facebook 旧ブログサイトはこちら

【ツール・ド・フランス2016】 新城さすが~
by: 長山 靖

arashiro 

 http://www.teamlampremerida.com/en/

 

 

 

んにちは。二子玉川店の長山です。

 

 

 

 

熱く駆けるツール・ド・フランス、

3週間シリーズ的に興奮が続くのが、また嬉しいですね。

 

 

今年、二子玉川店が応援しているランプレ・メリダに所属する新城幸也選手、

 NHKのBSでタイミング良く

 

アスリートの魂「かすかな光を追い続けて 自転車ロードレーサー 新城幸也」

 

という番組をやっていました。

 

そこで個人的に感銘を受けた内容を、少しクローズアップしてみます。

 

 

 

 

新城選手は、2月の左脚骨折以降、気絶するほどの痛みに耐えながら

リハビリに励み、筋力を戻したそうです。

 

でも、ペダリングの左右差がどうしても出てしまう。

 

何万回転もするペダリングは、効率がとても大切。

トッププロは、高効率ペダリングを無意識レベルでこなすよう鍛えています。

 

ですが、骨折した新城選手は意識をしないと差を埋められず、

かといって意識すると骨折していない側もギクシャクしてしまったりで、

すっかりバランスが崩れてしまいました。

 

私もかつて右脚を骨折し、以来、身体の左右差がどうしても埋まらず、

左右差を減らすよう常に意識して走っています。

私の場合、よくよく気を付けないと、特に左股関節にしわ寄せが来ます。

それだけに、その歯がゆさにはとても共感。

 

 

ですが、番組内のインタビューで、

 

「骨折でバランスが崩れたけど、そのバランスでうまく使えるようになっていくと思う」

「速ければ強ければ勝てばそれが正解という世界。速ければそこを極めていく」

 

といったようなことを語っていて、さすが!と思いました。

 

私は左右差が減らせるように、とは思って来たものの、

 

崩れたバランスをうまく使えるように、極めていく

 

という発想までは至らず、大きな刺激になりました

 

 

 

 

ツアーオブジャパン伊豆ステージでの優勝、

ツール第6ステージでの敢闘賞は、ただ怪我から復活しただけでなく、

バランスが崩れたなりに強くなれば良い、の有言実行だな、

と思ったら、改めてその凄さを感じました

 

 

 

 

インタビューで、

 

「辛いことも好きにならないといけないし耐えなきゃいけない、

すべてを含めてそれを好きになれるかどうか」

 

といったことも語っていましたが、

マイナス要素もひっくるめて純粋に一途に突き進む熱い魂が、

番組からだけでも伝わってきました。

 

近年、ドーピング話題が絶えず、

結果ばかり求めるあまりサイボーグのようになっている

と嘆く声もありますが、こういう

 

「自転車が大好き!!!」

 

という選手が走っているんだと思うと、嬉しくなりますね。

 

 

こんなエピソードを踏まえてツール観戦すると、面白さも深まります。

2016ツール、まだまだ目が離せません!

 

 

 

 

IMG_8486

 

オールラウンドアルミのSCULTURA400、

ランプレ・メリダが駆るカラーには憧れるけど

ピンクの入ったカラーはちょっと・・・

という方には、渋いマットシルバーもオススメです!

この記事を書いた時点で店頭には47サイズが在庫あり、

現金特価20%オフで111,920円(税抜)です!!

 

 

 

 

 

スペシャルページ移転しました。

旧:http://ysroad-futakotamagawa.com/

新:http://ysroad.co.jp/futakotamagawa/

旧・長山ブログ【次ドコ行こう】はこちら

 

 

 

Y’sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

 

駐車場完備 各種商品券ギフト券ご利用頂けます

修理は御予約の方が優先となっております。

誠に恐れ入りますが、御予約の上

ご来店くださいますようお願い申し上げます。

旧スペシャルページはこちら