自転車の選び方・乗り方

“自分にぴったりの1台”に出会えるコツ、ここにあります。

「スポーツバイクは気になるけど、最初の1台、何をどう選べばよいか分からない」
そんなスポーツバイクビギナーの方、心配いりません。
ここでは、ワイズロードの長年の実績を活かした「自分にぴったりの1台」を選び、
楽しんでもらうためのコツを紹介していきます。

HOW TO CHOOSE “ぴったりの1台”

1「どんな乗り方をしたいのか?」が大切です。

スポーツバイクにも得意、不得意分野があります。まずはどう乗りたいのか、その用途・目的をイメージしてください。
自転車通勤が目的なのか、スポーツバイクでダイエットしたいのか、ちょっとした街乗りなのか、
山道のようなオフロードを思いっきり楽しみたいのか・・・それによって最適なバイクのジャンルが決まります。
つまり、「何に乗るか」の前に、「どう乗りたいか?」をイメージすることが、よりぴったりの1台を選ぶことの第一歩なのです。

フィットネス/ファッション

エクササイズ、ダイエットしたい

「気軽に、楽しみながらダイエットしたい!」スポーツバイクはそんなお客様にもピッタリの乗り物です。ウォーキングやランニング等の有酸素運動よりもヒザや足首への負担をかけることなく、長時間の運動が可能です。新しい景色を見れるので爽快感が味えるので、「今まで様々なダイエット試したけど長続きしなかった方」にもオススメです。自転車の「車種」や「乗り方」によって、通常乗っている「ママチャリ」以上の効果的なエクササイズとなります。ワイズロードではスポーツバイク専門店だからオススメできるスポーツバイクご提案いたします。

オススメのジャンル
クロスバイク ロードレーサー
ファッション、遊びとして乗りたい

元々一部の愛好家が多かったスポーツバイクですが、今ではファッションとしても受け入れられています。特にバイシクルウェアは洗練されたデザインと高機能なウェアとしてスポーツバイクを乗らない方からも注目を浴びています。ワイズロードでは「ウェア専門ショップ」もございますので、スポーツバイクがずらっと並んだ店には入り難いというお客様でもお気軽にご利用頂けます。またワイズロードでは、最先端のアイテムを車体からウェアまでトータルコーディネートいたします。

オススメのジャンル
ピスト BMX

街乗り

自転車通勤をしたい

健康や環境問題を気にする方が通勤に「スポーツバイク」を使うケースが増えています。なかでも街中のオールラウンドバイクである「クロスバイク」、 スピード感を楽しみたい方には「ロードバイク」が人気です。性能ではなくファッションとしてシンプルにスタイリッシュに決めたいならメンテナンスもシンプルな「ピストバイク」が人気です。日頃の運動不足解消や通勤のストレスから解放される新生活を初めてみませんか? ワイズロードでは誰もが満足する世界の一流ブランドを取り揃えております。気軽にスポーツバイクを始めたいお客様からトップレーサーまで幅広くバイクをご用意しております。

オススメのジャンル
クロスバイク ロードレーサー ピスト マウンテンバイク

普段の街乗り用にしたい

「自分なりのスタイルで普段の足として使いたい!」スポーツバイクは高い性能とオシャレなルックスなので、通勤通学やレース等に出場する以外にもお使い頂けます。 「スポーツバイクはちょっと敷居が高い?」と思われているお客様の為にワイズロードではお客様のバイクライフを豊かにするサポートいたします。 ワイズロードでは入門者の方にも「長い歴史と経験」に基づき「専門店だからできるアドバイス」をご提案させて頂きます。 分らない事がありましたらお気軽に最寄りの店舗までご来店ください。

オススメのジャンル
折りたたみ自転車 クロスバイク

自然を走る

速く、長く走りたい

街中のビル群から抜け出し、自然の中を「とにかく速く遠くへ走りたい!」スポーツバイクは一日で200Km以上の距離を走る事も出来ます。 入門者の方だと「そんな長い距離走るのは夢のまた夢」と感じるかもしれませんが、特にアスリートではない方でも数十キロ~というのは特別なトレーニング無しに走る事ができます。 「そんな馬鹿な」と感じるかもしれませんが、嘘だと思うなら一度乗ってみてください。ワイズロードから始めれば、きっとスポーツバイクの素晴らしさを体験出来ます!!

オススメのジャンル
ロードレーサー クロスバイク トライアスロン

山道をガンガン走りたい

「未舗装路をガンガン走りたい!」そんなアウトドア派にはマウンテンバイクがオススメです。タイヤも太く安定した走りができ、クッション性の高いバイクも多いので、悪路を走るにはもってこいです。全国各地に専門のコースもありますので、アウトドアの仲間と一緒に大会出場するのもオススメです。

オススメのジャンル
マウンテンバイク

レース

本格的なレースに出てみたい

本来スポーツバイクは気軽に乗れるだけではなく「自分の力を試してみたい!」本格派アスリート用の自転車でした。 一昔前までは一般の方では手の届きにくい価格でしたが、現在では高性能なバイクでも手の届く価格帯のバイクが多く揃ってきました。 ワイズロードでは長い歴史から蓄積されたトップアスリートのサポートからのノウハウを元にアスリート志向のお客様にもピッタリの一台をご提案いたします。

オススメのジャンル
ロードレーサー トライアスロン マウンテンバイク

自転車で長距離の旅に出てみたい

「スポーツバイクを旅の道具として使いたい!」電車や車で行った時とは違う達成感を味わえます。走行距離は人それぞれ変わりますが、長い距離を走れば走るだけ、トラブルに見舞われる可能性が高くなります。「こんな旅にはこういう装備を」ワイズロードではお客様に合った旅支度のお手伝いをいたします。

オススメのジャンル
ツーリング 折りたたみ自転車

2それぞれのジャンルの特性を見てみましょう。

ロードレーサー

細いタイヤでアスファルト路面を駆ける

軽量な車体は、オンロードでのスピード走行と長距離ツーリングを得意とします。風を切って駆け抜ける爽快感をぜひ味わってみてください。

詳しく見る

マウンテンバイク

タイヤが太く、オフロードが大得意

未舗装道路をスイスイ走ることができる、頑丈ボディと骨太タイヤが特徴。全世界で愛用されている、最もポピュラーなスポーツサイクルです。

詳しく見る

クロスバイク

MTBとロードレーサーを融合させた
オールマイティバイク

オフロードでの走破性と舗装道路での快適性を兼ね備えた万能バイク。仕様や機能がバリエーション豊富で、女性や初心者にオススメです。

詳しく見る

トライアスロン

スイム、バイク、ランのアイアンマン
スポーツにトライ

ロードレーサーをベースとした設計のバイクは、エアロダイナミクスな姿勢で走行。現在さまざまな大会が開催され、競技者人口は年々増えています。

詳しく見る

ピスト

シンプルな機能美と個性の表現

変速機やサスペンションを持たない、最もシンプルな形がピスト。元々のトラック競技の枠を大きく超えて、街乗りのツールとして人気を博しています。

詳しく見る

折りたたみ自転車

持ち運び自在の小型バイク

たたむ・持ち運ぶの特徴を兼ね備えた折りたたみ自転車。コンパクトなサイズで、小スペースに保管でき、都会に暮らす人々の足として人気です。

詳しく見る

ツーリング

長期サイクリング可能な旅用バイク

近場への日帰りツーリングや、荷物を積み自転車の旅へ出るなどツーリングタイプはさまざま。 走りたい距離やロケーションによって、バイクや装備を変えて楽しめます。

詳しく見る

BMX

トリックを繰り出すモトクロスバイク

バイクを自在に操り、専用のレースコースや街の公園で豪快なジャンプやトリックを繰り広げます。ファッション感覚でトライする若者や女性ライダーも増えています。

詳しく見る

3各種パーツで、さらにぴったりの1台に!

詳しく見る

乗り方、乗るジャンルが見つかったら、さらにぴったりの1台に仕上げるためのパーツを選んでみましょう。
乗り心地が良くなるだけでなく、見た目もぐっと自分好みにセットアップすることができます。
せっかく乗るのなら、かっこよく、スタイリッシュに仕上げてみましょう!

  • タイヤ

    タイヤ

  • ハンドル

    ハンドル

  • ブレーキ

    ブレーキ

4「安全に乗る」そして「楽しく乗る」。2つでひとつです。

さあ、自分にぴったりの1台を選ぶことができたら、次は「ぴったりの乗り方」にチャレンジしましょう。
ビギナーの方にとって一番不安なのは、やはり「安全面」。
スピードが出やすいスポーツバイクは、他の自転車以上に安全面への注意が必要です。
「セーフライド」のコツをきちんと守れば、通勤も街乗りも山遊びも大丈夫です。
また、セーフライドがきちんとできれば、一歩先のさらに楽しいファンライドも存分に満喫することができます。

これで安心安全!セーフライド

楽しく乗るために、安全に乗る。
そのポイントを「セーフライドアイテム」「セーフライドルール」の2つの観点からご紹介します。

これで安心安全!セーフライド

詳しく見る

もっと楽しく!一歩先のファンライド

普段の通勤やエクササイズがもっと楽しくなるコツや
また、グループライドや長距離ライドなど、
さらに楽しみが広がる乗り方をご紹介します。

もっと楽しく!一歩先のファンライド

詳しく見る

よくある質問

スポーツバイク買う前の色んな疑問、解消しましょう!

Q1.

他店で買った自転車や知人から譲ってもらった自転車でも防犯登録出来ますか?

A1.

承っております。
販売証明書(レシート等)、保証書等お客さまの所有物である事が確認出来る書類及び身分証明証をご用意の上、車体をお持ち下さい。

Q2.

ロードバイクに乗っていますがハンドルをフラットなタイプに交換出来ますか?

A2.

出来ます。
その際にはハンドルバー以外にグリップ、ブレーキレバー、シフトレバー、ワイヤー類、場合によっては変速機本体等も交換が必要となります。費用は使用するパーツによって異なりますが概算で2万円程度からです。

Q3.

要らない自転車を処分してもらえますか?

A3.

有料ですが承っております。
当社にて処分される際には、処分費用として4,800円頂戴しております。

Q4.

お尻が痛いのですが何とかなりませんか?

A4.

サドルそのものの交換や、「レーサーパンツ」、「パッド付きインナーパンツ」などの利用で改善する場合もあります。 また、乗車ポジションの変更で改善することもありますので、当社のフィッティングサービス「バイオレーサー」によるポジションチェックもご検討下さい。

Q5.

身長○○○cmですが私にはどのサイズが合いますか?

A5.

当社には「バイオレーサー」というサイズ計測システムがありますので店頭にてスタッフにお申し付け下さい。最適なサイズとポジションをご提案いたします。

Q6.

ロードとクロスとではどっちがいいの?

A6.

お客様の使用用途によってどちらが良いかは変わりますので、お客さまの御要望をしっかりと伺ってから御案内いたします。店舗スタッフが一から御相談に乗りますのでお気軽に御来店下さい。

Q7.

自転車を車に積むことはできますか?

A7.

折畳自転車以外でも一部のモデルを除き前輪及び後輪が外せますので、割とコンパクトになります。前輪を外すと150×90×30cm、前後輪を外すと120×100×30cmぐらいの大きさになります。(積む際には梱包用の資材やバンドが必要になります)

Q8.

やっぱり室内に保管しないとダメですか?

A8.

屋外の保管も可能ですが、盗難防止、防錆、防汚の観点ではやはり室内の方が有利です。
屋外で保管される場合はカギはもちろんですが「サイクルカバー」などを使用し、こまめな掃除や注油を心掛けて下さい。

Q.9

スタンドとかカゴは車体に付けられますか?

A.9

車体の形状や仕様によって付かない事が有ります、お近くの店舗に御相談下さい。

Q.10

細いタイヤはパンクしやすいんですか?

A.10

必ずしもそう言う訳ではありませんが、空気圧が不十分であったり、段差を減速や抜重をしないで乗り上げたりする場合はパンクしやすくなります。普段から適正空気圧を保ち、自転車にやさしい乗り方を心がけましょう。

Q.11

体重が重いんですけど、スポーツバイクに乗れますか?

A.11

一部体重制限を設けているモデルを除き乗ることは可能です。しかしスポーク(車輪の骨)が切れやすくなるなど消耗品の交換サイクルは、体重の軽い方より早い可能性があります。その為、丈夫に造られているマウンテンバイクやスポーク本数の多いクロスバイクをお勧めすることが多いです。

Q.12

スクールやクラブはありますか?

A.12

はい、初心者から上級者まで楽しめる、「チーム・Y'sRoad」というクラブチームがございます。 初心者の方でしたら各店舗で行っている「サンデーライド」にぜひ参加してみてください。走る仲間と場所が見つかります。詳しくはこちらをご覧ください。

Q.13

なんとなく興味があるのですが、何も知らない状態でお店に行っても平気ですか?

A.13

もちろんです、安心して御来店下さい。お客様のニーズに合わせて車種選びからお手伝いさせて頂きます。また、このページでもご紹介しております。ご参考になれば幸いです。
また、「乗ってみたい」という方には試乗車の御用意もございます

Q.14

自転車の価格ってなんでこんなに差があるんですか?

A.14

フレームの材質、付いている部品の性能や精度、製法の違いによるところが大きいです。それによってより軽量になったり、操作性が良くなったり、力の伝わり方が良くなったり、耐久性が向上したりします。

Q.15

軽い方が良いんですか?軽いと何で良いんですか?

A.15

軽い方がオススメです。ショッピングカートで例えますと、一杯詰め込んで重くなると発進や停止、曲がるといった動作が鈍くなります。その反対に軽いとキビキビ動き、登り坂でもより楽に登ることが出来ます。

Q.16

ロードバイクに太いタイヤを履くことは可能でしょうか?

A.16

ホイール(リム)の幅やフレームとタイヤの隙間の大きさ等によって、車種による差はありますが装着できるモデルもございます。 その場合でも25C程度(幅25ミリ)までが一般的な上限です。(通常のロードバイクのタイヤは23Cが多いです)

Q.17

他のワイズロードで購入した自転車ですが、修理していただけますか?また工賃はいくらかかりますか?

A.17

当店でご購入の自転車であれば全てのワイズロードで整備可能です。また全店統一工賃にて作業を承っております。こちらのページで代表的な工賃を掲載しております。ご来店をお待ちしております。

Q.18

他の自転車店で購入した自転車ですが、修理していただけますか?また工賃はいくらかかりますか?

A.18

修理可能です。
当社で購入いただいたお客様と工賃の区別はしておりません。ただし、店舗繁忙時には当社で販売した自転車の修理を優先させて頂く事がございますので、ご来店前に店舗に修理受付状況をご確認いただき、予約修理をご利用頂く事をお勧めいたします。こちらのページで代表的な工賃を掲載しております。また、Q19、Q20も併せて確認ください。

Q.19

他の自転車店で購入した新品自転車・フレームの組立てはできますか?

A.19

他社購入の新品自転車・新品フレームの組立ては、製品補償の問題からお断りしております。Q18、Q20も併せて確認ください。

Q.20

他の自転車店で購入した新品部品の取り付けはできますか?

A.20

可能ですが、他社購入の新品部品の取り付けは、通常工賃の倍額を頂戴しております。こちらのページで代表的な工賃を掲載しております。また、Q18、Q19も併せて確認ください。

Q.21

点検や整備は予約が必要ですか?

A.21

必ずしも必要ではありませんが、予約して頂ければその時間を優先して確保しますので、事前の予約をお勧めしています。予約に関して、詳しくはこちらをご確認ください。「お待たせしません!予約修理のご案内」

Q.22

一般軽快車の修理はできますか?

A.22

スポーツバイクと使用する部品や工具が異なるため、原則承っておりません。

Q.23

修理・整備作業の保証条件に決まりはありますか?

A.23

こちらでご案内しております。ご確認ください。

Q.24

普段のお手入れはどんなことをすればいいですか?

A.24

主なところですと掃除、空気入れ、注油などが上げられます。それ以外に日頃からの点検が重要です。 少しでも異常を感じるようでしたら、Y'sRoad各店に御相談下さい。 また、ご自分でも動画を見ながらメンテナンス出来るようにY’sRoad TVというコンテンツがございます。こちらもあわせてご利用ください。

Q.25

女性用の自転車はありますか?

A.25

ございます。自転車本体以外にウェアや用品などもございます。店舗によってはコーナーを設けていますので、お問い合わせください。 特に、「Y'sRoadお茶の水レディース館」は、一店まるごと女性サイクリストのためのお店です。是非一度ご来店ください。