【100% CHIGASAKI】★特別編2★ 心とカラダのパフォーマンスアップ,はじめませんか?
by: 遊佐 雪徳

100% CHIGASAKI.001

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ごあいさつ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ワイズロード茅ヶ崎店のストイックYUSAでございます。m(._.)m 心とカラダのパフォーマンスアップには,実はスポーツ自転車が最適なんです.そのメソッドを「100% CHIGASAKI」と題して,ここ湘南から発信して参ります.ハードルは決して高くありません.不安をひとつずつ丁寧に取り除いて,一緒に走り出しましょう!

 

バックナンバーはこちら♪
【第1回】 【第2回】 【特別編】 【第3回】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

9月9日は「重陽の節句」(ちょうようのせっく)

食に感謝し,長寿を祈願する日です.この大事な日を迎えたところで,特別編2をお送りすることといたします.

 

重陽の節句は別名「菊の節句」とも呼ばれます.古来より中国では,菊は邪気を払い長寿の効能があるとして,めでたい日とされてきました.日本では,江戸時代になってから収穫祭とする意味合いも強くなったようです.

茅ヶ崎店の配布チラシにおいて湘南ライフのトータルサポーターを自負し,100歳現役を目指すストイックYUSAとしては,この大事な日を漫然と過ごすわけにはいきません.この日,湘南鎌倉で開催された「食サミット」に参加して参りました!

 

 

いつも通り,最初に結論です.

 

1.『食=健康』 食事と健康を切り離して考えることはできない.

世界で活躍する料理人たち曰く,日本では食と健康が切り離されて考えられている風潮があるのだとか.なるほど私自身,『食=健康』とまでは考えていませんでした.

 

2.黙して食べることの意義

目の前にある食事は,どこから来てどこへ行く?

人・生き物・生産者・流通そして自分…ありとあらゆる関係性に思いを馳せながら,一口ずつ感謝して食と向き合う.そうすると人は自然に,黙って食事するようになるものです.

 

3.食はコミュニケーションツール

会話しながら食事をするのは,人間だけ.2の一方で,美味しい食事は精神的な落ち着きを提供し,食卓の会話を生み出します.それ故,食事はビジネスシーンでも重要視されます.

 

4.美味しい食事と身体に良い食事は違う

なるほど料理人が言うのですから,間違い無いのでしょう.

 

5.苦しい時,落ち込んだ時の復活食

実は,遊佐が一番興味があったのはこの復活食.第一線で活躍しているアスリートやビジネスマン登壇者三名全員が口にしたのは「母親が作った食事」.広義では「故郷の味」だろうと…あるいは「自分を思って作ってくれたことを感じる食事」とのことでした.愛情たっぷりの食事,ということなのでしょう.料理人の真価はここで問われるのだとか…なるほど納得であります.

食材や食事の摂り方等が聞けるのではと予想していましたが…意外でした.私の頭はカタすぎました.反省です.

  

6.心と身体に良い食事とは,食事が心と身体をつくることを意識すること

これがまとめです.重要です.調理法や食材の産地も大事でしょうけれど,もっと大事なのは…

そう,意識することです.

 

人と話すことで得られる新しい感覚…例えば,

 

◆なるほど言われてみればそうだ

◆かつて私もそう思っていたっけ…

◆そんな風に考えるなんて素敵だ!

◆やっぱりそうだったんだ!

etc…

 

といった気持ちに出会うこと,遊佐はこれを「意識の洗浄」と呼んでいます.

自分の中に芽生える意識は,始めは小さなものです.放置しておくとホコリを被ってしまったり,日を追う毎にしぼんでしまったりします.無くなってしまうことだってあるかも知れません.大事に育ててあげなければ,意識は成長してくれないのです.私は時々のメンテナンス作業を「洗浄」と表現しているというわけです.

そして前回の特別編でお送りしました通り,意識は運動によって育てることができます.運動は脳をメンテナンスしてくれますから,覚える力や思い出す力を増強させることができます.単なる記憶だけでなく,自分が持っていた潜在意識をも呼び起こし,本来自分がやるべきことに気づき,あるべき姿を取り戻し,新しい考え方を柔軟に受け止め,情報を処理する能力を養うことが出来るのです.このように,意識を育てるには意識の洗浄を重ねる必要がありますし,連載コラムでお伝えしているランやスポーツ自転車への取り組みは,意識を育てる手段のひとつということが言えます.

 

まとめ

意識を洗浄する:人とのふれあいや,

学びの中での気付きである

意識を育てる:運動への取り組みの成果である

運動の効果については,バックナンバーをもう一度チェックしてみてくださいね!

 

 

遊佐は,連載コラムをなるべく早朝に執筆するようにしています.朝は脳内情報処理の完了直後ですから,最もパフォーマンスが良い時間帯です.これもまた意識.読者の皆さんに楽しんで,解りやすく読んでいただくために,脳がフル回転している意識で執筆しています.そして,ランやスポーツ自転車に取り組むことで,この状態を意識的につくり出すこともできます.この点につきましては,また通常連載に戻ってお話することとしましょう.今後も,皆さまの意識の洗浄になるような情報をどんどんお送りして参ります.願わくば,ストイックYUSAの連載コラムが,あなたの意識の洗浄に少しでもお力添えできますように…

 

あ,でも…情報を鵜呑みにしてはいけませんよ?

きちんと咀嚼,してくださいね❤︎

 

ブログ用スタンプ.001

ストイックYUSA

2018年9月11日