【RIDLEYのバイクで】初めてのスポーツバイク、全部でいくらかかるの??1/3【計算してみた】
by: きのした れい

 

 

みなさん、どうもです!

 

 

3Fスタッフきのしたです。

 

 

 

 

 

気候や日差しも心地よくなってきて、

自転車乗るのには絶好のシーズン!

 

 

 

はじめてのスポーツバイクにチャレンジ!を検討している方もいるかと!

 

ネットや雑誌で・・・色々下調べをすると思うのですが

 

 

 

 

「自転車、本体の他に何と何が必要で

全部でいくらかかるの?

 

 

 

 

image

 

 

 

この疑問に答えるべく、

シミュレーションして

 

 

実際に総額いくらになるのか

 

計算してみました!!

 

 

 

ではではレッツゴ〜!

 

 

 

 



 

 

【自転車本体】

 

 

 

まずはメインを選ばないと始まらない!

今回チョイスしたのは、

 

 

image

 

 

 

RIDLEY 2018モデル

FENIX C 105

¥260,000+TAX

 

 です!

 

 

 

 

この車体、一見黒色の車体ですが、

角度を変えてみると赤色が差し色で使われていてカッコイイ1台

 

image

 

じゃじゃ~~~ん!差し色の配色が絶妙!だがそれがいい!

 

 

 

STAFFきのした、見た目重視で愛車を決める女なので

性能などの細かい説明はさておきこのまま続行します。笑

 

 

 

RIDLEYの魅力についてはこちらもチェック!

 

 

 

 

 


 

 

 

 

【防犯登録】 ¥500(非課税)

 

 

法律により登録が義務化されています!

もし「盗難に遭ってしまった」とき、

自転車が戻りやすくなります。

詳しくはこちらのQ1を見てください。

※防犯登録協会のサイトへジャンプします。

 

 

 

 


 

 

 

 

【盗難補償】 ¥???

 

プランによって金額が上下(加入任意)

 

 

 


 

 

 

 

【ペダル】

 

 

 

 

スニーカーで乗れるフラットペダル

専用の靴で乗るビンディングペダル

色々ありますが説明は割愛!

 

 

 

今回選んだのはコレ!

 

 

image

 

 

SPEEDPLAY ZERO

日本限定カラー

 ¥22,800+TAX

 

 

 

 

見た目も小さくてスッキリ見えて良し!

 

 

 

 

「ちょっと高くない!?」と思いがちですが

 

将来的にビンディング導入を考えてる方におすすめ

 

なのであえてこれをチョイス! 

 

 

 

 

 

 

 

このペダル、

ビンディング用なので

  

image

 

 

シューズに取り付けるクリートも最初から付属しています。

あとはビンディングシューズを買うだけ!

 

 

 

「日本限定」ポイント:

クリートカバー(写真の赤い部分)が赤色仕様!!

※通常は黄色が付属しています。

 

 

 

 

ビンディングは「自転車に乗って使う」前提なので、

見た目重視の女はカラーリング統一にこだわっていきます!笑

 

 

 

 

 

そしてここが

個人的おすすめポイント!!!!

 

 

 

追加でプラットフォームを付けると、、、

¥3,000+TAX

 

image

 

 

簡単にフラットペダルに変身、、、

 

 

image

 

できちゃうんです!!!!!

 

 

 

いちいちペダルを工具で付け外す手間も省けて

長距離乗る時は専用シューズでビンディング

ちょっと街乗りはスニーカーでフラット切り替えが容易

 

 

 

スグレモノ!!!

 

 

 

片足フラット:片足ビンディングなど、

慣れるまでの練習もお任せあれです!

 

 

 

 

STAFFきのしたもSPEEDPLAYを使っています!

 

S__102588451

(見ずらくてすみません;

矢印の先の青いのがSPEEDPLAYです。)

 

 

S__102604802

プラットフォーム着用時

 

 

 

 

カラー展開も多いので、

車体に合わせてカラーチョイスできるのもいい!

 

 

 

SPEEDPLAYについてはこちらもチェック! 

 

 

 



 

 

 

 

 

さて今回はここまで!

やっとペダルがつきました~~~!!!

 

 

 

 

 

でも、まだこれだけでは道路は走れません

もうちょっと装備を固める必要があります

 

 

 

 

 

 自転車につける装備は次回でご紹介しますね〜!

 

 

 

 

 

 

ちょっと長くなりそうですがお付き合いください。

 

次回につづく!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/09/28 きのした