intro facebook

【東大和×コラム】検証!『MAVIC UST』チューブレスレディはハンドポンプで簡単にビードがあがるのか
by: 大元英俊

DSC07147

/

こんにちは、ワイズロード東大和店の大元です。

タイガーさん

/

購入者にスプロケットサービスキャンペーン中!

/

SONY DSC

/

『MAVIC UST series』

/

SONY DSC

/

走りが軽い・作業性が良い・快適性が高いの3拍子が揃い、

いよいよチューブレスレディ時代が到来したと言えます。

しかしまだまだ導入を考えてるけど不安という人がいます。

それは『作業性が良い』が本当か?という点です。

/

チューブレスと言えば『作業性が悪い』が常識でした。

というのもチューブレスは低圧運用が望ましい規格ですが、

走行中に衝撃が加わった時に「ビードが外れる可能性」があり、

各メーカーかなりの安全マージンを取って設計をしてきました。

ホイールメーカーはホイールの直径を大きく。

タイヤメーカーはタイヤの周長を小さく。

つまり大きいホイールに小さいタイヤをはめてた訳です。

/

『そこはちゃんとサイズ合わせたら良くならない?』

と言い出したのがUSTを出したMAVICでした。

ホイールもタイヤも両方作るメーカーならではの強みです。

普段シクロクロスで使っている『KSYRIUM PRO UST』

どれだけ作業がしやすいのか実際に検証をしてみました。

/

【 タイヤのはめこみ 】

/

DSC07136

/

ちょっと硬めのクリンチャータイヤぐらいの感覚で

素手でも十分にはめる事が可能です。

だんだん入れにくくなってきた時は、リム側にある

溝へはめた所から先にビードを落としましょう。

/

DSC07134

/

ここにビードを落とせばタイヤに余裕が生まれるので

はめやすくなり取り付けが出来ると思います。

/

DSC07140

/

全周はめた後は先ほどの溝にビードを全て落としましょう。

ここに落とさないと次の作業を行うことが出来ませんよ。

/

【 ハンドポンプで空気を入れる 】

/

DSC07141

/

ハンドポンプで空気を入れられないと

万が一出先でトラブルがあった際復帰が困難です。

チューブレスはコンプレッサーがないとビードを

上げるのが難しいと言われるほど上がりません。

大きなホイールに小さいタイヤがミッチミチに

はまってたんですから軽い空気圧じゃびくともしません。

出先ではCO2ボンベで一気にはめるのが鉄則でした。

しかしUSTホイール&タイヤ同士の組み合わせは

ハンドポンプでも空気がしっかり入っていきます。

ほとんどエア漏れする様子もなくどんどん膨らみます。

/

DSC07145

/

タイヤとホイールの間にビードのラインが見えますか。

これが全周見えるようになればはまった証拠です。

フロアポンプで測ってやってみると4気圧を超えた辺りで

ビードがバッチリ上がった状態になりました。

これなら出先でも問題なく修理が可能です。

ハンドポンプで出来るという事は当然フロアポンプでも。

自宅でのタイヤ交換作業も全く難しいことではありませんよ。

あとはシーラントを入れてなじませれば完成です。

/

DSC07124

/

KSYRIUM ELITE USTを中心にUSTホイール入荷中!

これだけ簡単な作業性なら『MAVIC UST』を

ぜひ導入してみてくださいとオススメ出来ます。

『チューブがないとこんなに走りが違うのか!』

と感動体験していただきたいですね。

USTホイールの導入は東大和店へご相談ください

お客様のご来店、お待ちしております!

サイクルパーツバナー


【 直近のオススメブログ記事 】

DSC07001SONY DSC

DSC07098DSC07048

/


ロゴbnr_2018wear_sale_2
SONY DSC

 インスタグラム バナー

アルバイト募集バナーバイオレーサーバナーバナー 東大和店