【はじめてのスポーツ自転車 基礎知識その7】えっ、コレも別売り?車体以外に用意しないといけないモノ ~カゴ・荷台編~
by: 近藤俊志

▼前回の記事はコチラ

 

⇒【はじめてのスポーツ自転車 基礎知識その6】えっ、コレも別売り?車体以外に用意しないといけないモノ ~スタンド・泥よけ編~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回に引き続き、はじめてスポーツ自転車を買う時に

 

揃えるアイテムをご紹介していきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎カゴ

 

スポーツ自転車にカゴを付けるなんて邪道!

 

という人もいますが、やっぱりあると何かと便利なカゴ。

 

これもママチャリでは付いてて当たり前ですが

 

スポーツ自転車に取り付けると意外とかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずお手軽なのはハンドルに土台の部品を取り付けて

 

そこにカゴをはめ込む脱着式のタイプ。

 

 

 

 

 

 

 

wirebusket rixenattach

RIXEN&KAUL 

 

NEWワイヤーバスケット ¥2,700+税

 

フロントアタッチメント ¥2,500+税

 

 

 

このタイプの利点はお手軽に取り付け・取り外しできること。

 

たとえば買い物に行くとき

 

お店に着いたらカゴを外してそのまま買い物カゴに使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カゴ部分が独立したパーツになっているので

 

普通のカゴだけでなくいろんな種類のものが用意されています。

 

 

 

 

 

shopper
RIXEN&KAUL ショッパー ¥5,800+税

 

 

 

 

smartbagtouchsmartbagtouch2

RIXEN&KAUL スマートバッグタッチ ¥15,000+税

 

 

 

エコバッグみたいな形のものや、肩掛けバッグなんかもあるので

 

その日の用事に合わせて自転車に取り付けるものを使い分ける

 

なんていう活用方法もあります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また自転車をクルマに積む時に、カゴが邪魔で入りきらない!

 

という時にもすぐに取り外せます。

 

 

縦型TATE

 

電車で自転車を運ぶ時には

 

輪行袋という専用の袋に自転車を入れないといけませんが

 

カゴが付いている自転車は輪行袋に入りません。

 

将来 輪行で遠出するかもしれない人は

 

すぐに外せるカゴにしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取り外し式ではない一般的なカゴを取り付ける際には

 

いくつかパーツを揃える必要があります。

 

 

 

 

gizabuscket

GIZA PRODUCTS アルミバスケット ¥3,700+税

 

 

 

kagoita

GIZA PRODUCTS アジャスタブルバスケットブラケット ¥1,100+税

 

 

kagosute-

GIZA PRODUCTS バスケットステー ¥900+税

 

 

 

 

 

 

自転車の形によってはカゴが取り付けにくい場合があります。

 

付けられても角度がイマイチまっすぐにならない、ということも…

 

muzukasii

 

スポーティなモデルやサイズが小さめの自転車は特に要注意。

 

この辺はお店で相談しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎荷台(リアキャリア)

 

小物の荷物ならカゴで済みますが

 

大きい荷物を積むには荷台が必要になってきます。

 

paniabag

 

特にこんな風にカバンを付けて自転車旅行をしたい人は

 

荷台は必須アイテムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荷台を取り付けるには自転車に取り付け用のネジ穴が必要です。

 

img_2522 img_2523

 

クロスバイクにはたいてい用意されていますが

 

一部のスポーティなタイプのモデルだとネジ穴が無かったり

 

ネジ穴が1つ分しかなくて泥よけと荷台の

 

どちらかひとつしか取り付けできない場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また荷台にも普通のブレーキ用とディスクブレーキの自転車用があります。

 

 

RTkyaria

TIOGA リアチューブラーキャリアー ¥3,400;税

 

 

 

 

RTkyariadisc

TIOGA リアチューブラーキャリアー(ディスクブレーキ対応)¥4,100+税

 

 

お店で相談して自分の自転車に合ったタイプを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カゴと同じように荷台が付いていると輪行袋に収まりません。

 

取り付け用のネジ穴がない場合や、輪行袋を使いたい場合は

 

ビームラックという取り外し可能な簡易式の荷台があります。

 

 

 

 

 

 

car03300_01

 

TOPEAK MTX ビームラック Vタイプ ¥6,600+税

 

 

 

サドルが付いているシートポストのところを掴んで取り付けします。

 

安いものは固定部分がネジ止めですが

 

高いものはレバー式になっていて

 

輪行する時も道具なしで付け外しができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビームラックは簡易式というだけあって

 

荷物はあまり多く載せられません。

 

ラック本体を含めて7~9㎏程度が上限のことが多く

 

荷物満載のロングツーリングやキャンプツーリングには不向きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また取り付け部分のシートポストに強い負担がかかるので

 

カーボン製のシートポストには使用できません。

 

掴まるところがきれいな丸型でないといけないので

 

特殊な形のシートポストが付いている自転車にも使用できません。

 

 

8-e1550052245894

 

 

クロスバイクだとジャイアントのエスケープRXシリーズが

 

きれいな丸ではなくアルファベットのDのような形をしています。

 

このような自転車には取り付けができないので注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荷台を取り付けできない場合は

 

大型サドルバッグを使うという手があります。

 

 

 

 

 

 

 

backloader

backloader2

TOPEAK BACKLOADER ¥7,700+税

 

 

一般的なバックパックぐらいの容量があるので

 

結構な量の荷物を入れることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カゴ・荷台編はここまで。

 

次回は空気入れについてご紹介します。

 

 

 

 

 ▼次の記事はコチラ

 

 

→【はじめてのスポーツ自転車 基礎知識その8】パンクの原因ダントツNo.1とは?一家に1本!空気入れは絶対に必須!→ママチャリの空気入れはダメなの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

 

 

 

 

 

あなたの自転車、オーバーホールでリフレッシュしませんか?

 絶賛受付中!

 

 

オーバーホールBPOP

 

 

 

 

 

 

 

bnr_loan

 

サンデーライドバナー

 

ホイールバナー

バイト募集バナー