【はじめてのスポーツ自転車 基礎知識その6】えっ、コレも別売り?車体以外に用意しないといけないモノ ~スタンド・泥よけ編~
by: 近藤俊志

▼前回の記事はコチラ

 

⇒【はじめてのスポーツ自転車 基礎知識その5】えっ、コレも別売り?車体以外に用意しないといけないモノ ~カギ編~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回に引き続き、はじめてスポーツ自転車を買う時に

 

揃えるアイテムをご紹介していきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎スタンド

 

s-IMG_2757

 

 

 

自転車にスタンドは付いていて当たり前…と思いがちですが

 

これもやっぱり別売りです。

 

 

FFR

FF-R アルミアジャスタブルスタンド ¥2,230+税

 

 

 

一般的なのはサイドスタンドという1本足スタンドです。

 

ママチャリでもこんな感じのが付いていることがありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_2763

BAZOOKA スイングアジャストスタンド ¥1,800+税

 

 

 

 

s-IMG_2756

 

今年あたりから一気に出始めたディスクブレーキのクロスバイク

 

ディスクブレーキの自転車に対応した形のスタンドが必要です。

 

この辺はお店でどれが合うか相談すればOKです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一部の自転車には、メーカー純正の専用スタンドが用意されています。

 

 

escapeqrst

GIANT ESCAPE QR KICKSTAND ¥2,500+税

 

(ジャイアント エスケープシリーズなど対応車種専用)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

botr

BONTRAGER DIRECT MOUNT KICKSTAND ¥2,037+税

 

(TREK FXシリーズなど対応車種専用)

 

 

 

 

これらのスタンドは取り付けできる自転車が決まっていますが

 

一般的なスタンドと違って自転車の骨組みを金具で挟まないので

 

取り付け部分にキズが付かないというメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_2758

自転車にこんな台座があれば、センタースタンドという

 

車体のお腹の下あたりに取り付けるスタンドが使えます。

 

 

 

 

 

 

giantcenter

GIANT CENTER KICKSTAND AJUSTABLE 20-29 ¥2,000+税

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

centerstand

センタースタンドは車体を真ん中に近いところで支えるので

 

後輪付近に取り付けする一般的なスタンドよりも安定感があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎フェンダー(泥よけ)

 

ママチャリとスポーツ自転車のいちばんの見た目の違いは

 

泥よけがあるかないかでしょう。

 

雨が降ったら乗らない、という方は必要ありませんが

 

通勤通学で使う方は出かける時には降っていなくても

 

途中や帰りに降られたりすることもあります。

 

泥よけを付けておかないと

 

お尻と背中がビチャビチャ・ドロドロになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見かけるのはこんな簡易式フェンダーです。

GIZA1GIZA2

 

 

GIZA PRODUCTS SW-663R リアフェンダー ¥1,300+税

 

 

 

道具なしで付け外し出来るようになっているので

 

今日は降らないだろう、という時には取り外すこともできます。

 

(実際は面倒なのでずっと付けっ放しになると思いますが…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと乗るだけなら簡易式の泥よけでOKですが

 

雨の日でもガッツリ乗ります、という人は

 

ママチャリのようにタイヤをしっかり覆うフルフェンダーがオススメです。

 

 

 

 

crossfender

GIANT CROSS FENDER ¥5,500+税

 

 

 

 

このタイプの泥よけを取り付ける時は自転車に泥よけ用のネジ穴が必要です。

s-IMG_2759

 

s-IMG_2760

 

 

たいていのクロスバイクにはこのネジ穴が用意されていますが

 

ロードバイクにはネジ穴がないものも多いので注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フルフェンダータイプの泥よけは3千円台から1万円近くするものまで

 

お値段の幅が結構あります。

 

機能性はそれほど変わりませんが、安いものはプラスチック製で

 

半年や1年使うと紫外線で脆くなってパキッと割れてしまうことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルミやステンレス製のものは高価ですが

 

プラスチックのように割れたりして破損することも少ないです。

 

 

 

sw_honjo_blk_flat42_900_720x

honjo

HONJO FLAT42 BLACK ¥8,500+税

 

※こちらの商品はお取り寄せとなります。

 

 

 

一度取り付けたらそんなに頻繁に交換するようなものでもないので

 

最初からちょっと良いものを選んでおいてもいいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタンド、泥よけ編はここまで。

 

次回も車体に取り付けるパーツ類をご案内します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼次の記事はコチラ

 

⇒【はじめてのスポーツ自転車 基礎知識その7】えっ、コレも別売り?車体以外に用意しないといけないモノ ~カゴ・荷台編~

 

 

 

 



 

 

 

 

 

あなたの自転車、オーバーホールでリフレッシュしませんか?

 絶賛受付中!

 

 

オーバーホールBPOP

 

 

 

 

 

 

 

bnr_loan

 

サンデーライドバナー

 

ホイールバナー

バイト募集バナー