アルバイト募集中 facebook 旧ブログサイトはこちら

【スタッフインプレ】チューブレスレディ―って実際どうなの!?ってことで買ってみました!【TLR】
by: 松野

横浜店松野です。

 

ロードバイク(MTBも)にお乗りなら一度は聞いたことがあるであろう

チューブレスレディ―(以下TLR)

 

 

 

GIANTの完成車の大半が最初からTLRだったり

 

 EA6371F7-9CD4-4D41-AD91-A34E1B1B251E

 

 

グラベルやMTBでもチューブレス対応のタイヤがデフォルトで付いてたりもします。

 

98925EE1-B675-480C-9CAF-170887141E1D

 

 

 

MAVICをはじめ完組ホイールでも対応している物が増えてきましたね!

 

47412C2E-1196-453B-8789-A36CB4113BDDCA0EC215-9019-4AC6-8FE2-4C4F9476C330

 

タイヤメーカーのSchwalbeがチューブラーの生産をやめて

TLRに注力するなんて話も出てきています。

 

 

 

 

で、ここまで流行るという事は良いモノに違いありません。

乗り心地がとにかく良くなるとか軽量化とかいろいろメリットはありますが

「使ったことないけどTLRオススメですよ」なんて言っても説得力ゼロなので

自分用で買って試してみました!!

 

 

 

 

・車体&ホイール

車体はちょっと古いんですが元祖カーボンキラー

 

 76B39293-53FD-4667-8303-102CB2836185

 

Cannondale CAAD10です。

3世代前とはいえハイエンドアルミフレーム!

通勤/街乗り用で余った10sパーツとフラットハンドルで組んでます。

写真は組んだ直後なのですがその後余ったパーツで色々交換しました。

余ったパーツが無駄に豪華なので無駄に軽く、まさかの7.5kgでした。

 

 

 

 

当時はアルミにしては振動吸収性がよかったんですが

カーボンはもちろんのこと、最近のアルミと比べると細かい振動が手に結構来ます。

オンロードでは基本的にグローブをしないんですが、通勤の約10kmでも

ちょっと手が痺れる位に振動が伝わってきます。

 

 

 

ホイールとタイヤは

Fulcrum Racing 3Continental GP4000SⅡ

最後のナローリムのレー3です。

実はこれ、ロードバイクを初めてから初めて買った思い入れのあるホイールなんですが

ストレートプルでキンキンに張られたスポークのせいもあってちょっと硬めです。

 

タイヤは超絶ベストセラーのGP4000の25c。空気圧は7bar(約100psi)で使ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・交換ホイール

MAVIC AKSIUM ELITE UST (詳しくはコチラ)

 

IMG_7215

 

 

D5A82253-1A32-433F-AF5E-C756A34ECC53

 

乗り心地ならやっぱチューブレスっしょ!ということで

その中でも抜群のリム精度で取り扱いが楽ちんなMAVICのUSTです。

街乗り用としては無駄にハイスペック過ぎたのでデチューンもかねてUST対応最廉価のAKSIUMです。

 

ぶっちゃけ上位グレードより組み立ては結構甘いので振れ取りとセンター出しは必須なんですが

それでもこの価格でUST対応なのは魅力的です。

 

 

今回は付属のシーラントは使わずに、個人的イチオシのカフェラテックスを使用しました。

 

AC02802E-35C7-48F7-A9D2-E88FBCD1B030

 

 

 

もちろん例の怪しい粉入れてます。

 

2C13A04B-EBC3-4BEF-A6D6-03C9BDB5F687 

 

 

 

 

 

 

 

 

・使用感

ホイールをバイクに取り付けていざ出発!!…の前に

バイクを地面にポンと置いた時に分かるレベルの振動吸収性です。

そんな大げさな、と思われるかもしれませんが手に伝わる振動が全然違います。

それだけ振動吸収性が上がったので乗ったら感動するレベルで違いました。

 

 

 

アスファルトの荒れた所とか

路肩のちょっとしたひび割れだったりとか

 

04F9D37B-AC57-48EE-8942-8C61E8892E18

 

 

車道と歩道の小さい段差なんかでも効果がめちゃくちゃ分かりました。

 

51D20DAC-4FDB-414D-B093-4D190A17C243

 

 

 

レー3では「ガツン!」と、タイヤの接地面からグリップを握る手のひらまで

一直線にキツめの衝撃が突き抜けていく感じだったのですが

角が丸くなった感じで非常にマイルドな「ポスン」と言う感じにまで減衰されます。

 

 

 

最初は推奨気圧の6bar(87psi)で使ってみたのですが

ちょっとづつ調整して今のところ5.6bar(約81psi)で落ち着きました。

体重は70キロ後半ぐらいですが6bar以下で全然大丈夫です!

 

試しにわざと抜重せずに、サドルにどかっと座ったままで

歩道の段差に乗り上げてみたりしましたがリム打ちはしていません。

 

 

もっと軽い人は更に低圧にした方が乗り心地も良いのではないでしょうか!?

 

 

 

 

 

 

 

本来、タイヤは低圧にするほど転がり抵抗が増加します。

チューブ入りで同じ空気圧だとかなりベタっとしたフィーリングになります。

タイヤの変形が大きくなってしまい、内部のチューブと擦れあってしまうのが原因の一つなんですが

 

チューブが存在しないので、チューブ由来の抵抗は完全にゼロです!

低圧なのを忘れる位に軽快に転がってくれました!!

 

 

 

 

 

 

 

・メンテナンス

構造上仕方ないのですが空気抜けはどうしてもチューブ入りよりも早まります。

使うシーラントでも変わりますが週に一回とか入れておけば大丈夫そうです。

 

EB380284-621A-44EE-B1EB-1A9C6B16897F

 

こんな感じで画びょうをめった刺しにしてもパンクしません。

ガラス片でざっくりカットとかしない限り大丈夫そうですね。

定期的な摩耗チェックとシーラント継ぎ足しさえすればOKです。

 

 

 

ロードバイクの乗り心地を改善したい方にとにかくオススメなチューブレスレディ―!

MAVICをはじめ対応ホイールも増えていますのでぜひどうでしょうか!

 

 

 


 

他のお買得な情報や2020年の最新情報は

下記のフェイスブックからもご覧いただけます。 

fb-f-logo__blue_72

 

↑↑

フェイスブック始めました、是非「クリック」と「いいね」

をお願い致します!

 



 

 

ワイズロード横浜店は、オールジャンルを取扱う

スポーツバイクの専門店です。

 

 

取扱い量が豊富な事もあり、いろんなブランドの

取寄せが可能ですよ!

 

 

スポーツバイク選びに困ったらワイズロード横浜店が便利です!

 

 

 

 

20190712_182324 

 

 

ロードバイク、クロスバイク、MTB、小径車!お探しなら

オールジャンルなんでも揃う横浜がお得です!

 

 

店長が世界中から集めたお買得品を随時更新中!!!!

 

 

『BIANCHI』『TREK』『DE ROSA』『SCOTT』

『PINARELLO』『FELT』『CANNONDALE』など

有名ブランド揃ってます!!

 

 

 

 

【月々の支払い楽々!!お得なローンの

シュミレーションはこちらから!!】 

 

 

 

ワイズロード横浜店は、最寄り3つの駅から

アクセスが可能です。

 

 

また、お車でお越しのお客様は『雨の日限定サービス』

を始めましたので是非ご利用ください。

 

bnr_amenohi_tyushajo (1)

 

 

 

当店の旬なお買得品やオススメ商品の情報はこちらからどうぞ!

 

 

 

 

当店は、完成車やフレームのラインナップに自信あり!

世界に1台のMy Bike通称『バラ完』のご相談も承ります。

 

IMG_2376

 

 

レース経験豊富なスタッフや熟練のメカニックが

皆様のサイクルライフをサポート板します。

 

 

スポーツバイクをお探しならオールジャンルの

総合店のワイズロード横浜店が便利です!

 

2017yokohama_brandbnner