ロードの「サドル」変えてみませんか?
by: 小作海斗

どうも皆さんこんにちは。

レアな苗字のヤツの小作です。

 

今回は、自転車のサドルを紹介していきたいと思います。

サドルは、カーボンで作られている100g以下の超軽量サドルや、クッションなどが入っていて座り心地の

優れているものまでいろんな種類がありますよね

その中で今回紹介したいのは、fizikのサドルです。

fizikは、Selle Royal社のハイエンドモデル・ブランドで自転車は作ってはいないもののバーテープやハンドルなどと言った自転車のパーツを作っていますね。

 

実は、自分も使わせてもらっています。

座り心地が良く軽量なのでとてもいいんですよね

 

 

では、紹介の方に移りたいと思います。

今回は自分が気になってる商品を二つほど紹介させていただきます

DSC_0129

一つ目が、fizikのarione

ARIONE R3は直線を活かした大胆なデザインで、とても存在感のあるモデルに仕上がっています。 
センターのカラーパートはより太いものになり、ボリュームのあるカーボンフレームのバイクとも非常に相性が良いデザイン。

ARIONE R3はシェル重量の軽量化で得たマージンを、パッド量の増量として活かし、快適性を大幅に向上させています。
パッド量を比較すると、ARIONE R3はARIONE CXよりもパッド量、厚みを増しています。これは軽量化されたシェル重量をいたずらにサドルの軽量化につなげるのではなく、パッド量を増量させることで快適な乗り心地を実現出来ました。それでも20gの軽量化をしっかりと果たしているところに、フィジークの技術開発力の高さがわかりますね。

重量は、205gとかなり軽量ですね

 

DSC_0130

 

二つ目が、fizikのK:ium(キウム)レール

この商品では、高い割合でシリコンとクロムを含む新しい合金で、チタンやカーボン素材と同様に重量比強度に優れており、チタン合金に近い剛性を持ち、8%もの重量削減に成功しています。

また、新素材を用いる為曲げ工程や装置も新しいものに変更されました。その結果ストレス・テストにおいて標準的なチタン製中空レールをはるかに超える性能を示し、美しく耐腐食性の高い、軽くて強いサドル・レールとして発表されました。

 

 

サドルを変えると触り心地もがらりと変わり初心に戻って自転車を楽しむこともできるかと思います。

皆さんも是非サドルを変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

以上、小作でした。

 

 

 


  

<注目情報>

 

 

2017_ysoepinarello_yokohama_05

 

 

現代ロードバイクのパイオニア「PINARELLO」

その輝かしい戦歴は革新の歴史!数多くのスタンダードを

作り出す同社のロードバイクから目が離せません!!

 

 

ツールを制覇し続けるトップグレードバイク「DOGMA」

同DOGMA直系の純レーシングエアロバイク「GAN」

高いコストパフォーマンスと快適性の新作「ANGLIRU」

上位モデル直系のハイクオリティーなカーボンバイクをフルラインナップ!

もちろん専売特許「ONDA」フォーク使用のリーズナブルなアルミバイク

伝統のカーボンバック「NEOR」にフルアルミバイク「PRIMA」もございます。

 

各モデル揃います!モデル選び・サイズ検討もゼヒ横浜店まで!!

 

「PINARELLO」カテゴリページはコチラから >>>

 

 

 

ys yokohama banner

 

 

http://ysroad.co.jp/yokohama/

 

↑ 最新入荷情報 や マル秘特価情報 など各情報はコチラでGET ↑