【はじめてのスポーツ自転車 基礎知識その8】パンクの原因ダントツNo.1とは?一家に1本!空気入れは絶対に必須!→ママチャリの空気入れはダメなの?
by: 近藤俊志

▼前回の記事はコチラ

 

⇒【はじめてのスポーツ自転車 基礎知識その7】えっ、コレも別売り?車体以外に用意しないといけないモノ ~カゴ・荷台編~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は空気入れについて…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてスポーツ自転車を買う時は空気入れも絶対いりますよ!

 

とお店の人に必ず言われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ママチャリもスポーツ自転車も

 

パンクの原因の80%以上は空気をちゃんと入れていないから

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2774

 

 

 

 

 

ちゃんと空気を入れずに乗っていると

 

 

・パンクしやすい

 

・タイヤが消耗しやすい

 

・スリップしやすい

 

・走りが重たくなる

 

 

悪いことばかりです。

 

 

 

 

 

タイヤに空気を入れるのは

 

出かけるときに靴を履いて靴ヒモを結ぶのと同じです。

 

一家に1本 空気入れを置いておきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q.ママチャリの空気入れが家にあるんだけど…

 

 

 

ママチャリとスポーツ自転車のタイヤのチューブは口の形が違います。

 

 

eisiki

 

futusiki

 

beisiki

 

ママチャリ用の空気入れはスポーツ自転車に使われている

 

仏式や米式というタイプの口の形には使えないので

 

スポーツ自転車用の空気入れが必要になります。

 

 

逆にスポーツ自転車用の空気入れはママチャリにも使えるので

 

 

これ1本でどんな自転車でも空気を入れられるようになります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q.アダプターを使えばママチャリの空気入れで入れられるのでは…?

 

 

 

 

IMG_2784

NOGUCHI フレンチバルブアダプター ¥140+税

 

 

クロスバイクやロードバイクに使われる仏式バルブを

 

ママチャリ用の空気入れが使える形に変換するアダプター。

 

これは出先でパンクしてしまって

 

ママチャリ屋さんしか見つからない時に出番が来る

 

応急処置用のアイテムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これを使えばママチャリの空気入れでも

 

いちおう空気を入れられるようになりますが

 

問題はタイヤに入れる空気の量が

 

ママチャリとスポーツ自転車では全然違うということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ママチャリのタイヤはカンカンまで空気を入れて4気圧足らずぐらい。

 

空気を入れすぎてタイヤが爆発しないように

 

ママチャリの空気入れはいくら頑張っても

 

それぐらいまでしか入らないようにできています。

 

 

 

 

 

 

 

 

taiyasitei

 

スポーツ自転車は5~7気圧ぐらい入れることが多いので

 

ママチャリの空気入れでは必要なだけの量の空気を入れられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kiatukei

またママチャリの空気入れは空気圧計が付いていないので

 

いまどれぐらい空気が入っているのかも分かりません。

 

タイヤの空気は入れすぎてもダメ・少なすぎてもダメなので

 

空気圧計が付いたスポーツ自転車用の空気入れが必須になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q.お店で入れたり友達に借りれるから自分の家になくても…

 

 

 

 

最低でも週に1回ぐらいは空気を入れるので、家にないと不便です。

 

それぐらい頻繁にお店で入れたり、友達に借りられるならOKですが

 

そのうち借りに行くのが面倒になって

 

空気を入れずに1か月・2か月と乗り続けて

 

空気不足でパンク…というパターンはものすごく多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンク修理(チューブ交換)をすると

 

部品代・工賃で¥2,500ぐらいかかります。

 

空気入れが4千円足らずぐらいなので

 

ムダな修理代を払うぐらいなら

 

初めからちゃんと空気入れを買っておけばよかった!

 

となって買っていかれるパターンもものすごく多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2776

BONTRAGER CHARGER FLOOR PUMP

 

¥4,167+税⇒¥3,480+税

 

 

 

 

 

 

IMG_2777

土台が大きくて安定感があるポンプ。お手頃価格でイチバン人気です!

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2778

 

差し込み口が2つありますが、横に絵が描いてあって

 

どっちの口を使えばいいのかすぐに分かります。

 

アダプターなしでそのままママチャリにも空気が入れられるのも特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2781

 

TOPEAK JOEBLOW SPORT3 ¥4,800+税

 

 

 

 

 

 

使えば分かるワンランク上の入れやすさ。お店での作業用にも使ってます!

 

空気を入れるのは意外と力がいりますが、良い空気入れを使うとラクになります。

 

ムダなくシューッと空気が入っていく感覚が気持ちいい!

 

 

 

 

 

 

IMG_2782

 

ママチャリ用のアダプターも付属してきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長々と続けてきたはじめてクロスバイク基礎知識もここまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットでいろんな自転車を見ていてもどれがいいか分からない…

 

という時は、とりあえずお店に行ってみましょう。

 

いろいろ迷ってたけど、お店で見つけた自転車にひとめ惚れして買っちゃった!

 

ということも多いです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2788

 

IMG_2786

 

最新モデルからお買い得モデルまで

 

ガッツリご用意してお待ちしております!

 

スポーツ自転車をご検討の際はぜひワイズロード神戸店へお越しください!

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

あなたの自転車、オーバーホールでリフレッシュしませんか?

 絶賛受付中!

 

 

オーバーホールBPOP

 

 

 

 

 

 

 

bnr_loan

 

サンデーライドバナー

 

ホイールバナー

バイト募集バナー