【2018LOOK】全ルックファン待望の「785 HUEZ 105」が到着!!
by: 小西 真人

 

DSC02245

 

 

 

 

 

 

先日のこと。

 

 

とある場所で再びあの「785 HUEZ RS」に試乗する機会に恵まれました。

 

それも前回よりもちょっと大き目のMサイズ!

 

 

 

 

天気も晴れ。

 

極短時間の試乗とはいえ俄然テンションは激上がり。

 

 

 

 

 

DSC02208

 

 

 

 

相変わらず笑えるくらい良く走ります。

踏んでも回しても、面白いように進みます。

 

本気で欲しくなるヤツです、コレ。

 

 

 

 

比較の為に乗った2台。

 

C車の「R」は二踏み目でヤバイ!と感じるくらいガチガチでしたし、

D社の「P」はなんだかパリパリとしたやたらドライな乗り味。

 

それらと比べると適度にしなり適度にウェットな、高級感あふれる乗り味が絶妙!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイズSにムリヤリ乗ったせいで、落差&ピラーの出代が非常識だった前回(↑)

 

 

この時と違いフレームサイズが適正に近づいて、バイクの重心との大きなズレが

なくなったのか、以前ほどの乗り心地の硬さは感じませんでした。

 

 

 

見た目はスリムですがダウンチューブからBBにかけてはイマドキのマッシブ仕様。

 

それなりに硬さはあるはずですが、踏んだ力が足に跳ね返ってくるほどではなく

サクサクとペダルも回ります。

 

 

 

 

シンプルな見た目と、登りメインながら全方位的に隙のない超高性能。

 

そんなオールラウンダー好きのツボをグイグイついてくる「785 HEUZ RS」。 

問題はフレームで¥380,000-+TAXという価格・・・

 

 

 

 

 

そんなモヤモヤした気分の中、2018年モデル大注目の1台が入荷しました!

 

 

 

 

 

 

DSC03601

 

 

 

 

〇LOOK  785 HUEZ 105  ¥320,000-+TAX

 

 

 

 

軽さやキレの良さという面では「RS」に譲るものの・・・その価格を考えれば

信じられないくらいの運動性能をみせる、RSが付かない「785 HUEZ」。

 

 

 

小西レベルでもそれなりに楽しめるとはいえ「HUEZ RS」はやっぱりプロ機材。

(ルック曰く「スーパークライミングバイク」)

 

 

 

基本設計は「RS」と同じとしながら、カーボンのグレードの配分を変えることで

「コンフォートクライミングバイク」を目指したという「HUEZ」のこと。

 

ちょっとだけ重く(フレームで990g)・ちょっとだけマイルドな味付けとなった

こちらの方が安定感もあって乗りやすいという声が多いのもよくわかります。

 

 

 

 

 

現状の店頭在庫は「XSサイズ」が1台のみ。

 

(適正身長160~165cm前後・・・詳細はバイオレーサーによる身体計測にて)

 

 

 

 

最新のルックの走りを真っ先に手に入れるチャンスです! 

 

 

 

チェックはお早めに!