intro facebook JTU

【東大和×サドル沼×コラム②】サドルの形状を変えると「どこ」が「どう」なるの? [正面編]
by: 佐藤篤

378D423B-2480-4CC5-8B20-FF609694C4E5-6162-0000047CD8603221_

あつし

_

ブルベライダーの佐藤です

_

_

 

サドル沼コラム第2

_

_

第1回の投稿タイミングで

POTALサイトのアクセス障害があった様なので

そちらを先にご覧ください

_

今回はサドルの正面側の形状を変えると

どういう変化があるのかという点について

解説していきます

_

_

サドルの「正面」

という言葉に若干違和感がありますが

察して下さい

_

_


 

_

目次

_

_

サドル沼は「再発する」

②サドルの正面から考える◀NOW

サドルの側面から考える

サドルの後方から考える

最終手段

_


 

_

サドルを正面から見たときの形状を

かなり強引にグループ分けすると

次のようになります

_

_

_

1-04

 

 

_

※左から順に※

_

: FIZI:K ANTARES R3 OPEN K:IUM ¥17,545(+tax)

SELLE ITALIA TURBO 1980 NUBUK ¥8,900(+tax)

: SELLE ROYAL R.E MED 2 ¥3,300(+tax)

BROOKS CAMBIUM C19 ALL WEATHER ¥12,800(+tax)

_

_

_

それぞれの特徴は以下の通り

_


 

_

_

1-01

_

【 A 】

_

ノーズ(先端) : 長め

着座位置 : 後方

座面~ノーズのカーブ : きつめ

_

- – – – – – – – – – -

_

着座位置がサドルの後方にあり

ノーズ部は長めに設定されているモデルが分類されます

_

ノーズが細くなっている範囲が広く

ペダリング時に邪魔になりにくいため

ケイデンスが高めの方に好まれる傾向があります

_

「ヒルクライムの時は前方に座りたい」

という方もノーズが長めのモデルを選ぶ傾向があります

_

_

座面~ノーズ部のカーブがきつめなモデルが多く

座面幅を適切に選択しないと

ペダリングの度に着座位置が前にズレていく

といった問題が発生する可能性があります

_

_

内もものスレは無いが

尿道、陰茎部への圧迫に悩まれている方

この形状は避けたほうが良いかもしれません

_

_

_


 

_

_

1-03

_

【 B 】

_

ノーズ : 長め

着座位置 : 後方

座面~ノーズのカーブ : 緩やか

_

_

- – – – – – – – – – -

_

二等辺三角形のような形状をしていて

見た目がどことなくクラシックなモデルが多いです

_

_

座面とノーズの境目がはっきりしていないので

ペダリングをしていると徐々に

前方にずれていきますが

やがて丁度いい位置に収まる感触があります

_

座面の素材によってはそのままどんどん

前にずれていってしまうので注意が必要です

_

_

ノーズ部分は標準~太めの設計が多いので

内膝をトップチューブにこするような内股気味の方や

ケイデンスの高めの方は避けておいたほうが

良いモデルかも知れません

_

加えて、着座位置を固定しにくい特性から

座面は極力水平を保ったほうが良いので

柔軟性やポジションによっては

不満の出る形状かも知れません

_

_

一方でゆったりと乗車する方

低いケイデンスでのっしのっしと乗る方には

意外とおすすめ出来る形状です

_

_


 

_

_

1-02

_

【 C 】

_

_

ノーズ : 短め

着座位置 : 中央付近

座面~ノーズのカーブ : 普通

_

_

- – – – – – – – – – -

_

ティアドロップ(水滴)のような形状をしていて

着座位置がサドルの中央付近に設定されているモデルです

_

座面とノーズの境目は緩やかながらも

しっかりと分けられているので

着座位置は安定しやすい傾向があります

_

_

ノーズ部の太さは普通ですが

短く設定されており思いの外

ケイデンスには影響しにくいかも知れません

_

_

一方で、サドル後方は乗車中ほとんど着座することは出来ず

前方に着座してもポジションの変化があまりない

という点から

状況に合わせて着座位置を細かく変更したい

サドルを極端に前方/後方にセットする必要がある

という方には不向きです

_

_

着座位置の安定性は裏返すと

同じ箇所を圧迫し続けることになるため

インナーパッド付きのパンツを履いたり

サドルからお尻を浮かせるなどの工夫も必要になります

_

最も着座位置が安定する部分が

割と座面幅が太めということもあり

内もものスレを感じる方も多い印象です

_

最初からこの形状のサドルが付属することは

あまりないと思うので

痛みの原因を探るためのサドルとしては

おすすめの形状です

_

_


 

_

_

1-05

_

【 D 】

_

ノーズ : 短め

着座位置 : 中央やや前方

座面~ノーズのカーブ : きつめ普通

_

_

- – – – – – – – – – -

_

もっとも一般車のサドルに近い形状をしています

_

A~Cと決定的に違うのはその着座位置で

深めに着座してもサドルの中央付近という形になります

_

サドルとハンドルの距離を適度に離したい

ロードバイクなど競技志向の強い車体には不向きですが

クロスバイクの中で、よりアーバンライクな

車体には適しているかも知れません

_

_

上半身が90度近く起き上がった形で着座することを

想定しているモデルが多く

お尻にかかる荷重の比率が増えるので

長時間の使用にはあまりおすすめしません

_

_

ハンドルまでの距離が遠すぎる

ハンドル落差が大きくて怖い

といった痛みとは違った需要から

選ばれる傾向のあるサドルです

_

_


 

_

_

まずは正面の形状からグループ分けしてみました

_

_

それぞれのグループに

溝あり/穴ありといった派生モデルが

それぞれ存在しますが

_

尿道、陰茎部への圧迫を緩和する

オプションだと捉えて選択してOKかと思います

_

_

_

_

普段自分が使っているサドルは

どのグループでしょうか

_

実際には「A寄りのB」みたいに

くっきりと別れているものでは無いですが

個人的には今回紹介した特性が

印象に残りやすかったです

_

_

次回はサドル側面の形状から

それぞれの特性について分類していきます

_

_

「形状は○だけど□□が気になるなぁ」

という悩みをどんどん潰していきましょう

_

_

_

お楽しみに

_

_

_

※性能、特性の説明はスタッフ個人の主観によるもので

※全ての商品に当てはまるものではございません


 

 

 

 

ブログ記事用画像

 

営業について

 

シクロワイアード_レコメンドショップバナー

 

自転車での車での

 

SARIS

 

インドアトレーナー販促バナー_720

 

アルバイト募集バナーバイオレーサーバナーバナー 東大和店