【スタッフBIKE購入記・前編】これでDAHON3代目。折りたたみバイクの常識を覆す驚異の剛性感 CLINCH D10に乗り換えました!
by: 近藤俊志

IMG_7463

 

 

 

 

ワイズロード激押し!

話題の室内トレーナー

SARIS H3&MP1

体験試乗コーナー拡大中!!

 

 IMG_6608

 

IMG_6928 

 SARIS製品ご紹介ページはコチラ

 

 

 

 

 

 

神戸店は即納主義!

いま欲しい!にお応えします! 

 

bnr 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7462

 

DAHON
CLINCH D10

¥167,000+税

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタクシ、この度DAHONを乗り換えました。

 

これで個人的には3代目となるDAHON。

 

 

 

 

 

 

 

最初はSPEED P8(現在のSPEED FALCOの前身)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9530

 

2代目はDASH P8でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SPEED P8もよく走るバイクでしたが

 

LOCKJAWシステム採用のDASHは

 

漕ぎだした瞬間に分かるほど推進力が高い

 

いわゆる【よく進む】バイクで

 

折りたたみでここまでできるのかと感心するデキです。

 

(今でも10万円以下で一番走れる折りたたみは?と聞かれたらDASHを挙げます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしDASHは折りたたんでも小さくならないんですよね~

 

 

img_6939

 

 

 

買う前から分かってはいたことですが

 

実際に輪行してみると、特に電車の中では

 

意外とデカいな!と感じます。

 

はっきり言ってクロスバイクやロードバイクで

 

輪行する時とサイズ感はあまり変わりません。

 

輪行時にホイールを外さなくて良いので充分に便利ですが

 

この走行性能のまま普通の折りたたみぐらい

 

コンパクトにならんかな…と思っていたところに

 

発表されたのがこのCLINCH D10でした。

 

 

 

 

IMG_7461

▲阪急電車ユーザーにはたまらない色です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はCLINCHは数年前に一度日本に上陸しています。

 

 

その時はLOCKJAWシステムのお披露目のための

 

コンセプトマシンといった扱いで

 

最高級の軽量カーボンパーツをふんだんに使って

 

¥550,000+税!という

 

思わず吹き出してしまうようなお値段の

 

夢のハイエンドモデルでした。

 

そのCLINCHがなんと1/3のお値段になって

 

2019モデルから再登場・再上陸!したわけですが

 

かつての1/3のお値段とはいえ

 

さすがに普段使いする折りたたみに

 

税込で18万オーバーはどうよ?と

 

DAHON&LOCKJAW信者のワタクシも躊躇しておりました…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこへ来て、例の御国からの10万給付です。

 

これはもう買えと言われているようなモノですよね!

 

経済回すための10万ですからね!

 

という都合の良い言いワケを得て注文してしまいました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7463

 

さて、乗ってみての印象ですが

 

DASHよりさらによく進む!

 

車体を見ずにいきなり乗せられたら

 

恐らく折りたたみ自転車とは気付きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的なクロスバイクやミニベロなどと比べると

 

折りたたみ自転車はどうしても

 

力を入れて漕いだ時にたわみを強く感じてしまいます。

 

つまり漕いだ力が推進力にならずに

 

無駄に消えているということ。

 

あちこちが折りたたむために動くようになっているので

 

どうしてもカッチリ感が損なわれてしまうのが

 

折りたたみ自転車の宿命ですが

 

それを軽減するための折りたたみ機構が

 

LOCKJAWシステムです。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7473

 

まるで牙が生えた怪獣のアゴが噛み合うような

 

凸凹状の接合部分。

 

一般的な折りたたみ自転車の接合部分とは全く違う形状です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7421

 

normal

 

普通の折りたたみ自転車は面同士が垂直に当たっていますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7399

 

IMG_7401

 

locklaw

 

LOCKJAWは上下左右にガッチリ噛み合う形状になっています。

 

これによって接合部分のたわみを減らし

 

パワーロスを防いでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じLOCKJAWシステム採用のDASHよりも

 

カッチリ感が強いのは

 

 

IMG_7472

 

フレームのパイプが太っといのと

 

三角形が小さいからと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7464

 

 

IMG_7466

 

 

特徴的なのがトップチューブから繋がった

 

への字型のシートステー上部。

 

太っといモノステー型になっていて

 

まるでカーボンバイクみたいな見た目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7474

 

 

 

ハンドルポストもDAHONの他のクラスものよりも

 

はるかにがっしりとした太さになっています。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7469

 

 

313

▲VISC EVOのフロントフォーク(上野本館ブログより)

 

 

 

 

 

フロントフォークもかなりゴツい!

 

¥127,000+税のVISC EVOのフロントフォークと比べてみると

 

VISC EVOが細めのベンドフォークで乗り心地重視なのに対して

 

CLINCHは加速性能重視の太っといストレートフォーク。

 

全く性格が違う自転車なのが分かります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7465 

 

漕いでみると後輪が地面を蹴って進んでいる感覚が

 

しっかり感じられます。

 

これはフレームの剛性が高い=たわみが少ない証拠!

 

折りたたみバイクでこの感覚を味わうとは思いませんでした。

 

これだけ走るなら18万もするのも納得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7481

▲DASHから進化して一般的な折りたたみ自転車と

全く同じようにたためるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、個人的に絶賛の走行性能を誇るCLINCHですが

 

実際に乗ってみて気付くこともたくさんあります。

 

総合的に見てどちらかというと

 

普段使いする自転車としては

 

誰にでもホイホイおすすめはできないかな…

 

という面もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長くなったので、その辺の詳しいことはまた次回!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼後編はコチラ

 

→【スタッフBIKE購入記・後編】

手がかかる子ほどかわいい…というヤツ。

【DAHON CLINCH D10】 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

kanbaizokusyutu 

 

 

 

 

ローンPOP2020_page-0001 (1) 

 

 

 

 

 

 

みんなが知りたい

ディスクロードの基礎知識を

徹底解説!

 

bnr_disc_gekkan 

 

 

 

 

s-通販

 

 

 

 

 ã‚ªãƒ¼ãƒãƒ¼ãƒ›ãƒ¼ãƒ«BPOP

 

 

 

ホイールバナー