facebook 旧ブログサイトはこちら

【BROMPTON】をロード乗りが買う理由
by: 長山 靖

DSCF5320

 

 

んにちは。二子玉川店BROMPTON乗りの長山です。

 

 

このところ、バリバリと趣味でロードに乗られる方が、

追加でBROMPTONを購入されるケースが増えて来ました。

走りにこだわる趣味のロード乗りが、なぜ16インチ小径折り畳みの

BROMPTONを追加で購入するのか!

その理由を私なりに分析して魅力を探ってみました。

 

(基本的な魅力を綴った「BROMPTONというライフスタイルのススメ」も併せてご覧下さい)
 
※本記事をポータルサイトでご覧の方は、記事が途中までしか表示されないようです。
その際は誠に恐れ入りますが二子玉川店ページの記事をご覧ください。

 

 

魅力① 気軽に走り出すことが出来る !!

 

ロードバイクは、軽く、ポジションが前傾スポーティで、高速や長距離に強く、

さあ乗るぞ!と意気込んだ時には最強です。

ウェアもビシッと決めて、ビンディングシューズ履いて、いざ!!

 

ただ、元気はつらつな時なら良いのですが、

ちょっと忙しかったりお疲れの時は、それを面倒に感じてしまう・・・

という声をよく耳にします。

まず、ウェアを着替えるハードルが高いようです。

ある程度乗り慣れた方でも、走り出すまでの心の敷居が高めなんですね。

 

また、着替えたまでは良いが、何となくぐずぐずして、結局出かけなかった・・・

というお話も伺うことがあります。

その原因の一つとして推測されるのは、

せっかくビシッと準備して出かけるからには、しっかり走り回ってこなければ!

というプレッシャーが、潜在的に働いているからではないでしょうか。

 

 

そんな時、BROMPTONなら気軽に乗り出せます。 

 

IMG_3954

 

BROMPTONというライフスタイルのススメ」記事の「魅力④」で書いたように、

割と普通の自転車な佇まいなので、服装は普段着でもOK。

フラットペダルで、チェーンガードも付いていて、気にせずサッと乗りやすいです。 

 

DSCF5308

 

IMG_0581

 

(渋めな風情にもよく似合う)

 

 

スポーティ過ぎない走行力は、走る気持ちを

良い意味でマイルドにしてくれます。

ロードだと、つい駆り立てられて突っ走りがちですが、

BROMPTONなら、緩い走りでも良いや、という気にさせてくれるのです。

  

 

IMG_0477

 

(のんびり、猫と戯れてみたり・・・)

 

この、ロードとBROMPTONのキャラクターの差を服装で例えてみると、

ロードはビシーッとスーツで決めてビジネス(本気)モード、

BROMPTONはオフの過ごしやすい普段着、

という感じでしょうか。

どちらが良い悪いでは無く、シーンによって使い分けが出来たら最強ですね。

それを叶えてくれる有力候補が、BROMPTONというわけです。

 

 

 

 

魅力② 輪行が気軽!!

 

折り畳み自転車なので、もちろん折り畳み機構を備えています。

しかも、「BROMPTONというライフスタイルのススメ」記事の

「魅力①」で書いた通り 「簡単に!」 「コンパクトに!」 畳むことが出来ます。

 

IMG_0580

 

(川の渡し船に乗るため、10秒程度でサッと折畳み)

 

 

 

DSCF8083

 

これが出来ると、公共交通機関を活用した走りが実現します。

ロードバイクでも輪行袋に入れれば可能ですが、

分解の手間や知識、傷のリスク、輪行袋の取り回しの思案などで

躊躇される方も少なくありません。

慣れた方でも、ちょっと慌ただしい時やお疲れの時は、

それを面倒に感じて、つい二の足を踏んでしまったりしがちです。

 

BROMPTONなら、ひょいっと畳んで袋に入れて、サッと交通機関に乗車。

単純ですが、折り畳みなので、つい畳みたくなる、という心理もあります。

コンパクトなので、車内での取り回しの気遣いも最小限で済みます。

 

 

IMG_0579

 

日常圏や自走圏を離れて愛車と走りたい、旅してみたい、しかもなるべく気軽に、

という時、とても頼もしい自転車となってくれます!!

 

 

尚、簡単コンパクト折り畳みによるメリットは他にもあります。

 

IMG_8388

 

駐輪の際、高級車ロードだと、盗難が心配でちょっと停めづらいですが、

BROMPTONなら、サッと畳んで手荷物にすれば盗難の心配は無用。

大型コインロッカーに預けることも出来るサイズです。

 

ロードバイクがお部屋に鎮座していても、

追加の置き場所を見出しやすいという点も見逃せません。

 

 

 

 

魅力③ 荷物を積みやすい!!

 

ロードバイクは、軽快な走りを実現した分、荷物の積載は得意ではありません。

 

ジャージ背中のポケットや、バイクの各所にサドルバッグやツールケースなどで

こまごまと分けて配置する形か、リュックで背負う形です。

あまり寄り道の無い、ライドに特化した道中ならそれで良いのですが、

生活用品なり、旅土産なり、走った先で「買い物」のニーズが

出た時には、困ることがあります。

場合によっては、行きずりの方から野菜や土産を頂戴してしまうことも。

そんな時、小物ならともかく、大きい物や量が多い時は

お手上げとなり、泣く泣く諦めることになります。

 

DSCF4396

 

それがBROMPTONだと、沢山積むことが出来ます。

BROMPTONというライフスタイルのススメ」記事の「魅力③」参照)

 

IMG_4980

 

様々なラインナップの専用バッグを、ワンタッチで着脱。

かつ、適度に積んだ方が安定感が増すという効用もあります。

耐荷重は、バッグ込で10kgと強力。

 

IMG_0218

 

ポイッと気軽に荷物を放り込む感覚は、

シティサイクルの前カゴを思い出して楽しいです!!

 

 

魅力② × 魅力③の掛け算で、通勤ライドにトライも良いですね。

同じ移動なら、交通機関よりも自転車の方が、体に刺激を入れることが出来ます。

着替えなどをバッグに積んで走り、職場に着いたら

片隅なり、デスク下なりに、サクッとコンパクトにして収納。

BROMPTONなら、それが可能です!

 

 

 

 

魅力④ 短時間でも、走った満足感を得やすい!!

 

ロードバイクでバリバリ走る方は、移動手段としてよりも

趣味としてのライドがメインかと思います。

ある程度乗り慣れてくると、ロードはとても軽やかな健脚自転車なので、

短距離や短時間では物足りなくなってきます。

もっと遠くへ、もっといろんな所へ、という欲求が高まります。

そうなったら、どんどん出かければ良いのですが、

一つ、弱点があります。それは、

まとまった時間を作らなくてはいけない、ということです。

でも、仕事、ご家庭、お付き合いなどで、いろいろな用事が出てくると、

そうそう簡単にまとまった時間は取れなかったりします。

 

例えば、読書、ジグソーパズル、編み物、プラモデル・・・

といった趣味なら、用事の時だけ中断して置いて、用事が済んだら

また続きを再開すれば良いのですが、サイクリング、特に遠乗りは、

用事の時だけちょっと中断して、済ませたら続きを、というわけにはいきません。

時間の小分けがきかない趣味なんですね。

 

もし、ほぼ一日、予定が空いているけど、昼に5分だけどうしても外せない

用事がある、となったら、その5分のために遠乗りは諦めることになります。

 

それがBROMPTONだと、割と短時間でも、走った満足感を得やすい。

なぜなら、走行感が軽すぎないからです。

軽ければ軽いほど良いという風潮がありますが、短時間短距離の

制約がある場合、過ぎたるは及ばざるがごとしで、ロードの軽快さよりも

BROMPTONのそこそこ具合の方が走った実感を得やすく、さじ加減が良いのです。

 

そのため、先の例えのような日があったとして、お昼の用事を済ませて

解放された後から出かけても、けっこう楽しむことが出来ます。

 

IMG_3515

 

BROMPTONの緩い佇まいなら、のんびりな近場散策が、楽しい!

フロントのバッグに、地図やガイド、おやつやドリンクを放り込んで、ぶらり。

 

DSCF7358

 

(二子玉川から近い九品仏にて紅葉狩り)

 

 

 

IMG_0278

 

(近所の20%坂を、三段変速という限られたギアで攻略!

ロードでなら登れても珍しくない急坂も、ゲーム性を帯びてきて面白い)

  

 

ふと街中に発見があって、止まってみる。

ちょっとだけ、自転車を置いて、近づいて見てみたい・・・。

 

IMG_1852

 

そんな時、自転車を立てかける場所が見つからなくても、

BROMPTONは後部だけ一瞬で畳めば自立し、停めることが可能。

シティサイクルでよく重宝しているキックスタンドの代わりになります。

 

SN3S0837

 

IMG_0310

 

(台数が多くてもコンパクトな駐輪!)

 

 

ロードでスロー散策な走り方が出来ないこともないのですが、

前傾ポジションは周囲の景色を見やすいとは言えず、

つい軽快な加速感に駆り立てられて、

前方とアスファルトだけに集中して突っ走ってしまいがちです。

 

 また、ロードバイクのブレーキレバーは、どうしても

フラットハンドルバータイプよりはかけづらいです。

町や散策で、ちょくちょくブレーキを掛けるのは、得意とは言えません。

 

ロードバイクは、どちらかというと、走りやすい道に出て、

流れに乗ってサーッと走る方が向いているのです。

 

そうなると、ちょっとでも気分転換と思って乗りに出たはずが、

遠乗りに行けなかった悔しさが変に湧いてしまって

不完全燃焼、なんてことになりかねません。

 

BROMPTONの軽すぎない走行感なら、長距離でなくとも

程よい疲労感を生み、 前傾すぎない姿勢が視界を広げ

「近場で、こんな楽しい場所があったんだ!」

という再発見に溢れ、新鮮な満足感に包まれることでしょう!

 

DSCF7967

 

(近所で発見した、冒険チックな風景)

 

 

もちろん、「魅力③」の輪行を活用すれば、プランの幅はさらに広がります。

遠乗りで行きたかった場所に、一気にワープ!も可能性が出て来ます。

 

また、先に、魅力② × 魅力③の掛け算をして通勤ライドも良い、

と書きましたが、ここに更に魅力④を掛ければ、限られた距離、時間の

通勤ライドが、運動負荷が増して刺激が入りやすくなる可能性も出てきます。

 

 

 

 

魅力⑤ 意外とよく走る!!

 

ある程度、体力任せではありますが、意外とよく走ります。

一般的に、小径の折畳み自転車は華奢なイメージがありますが、

BROMPTONは怪しい量販の安物と違い、ロードで培われた

脚力を受け止めるだけの耐久性があります。

走りに拘るロード乗りでも、満足するレベルです。

 

IMG_8682

 

(奥武蔵の定峰峠、寄居側を、三段変速の一番重いギア縛りで登れた!)

 

16インチという小径は、走行性と、畳んだ時のコンパクト性を、

高次元でバランス取った結果だと感じます。

 

DSCF1150

 

なんたって、BROMPTONのレースがあるぐらいですから!

日本予選での優勝者は、ロンドンの世界大会へ招待!

大会に積極的に参加されるロード乗りには、興味深いのではないでしょうか。

 

 

ここで、例えば

 

意外とよく走る × 短距離でも満足感を得やすい

 

という掛け算をすると、スキマ時間に乗れば、

勝手に軽く負荷の掛かった走りを組み込むことが出来、己の鍛錬に余念のない

ロード乗りでも、楽しみながら「刺激が入った」という満足感を得ることが出来ます。

 

軽快なロードでは、負荷の掛かった走りを、となると結構スピードを上げることに

なりますが、近所の街中では安全面で不安が拭いきれません。

 

 

先の掛け算に、更に

 

意外とよく走る × 短距離でも満足感を得やすい × 輪行

 

なんて掛け算をしたら、例えば

「半日しか時間取れないけど、ヒルクライムしたい!」

と思い立っても、じゃあ

BROMPTONでパッと輪行して、ヤビツ峠を一本やって、

またサッと輪行して帰って来よう、

なんて具合に、実現の可能性が見えてきます。

 

SN3S0321

 

私も「手短に走りたい、でも峠に行きたい」という時に、輪行にて

奥多摩駅12時発、松姫峠越え、大月駅17時30分着、

というライドをやったことがあります。サクッと、楽しかった!!

(走行距離60km弱、獲得標高1400m弱、三段変速にて)

 

ロード輪行で出来なくもないプランですが、折角ロードでわざわざ出てきたのに、

これだけしか走れない、なんて気持ちが湧いてしまいそう、

何より、やはり面倒くさいとなって、なかなか実行しないことでしょう。

それが、BROMPTONなら、そういうプランを実行する心の敷居を、

大きく下げてくれるのです。

 

 

SN3S0765

 

ヒルクライム大会もある白布峠、標高1404m。

 

SN3S0733

 

ここに至る道はこんな感じにぐにゃぐにゃ。

写真奥の湖(桧原湖)のもっと向こう、喜多方から登ってきました。

意外と登れるBROMPTON!!

 

※BROMPTONはじめ小径は、長い下り坂はブレーキに要注意。

リムとブレーキシューの摩擦熱が、小径だと一回転が早くて熱が逃げきらず、

高熱になり過ぎてチューブがバーストする可能性があります。

下りこそ、飛ばし過ぎず、休み休み下りましょう。

BROMPTON坂攻めの参考記事

 

 

自転車同伴はあり得なかったシーンで、BROMPTONが活躍する事もあります。

 

出張で四国へ、じゃあBROMPTONを持っていこう!

 

現地では、仕事の間は、大型ロッカーなり、職場なりに、

コンパクトに畳んで保管。仕事が済んだら、

スーツなどの着替えはフロントのバッグに詰め込んで、

しまなみ海道をサイクリング!

 

これは、実際にお客様から伺ったお話です。

せっかく、サイクリストの聖地しまなみ海道が近い四国に行くのに、

出張だからロードを持っていくどころではない

出張ついでに、愛車でしまなみ海道走れちゃう、ラッキー♪

 

と、BROMPTONのおかげでクルッと変換。

お気に入りの愛車で、しまなみ海道の良い思い出が出来たそうです。

なんと贅沢なスキマ時間の有効活用でしょうか!

意外とよく走る ×  輪行 × 積載力

の賜物ですね!!

 

 

SN3S0716

 

意外と走るゆえに大活躍し、思いがけなく多くの苦楽を共にしたBROMPTON、

 

IMG_6427

 

何度、お疲れ様!と、乾杯したことか!!

 

 

 

IMG_2964

 

もちろん、ロードにも、何度となく乾杯しました。

ロードにも、BROMPTONにも、それぞれの持ち味を活かした道中を、

たくさん共にしてもらいました。

甲乙つけられない、どちらもかけがえのない相棒です。

 

やはり、シーンによって使い分けがオススメです!!

記事を書くために振り返ってみて、改めて思いました。

 

※自転車には、お酒ではなくオイルを飲ませましょう。

 

 

 

以上、思いつくまま、ロード乗りがBROMPTONを買う理由を

分析してまとめてみました。

ロードにも乗る私自身、この記事を書いているうちに、

既にBROMPTONを持っているにも関わらず

「BROMPTON欲しい!」

という、よくわからない衝動に駆られてしまいました!

 

BROMPTON、ロードバイクの傍らに、ちょこんと一台、いかがでしょうか!?

 

 

 

DSCF8008

 

試乗車 M3L、S2L、M6L をご用意!

2速、3速、6速の違いと、

 

DSCF8009

 

Mハンドル

 

 

DSCF8010

 

Sハンドル

 

の違いをお試しいただけます!

※荒天でない明るい時間帯のみ。

(顔写真入りご本人様確認出来るものをご持参ください)

 

   

ワイズロード限定キャンペーン!!

 

DSCF7314

 

2017年12月9日~

2017年以前のBROMPTON完成車をご購入頂きますと、先着で、

 

車体税抜本体価格の10%分のY’s Club Cardポイント付!

 

もしくは、

 

BROMPTONの用品三点セット

 

DSCF7313

 

CATEYE VOLT300フロントライト(9,500円)と、

 

DSCF7316

 

RAPID MINI テールライト(4,200円)

 

 

 

DSCF8047

 

更に、トートバッグ(12,000円)

 

三点合わせて税抜25,700円分のアイテムをプレゼント!!

 

この三点は、BROMPTONライフスタートアイテムの中でも

人気の高いものばかり、それがもらえるチャンスです!

この機会をお見逃しなく!!

  

 

 

〇〇 BROMPTONとは 〇〇

IMG_3964

 

英国発の可愛い折り畳み自転車です。

簡単な手順で折り畳むことが出来、畳むと

大型コインロッカーに収まるほどコンパクトになります。

ご自宅や職場での収納を始め、鉄道や車への積載も容易です。

折り畳み自転車は耐久性が心配されがちですが、ロンドンの工場で

一台一台こだわって製造される車体は精度が高く耐久性に優れ、

走りの安定感にも繋がっています。

 

IMG_3963

ワンタッチで着脱出来る専用のフロントバッグやバスケットが豊富に用意され、

荷物の積載にも対応。積載時の安定性は折り畳み自転車の中でも群を抜きます。

街乗り、通勤、散歩といった日常使いから、

少し距離を伸ばすサイクリング、古都巡りなど小さな旅まで、

BROMPTONで素敵なサイクルライフを描いてみませんか?

 

BROMPTONというライフスタイルのススメ

 

 

BROMPTONの魅力 関連記事

 

折り畳み簡単 ほぼ片手でも  酷使して丸10年、まだまだ元気

後輪 9年2か月でやっと(?)初パンク  ○BROMPTON × 鉄道の旅のススメ

BROMPTON登坂列伝  ○BROMPTONで良いとこ取り

BROMPTONは練習マシン!?  ○続 BROMPTONは練習マシン!?

BROMPTON 健脚な方にもオススメ ○BROMPTONパンク発生率 私の場合

BROMPTON BWC世界3位レポート ○70歳 BROMPTONで自信がついた話

寒いならBROMPTONで走ろう

 

 

スペシャルページ移転しました。

旧:http://ysroad-futakotamagawa.com/

新:http://ysroad.co.jp/futakotamagawa/

旧・長山ブログ【次ドコ行こう】はこちら

 

 

bnr_fb_futako

 

 

Y’sRoad二子玉川店

東京都世田谷区瀬田2-32-14

玉川高島屋ショッピングセンターガーデンアイランド B1 F

TEL:03-5717-3110

駐車場完備 各種商品券ギフト券ご利用頂けます

修理は御予約の方が優先となっております。

誠に恐れ入りますが、御予約の上

ご来店くださいますようお願い申し上げます。

旧スペシャルページはこちら