intro facebook JTU

【東大和×サドル沼×コラム③】サドルを選ぶ時にちゃんと○○してますか……? [側面編]
by: 佐藤篤

2-03_

_

あつし

_

ブルベライダーの佐藤です

_

_

_

サドル沼コラム第3

_

_

_

今回はサドルの側面形状から

理想のサドルへアプローチしていきます

_

_

_


 _

_

目次

_

_

サドル沼は「再発する」

サドルの正面から考える

③サドルの側面から考える◀NOW

サドルの後方から考える

最終手段

_


 

_

_

前回と同じく

サドル側面の形状を強引にグループ分けしていきます

_

_

_

2-01

_

_

※左から※

A :  FIZI:K ANTARES R3 OPEN K:IUM ¥17,545(+tax)

B :  SELLE ROYAL R.E.MED 2 ¥3,300(+tax)

C :  SELLE SMP HELL S ¥13,000(+tax)

_

_

正面に比べると種類は少ないですが

見た目では判断出来ない要素として

座面のしなり」「体の柔軟性

がありますので確認していきましょう

_


 

_

_

2-02

_

【 A 】

_

_

座面形状 : 平坦

ノーズ下がり : 少なめ

座面のしなり : 標準柔らかめ

_

- – – – – – – – -

_

頭からお尻まで真っ平らなサドルです

_

先端~後方まで着座位置を変更しやすいので

こまめに変更したい方はこの形状がおすすめです

_

_

_

2-05

_

荷重を支えるベース部分の素材/形状によって

座面のしなり方に結構な差があるので

ほぼ同じ側面形状のサドルで迷った際は

座面の裏の形状を確認してから

「ほどほどの力で」座面のしなり具合を確認しましょう

_

_

しなり具合が大きい(柔らかい)モデルは

着座位置の安定性が増して

衝撃吸収性能も向上します

_

_

着座位置が安定するとはいえ

もともと安定しにくい形状なので

ペダリングが安定しない間は

不安定さは感じてしまうかと思います

_

また股関節の柔軟性が低い方は

サドルを前下がりにセッティングしないと

尿道への圧迫が強くなりますが

そうすると今度は前にずれていってしまうので

基本的には柔軟性がそこそこ高い方に

好まれる傾向があります

_

_


 

_

_

2-03

_

【 B 】

_

座面形状 : 緩やかなS字

ノーズ下がり : 少なめ標準

座面のしなり : 標準

_

_

- – – – – – – – -

_

もっとも標準的な形状はこのタイプ

_

着座位置がサドルレールのほぼ中央になるように

設計されているのでポジション調整がしやすいです

_

中央のくぼみと先端の凸部に着座するイメージです

_

_

標準的な形状だけあって

あまりマイナスになるポイントは無いのですが

衝撃吸収性や座面のしなりを

必要とする方には選択肢が少ないかも知れません

_

その場合は座面のクッションで補う必要がありますが

見た目や重量、第1回でも記述した耐久性の面でも

妥協しなければならない点はあるかもしれません

_

_


 

_

_

2-04

_

【 C 】

_

座面形状 : S字

ノーズ下がり : 多め

座面のしなり : 硬め

_

_

- – – – – – – – – -

_

この形状のサドルはSELLE SMPくらいしか

存在しないと思いますが

種類もカラーも豊富で割とポピュラーなメーカーです

_

_

後方の凸部と先端の凸部を結んだ直線が

地面と水平になるのが基本ポジションになるため

かなり上向きに取り付ける必要があります

_

着座位置は後方にある窪みにほぼ限定されるため

サドルの前後位置の調整がしにくいと思いきや

サドルレールが他メーカーに比べて1.5倍くらいあるので

意外と調整幅は大きいです

_

_

着座位置の自由度は極限まで削りましたが

一方で適切な位置に着座さえ出来れば

尿道・陰茎部への圧迫は他の形状よりも少ないとされています

_

_

不必要な着座位置のずれを防止するためか

クッションは薄いか硬めのモデルが多く

そもそもの形状がある程度フィットしていなかればならないので

どのモデルを選択すべきか悩ましいのと

独特のポジション調整に慣れる必要があります

_

基本的にはインナーパッドのある

ウェアを着ていることを前提にした設計に感じます

_

_

ただし、一度ポジションが決まってしまえば

たとえサドルを前下がりにしても

着座位置が安定しますので

体の柔軟性が低くて尿道付近の圧迫に

お悩みの方には良い選択肢かも知れません

_


 

_

_

このように側面形状は

[着座位置] [衝撃吸収性] [体の柔軟性]

といったサドルそのものの性能とは違った部分にも

影響が及ぶポイントがあるのが特徴です

_

_

サドルを選ぶ際に

座面のクッションを指でふにふに

押して確認している方は多いですが

_

もう少し力を加えてグニグニ

座面のしなり具合を確認している方は

結構少ない印象です

_

_

インナーパッドの厚み、硬さと併せて

どの程度のしなり具合が必要なのかは

ある程度の期間乗ってみなければ

判断は難しいところです

_

_

もしも数ヶ月乗ってみて

ポジション変更も試してみた結果

思うような改善につながらない場合は

側面形状からサドル交換のアプローチを

してみても良いかも知れません

_

_

_

_

次回は

サドルの後方形状から

理想のサドルへアプローチしてみたいと思います

_

_

お楽しみに

_

_

※性能、特性の説明はスタッフ個人の主観によるもので

※全ての商品に当てはまるものではございません


 

 

ブログ記事用画像

 

営業について

 

シクロワイアード_レコメンドショップバナー

 

自転車での車での

 

SARIS

 

インドアトレーナー販促バナー_720

 

アルバイト募集バナーバイオレーサーバナーバナー 東大和店