで力に負けてわずかに動いてしまうことがあります。

※少しずれるだけで、車輪が外れることはQRを閉め忘れるとかよほどのことが無い限りまず起こりません。

 

しかしスルーアクスルの場合エンドは閉じた円形なのでハブが動くことは絶対にありません!!

 

 

ちなみにcannondaleなんかは対策として一部ディスクブレーキモデルでフォークエンドを下向きではなく斜め前に向けていたりします。

 

 

 IMG_9323

 

 

 

 

③ホイールが毎回同じところに取り付けできる。

 

 

 

当たり前だろ!と思うかもしれませんが、QRの場合はホイールを脱着すると毎回わずかに傾いたりズレたりしています。

 

主にハブのエンドナットなどの精度の問題ですが、左右のエンドナットが平行でなくわずかに傾いていたりします。

 

 

IMG_9340

 

大げさに描くとこんな感じです。

 

ホイールを外してシャフトを180°回して取り付けるとホイールが反対側に傾きますね。

 

実際はもっとわずかな量なので、ブレーキシューとリム面の間隔が広いリムブレーキでは問題になりません。

 

が、ディスクブレーキの場合パッドとローターの間隔は1mm以下なのでわずかなズレでも影響が出ます。

 

ブレーキがかかりっぱなしになることはほとんど有りませんが、ローターが擦れてシャラシャラうるさくなったりすることが多々あります。

 

ハブエンドナットに印をつけて毎回同じ向きに取り付ければある程度防げますがかなり手間ですね。

 

スルーアクスルの場合はアクスルで貫通して固定されるので毎回ピタっと同じ場所に取り付けされ、再調整の必要がほぼなくなります。

 

 

 

・スルーアクスルの種類

 

 

スルーアクスルは「アクスルの太さ」×「エンド幅」で種類がいくつかあります。

 

 

 IMG_9335IMG_9337

 

アクスルの太さは、ロードバイクの場合前後とも12mmが多くなっています。

 

リアはフロントほど剛性や固定力が必要ないのでリアだけQRなんてのもあります。

 

15mmや20mmはさらに剛性が必要なMTB向けなのでロードバイクにはまず採用されません。

 

 

エンド幅は、フロントはQRと同じく100mmですが、リアは135mm142mmがあります。

 

135mmはQRで固定するタイプのMTBや一部のクロスバイクでも良くある幅ですね。

 

最近ではリアホイールの剛性確保の為幅の広い142mmが増えています。

 

リムブレーキの場合130mmのエンド幅でしたが、ディスクブレーキのローターを130mmの中に取り付けるとどうしてもリアハブのフランジ幅が狭くなり、剛性がかなり下がってしまいます。

 

 IMG_9338

 

 

ディスクローターを取り付けつつフランジ幅を稼ぐために広めの142mmなのです。

 

ちなみにシマノやカンパの最新コンポでクランクのチェーンラインが少し広がったのはこのエンド幅が理由です。長くなるのでまたいつか別の記事で解説します。

 

 

スルーアクスルのホイールはアダプターでQRも135mmスルーも142mmスルーも対応している事が多いですがホイール交換の時はご注意ください。

 

 

 

 

と、スルーアクスルについての基本知識はこんな感じです!

 

QRに比べるとどうしても重くなりがちですが、自転車の性能は軽さだけではありません!

 

2018年モデルからスルーアクスルを採用したメーカーがかなり増えてきました。

 

 

ディスクロードをお探しの方はスルーアクスルに注目してみてください!!!

 

 

 

 

ys yokohama banner

 

 

http://ysroad.co.jp/yokohama/

 

↑ 最新入荷情報 や マル秘特価情報 など各情報はコチラでGET ↑

 

 

ワイズロード横浜店 Y’sRoad Yokohama

住所:神奈川県横浜市西区桜木町6-31日本自転車競技会ビル内1F~3F

電話番号:045-342-4587

営業時間:月~金/12:00~20:00 土日祝/11:00~20:00

 

 

bnr_yokohama

 

 

 

ワイズロード横浜店へ