【わいわいセール】RIDLEYの軽量万能フレームのフラッグシップが!!!
by: 井手 稔

IMG_2471

 

2017年モデルでフルモデルチェンジしてHELIUM SLX

となったリドレーの軽量オールラウンドモデル。

しかし前年までのHELIUM SLもまだまだ一線級の戦闘力を誇ります

 

 

 

IMG_2468

RIDLEY / HELIUM SL

カラーHSL-01AM サイズXS

¥410,000+TAX ➡ わいわいセール現金特価 ASK!!!
 

 

 

カラーリングは現代的なマットブラックですが、

伝統的な同抜きのデザインをうまく配し、

他のブランドのマットブラックのカラーリングとは違った精悍さを演出しています。

 

 

IMG_2472

 

 

水素に次いで軽い元素の名前が与えられた軽量モデル。

60t,30t,24tハイモジュラスカーボンを適材適所に配置し

メーカ―公表値Mサイズフレーム重量780gとその名に恥じない軽さを誇ります。

 

 

 

IMG_2479

 

 

 

 フォーク単体重量は330g。

 フロントフォークは緩やかにベントされたエンドまでカーボン。

新型のHELIUM SLXはストレートフォークになったので、

コーナリングの感覚などに違いが出そうです。

反応性のストレートか?路面追従性のベントか?

好みの問題で正解はなさそうではありますが。

 

 

IMG_2478

 

ヘッドチューブは上下異形テーパーで下側を剛性とともに軽量性も重視した1-1/4を採用。

 

 

 

 

IMG_2481

 

ダウンチューブは台形の四角断面チューブ。

 

 

 

 IMG_2477

 

チェーンステーは少し扁平させて路面追従を高める役目をもたせつつ、

やはり太く剛性の高い仕上がりで、左右非対称で左右のバランスを整えた設計。

 

 

IMG_2473

 

 

採用するボトムブラケットの規格はPF30

68mmの規格いっぱいまでほぼ面一でつながる

ダウンチューブ、シートチューブ、チェーンステーは登りはもちろん

あらゆる面での反応性のよさをうかがわせます。

 

 

 

 

 

IMG_2482

 

 

対して上半分は快適性を確保した設計。
トップチューブは薄すぎない横扁平形状で快適性とヘッドチューブにかかるねじれに対して有効。

下りの安定感にも一役買ってそうです。

登れば当然下りがあるわけで。

 

 

IMG_2483

 

シートステーは見ての通りの極細形状。
横扁平したステーは縦方向に柔軟に対応して乗り心地を高めると同時に軽量化も実現。

 

 

IMG_2484

 

 

かつてロットベリソルの選手達が山岳のみならず、平坦ステージでも使用していたように

剛性、快適性が共に高いレベルでバランスしており、

どのような局面、乗り方でも軽量性のメリットを受けられるフレームです。

プロ選手が乗っていたハイエンドフレームを手に入れるまたとないチャンス!!

1台限りの早い者勝ちです!

 

 

 

期間限定わいわいセール2017公式サイトでチェック!!

ワイズロードだからできる一流ブランド勢ぞろい!!パーツなどなど旧品アイテムがザクザク!!>>
下のバナーをクリックするとわいわいセール2017専用サイトに移動します。