History
会社沿革

1898年

故吉田朝蔵が埼玉県志木町にて創業、自転車「トライアンフ」の輸入を始める

1953年

(資)吉田自転車店となる

1970年

川越市の工場(現在は閉鎖)にて、オリジナル自転車の製造を開始。「アンタレス」誕生

1985年

第一回スーパーサイクリング大会開催

トライアスロンの普及活動のため、練習会を開催

1989年

当時珍しかったカーボン製のロードバイクとMTBを作成。MTBはシマノレーシングにテストバイクとして採用

1991年

初の都心型店舗「池袋ギャラクシー」出店

1994年

(株)サイクルメイトヨシダ 設立

1995年

(資)吉田自転車と(株)サイクルメイトヨシダが合併、(株)ワイ・インターナショナルとなる

フリーペーパー「バイクスポーツ」創刊(※現在休刊中)

自転車小売業界で初めてPOSを導入

1996年

第一回YS CUPマウンテンバイク大会開催

1998年

公式クラブチーム「TEAM・Y」発足

1999年

スポーツバイクデモ2000開催 (池袋サ ンシャイン文化会館)

2000年

FUJI CYCLE CHALLENGE開催 (静岡県御殿場・米軍海兵隊キャンプ富士)

東京国際自転車展にカスタムバイク出展 (東京ビックサイト)

2001年

スポーツバイクデモ2001及び、第二回 YS CUP開催

プロライダーへのメカニックサポート開始

2002年

「スポーツバイクデモ2002」開催

低価格かつ本格的なロードバイク「アンタレス201」誕生

2003年

「スーパーサイクリング春・秋大会」開催

2004年

「スーパーサイクリング春・秋大会」開催

「スポーツバイクデモ2002」開催

2005年

「スーパーサイクリング春・秋大会」開催

2006年

「スーパーサイクリング春」及び「ワイズレースインレース/YRR」開催

直営店舗名を「ワイズロード」に統一

新宿BYGSビルに「新宿本館」出店

2007年

志木に(株)ワイ・インターナショナル本社屋完成

2008年

関西地区第1号店「大阪本館」出店

アウトレットモール第1号店「入間店」出店

2009年

初のサイクルウェアに特化した店舗「上野ウェア館」出店

「レースインレース春大会」開催

2010年

中京地区第1号店「名古屋店」出店

玉川高島屋に「二子玉川店」出店

上野に修理&チューンナップ専門店「上野テック館」出店

都内2店舗目となるサイクルウェア専門店「新宿ウェア館」出店

新宿にクロスバイク専門店「新宿クロスバイク館」出店

業績が認められ渋沢栄一ベンチャードリーム賞 優秀賞受賞

クラブチーム「TEAM・Y」特別 コーチに浅田 顕氏就任

2011年

トライアスリート向きリゾートショップ「茅ヶ崎店」出店

神奈川初のウェア館 「横浜ウェア館」出店

渋谷に大型総合店舗 「渋谷本館」出店

中小企業IT経営力 大賞2011 大賞(経済産業大臣賞)受賞

(株)ワイ・インターナショナル本部本社ビル移転

「吉田 靖夫」(株)ワイ・インターナショナル会長就任

「伊藤 孝彦」(株)ワイ・インターナショナル社長就任

2012年

自転車業界初のホイールバランスチューン「ホイールバランサー」サービス開始

2014年

ライフスタイル提案店舗「神戸店」出店

関西初のウェア専門館「大阪ウェア館」出店

関西初のイベント「スポーツバイクデモin大阪」開催

「伊藤 孝彦」(株)ワイ・インターナショナル会長就任

「馬場 誠」(株)ワイ・インターナショナル社長就任

2015年

国内初の多ブランド女性専門店舗「お茶の水レディース館」出店

九州地区1号店「福岡天神店」出店

日本最大級大型店舗「東大和店」出店

「中京地区初のウェア専門店「名古屋ウェア館」出店

中京地区初のクロスバイク専門館「名古屋クロスバイク館」出店

「森 時彦」(株)ワイ・インターナショナル社長就任

2016年

中四国地区1号店「松山店エミフルMASAKI」出店

中四国初のイベント「スポーツバイクデモin愛媛」開催

2017年

会員制プログラム「Y’s Club Card」開始

「鳥居 恵一郎」(株)ワイ・インターナショナル社長就任

2018年

埼玉県「越谷アウトレット店」、神奈川県「川崎店」の2店を出店

新コンセプトショップ「アーバンe-コミューター」3店舗 出店

中国地区初「フジグラン広島」出店

2019年

本社機能を池袋に移転

第9回Y’s Road サイクルエンデューロ開催

2020年

「新宿アーバンe-コミューター」出店