【検証】レーゼロはロングライドでも使えるのか??
by: 居藤恭吾

どうも、レースよりロングライド派のイトウです。

 

 

 

 

 

レーゼロって硬いからロングライドには向かないよ、なんてよく言われますが、実際のところどうなんでしょうか。

 

 

DSC_9642

 

 

先日、当店スタッフ荒木からフルクラムのレーシングゼロを強奪快くお貸しいただいたので、「レーゼロはロングライドでも使えるのか」、検証してみました。

 

 

 

 

 

さて、どこを走ろうかとコースを探していたのですが、いい天気だったので山口県にある角島大橋が気になり、距離を調べると……

 

 

 

 

 

なんと自宅から片道150km

 

 

往復で300km、日帰りできる距離だ!やったね!」

 

 

 

 

 

 

ということで角島大橋観光をしつつ(実はこっちがメイン)、レーゼロでちょっと300km走ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

途中のエネルギー補給には当店でも販売中の補給グッズがとても役立ちました!

 

 

 

IMG_0719

 

○グリコ CCDドリンク パウダー ¥120+TAX

 

水に溶かして、水分補給しながらエネルギーと電解質が補給できるスグレモノです。

 

 

 

 

IMG_0714

 

○Mag-on エナジージェル 梅フレーバー ¥280+TAX

 

脚が攣りそうになったとき助かりました。

 

 

 

 

IMG_0712

 

○PowerBar ENERGIZE ベリー ¥300+TAX

 

めちゃ甘いので好みは分かれると思いますが、個人的には大好きです!

 

 

 

 

 

 

 

朝5時半に出発してのんびり走り、お昼1時くらいには150km地点の角島大橋に到着。

 

 

 

DSC_9586

 

 

 

見事に黄砂で霞んでいます。

 

 

 

 

 

DSC_9599

 

 

 

全長1780mの角島大橋ですが、疲れたので渡ってません!!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_9605

 

 

 

今回のロングライド装備。

 

モバイルバッテリーと大量の補給食を持ち運ぶため、フレームバッグとハンドルポーチを装備。

 

今回は使いませんでしたが念のため輪行袋付き。

 

 

 

 

 

個人的に長距離を走り切るコツは、とにかくサボることだと思っています。

 

上り坂でもがくダンシングをしない。信号待ち再スタートではできるだけゆっくり加速する。

 

これだけで体力の減り方はだいぶ変わってきます。

 

 

 

 

 

 

走ってみた感想としては、やはりレーゼロは超優秀な万能ホイールでした。さすがアルミクリンチャー最高峰。

 

 

 

 

軽量アルミリム、高回転USBハブ、伝達性の高いアルミスポーク。

 

これらのおかげで登りはシッティングでスルスル登れましたし、平地でも失速することなく巡行することが出来ました。

 

 

ただし、ダンシングのしすぎには注意です。

 

アルミスポークのおかげでダンシングでグイグイ登れるのですが、気付いた時には脚にかなりの疲労が溜まっています。

 

 

 

 

乗り心地に関しては確かに硬いのですが、Vittoria コルサやContinental グランプリ4000S2などの転がりが良く、かつ乗り心地も良いタイヤと組み合わせると、長時間走ってもそこまで不快にならないと感じます。

 

 

 

 

 

<検証結果>

 

レーゼロはロングライド向きホイール!!

 

ただし、ダンシングのしすぎには要注意!!

 

 

 

 

 

 

あ、ちゃんと自宅まで300km走り切りました。

 

全身筋肉痛です。