【スタッフBIKE購入記・後編】手がかかる子ほどかわいい…というヤツ。【DAHON CLINCH D10】
by: 近藤俊志

IMG_7481

 

 

 

 

ワイズロード激押し!

話題の室内トレーナー

SARIS H3&MP1

体験試乗コーナー拡大中!!

 

 IMG_6608

 

IMG_6928 

 SARIS製品ご紹介ページはコチラ

 

 

 

 

 

 

神戸店は即納主義!

いま欲しい!にお応えします! 

 

bnr 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼前回記事はコチラ

 

→【スタッフBIKE購入記・前編】これでDAHON3代目。

折りたたみバイクの常識を覆す驚異の剛性感

CLINCH D10に乗り換えました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回はエエトコをご紹介したCLINCHですが

 

実際に乗ってみて分かった

 

ここはちょっと…という部分にも触れておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 IMG_7464

 

 

 

 

 

 

 

★乗り心地が犠牲になってるかも…?

 

 

 

CLINCHはとにかくよく進むバイクですが

 

これだけ推進力が高いとシュワルベワンなどの

 

もう少し細めの高級タイヤを入れて

 

レーシーなセッティングにしたくなる人も多いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

しかし1・1/8(約28㎜幅)ぐらいのタイヤだと

 

乗り心地が硬すぎるのでは?と勘ぐってしまいました。

 

カッチリした剛性に極振りした結果

 

乗り心地がちょっと犠牲になっているような…

 

そんな風にも思えます。

 

初期セットのタイヤが20×1・3/8(約35㎜幅)という

 

451規格の20インチの中でもさらに珍しいサイズ

 

ちょっと太めのものなのも恐らく

 

乗り心地を悪くしないためのサイズ選択と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ブレーキがパワー不足! 

 

 

 

タイヤを太くしたことによって

 

あおりを食っているのがブレーキです。

 

 

あまりの効きの弱さに

 

 

HAHAHA!おいジョン、コイツを見てくれよ!

 

 

と思わず夜中の海外通販番組口調になってしまいました。

 

他のスタッフにも試し乗りしてもらうと

 

同じように乾いた笑いが…

 

スピードが出しやすい割に

 

ブレーキは明らかにパワー不足です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原因は太いタイヤを使えるようにするために

 

ものすごいロングアーチのブレーキが付いているから。

 

 

 

IMG_7471

▲CLINCHの超ロングアーチキャリパー

 

 

IMG_7511

▲105のキャリパーと比べるとアームの長さの違いは歴然。

 

 

 

 

 

 

 

これだけアームが長いとギュッと強く握っても

 

ブレーキ全体がムニッとたわんでしまうので

 

効きがヌルくなるのも当然です。

 

ここはすぐにでも手を加えたいところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 IMG_7512

▲シマノ純正ブレーキシュー(1ペア¥795+税)

 

 

 

 

とりあえずブレーキシューをシマノ純正に変えたところ

 

ふつうに街乗りで使う分には問題ないぐらい

 

効くようになりました。

 

さすがシマノ製品スゲエ。しばらくこれで様子見です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレーキに関しては

 

なぜキャリパーブレーキを採用したのか?

 

おとなしくVブレーキで良かったのでは?

 

という疑問が残ります。

 

 

 

IMG_9883

▲クロスバイクでおなじみのVブレーキ

 

 

 

 

ロングアーチのキャリパーブレーキだと

 

効きが悪くなるだけでなく

 

Vブレーキよりも隙間が狭いので

 

使えるタイヤのサイズの制限も厳しくなります。

 

 

ディスクブレーキは高望みとしても

 

Vブレーキなら入門グレードのパーツでもガッツリ効きますし

 

タイヤとブレーキの隙間も余裕ができて

 

もう少し太めのタイヤも使えます。

 

 

 

img_1438-e1541751031370

▲DAHONのHORIZE DISC。ディスクブレーキなら

20×1.95インチ(約47㎜幅)のビッグタイヤも問題なく使えます。

 

 

 

 

 

 

 

その辺りはメーカー側も当然承知しているようで

 

すでに一昨年の販売店向け展示会には

 

LOCKJAWを進化させたJAWS HINGEを採用し

 

ディスクブレーキを搭載したモデル

 

参考展示されていたそうですので

 

今後のラインナップに注目しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★スタンドが付きません。

 

 

DAHONといえば

 

センタースタンド標準装備のモデルが多いですが

 

CLINCHにはセンタースタンド台座がありません。

 

 

IMG_7410

 

 

後輪付近のフレームを挟んで取り付けるタイプの

 

サイドスタンドになりますが

 

折りたたむ時に邪魔にならないかちょっと心配です。

 

いまのところ無くても困っていないので

 

当面は付けずに乗る予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★泥よけも付きません。

 

 

 

IMG_7461 

 

 

え?付いてるやん

 

という声が聞こえてきますが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

輸入代理店に CLINCH用の純正フェンダーはありますか?

 

と問い合わせたところ、担当の方から

 

『ありませんし、付けられません』

 

とステキな御回答が。

 

例のキャリパーブレーキ問題がここにも影響しており…

 

『隙間が狭いので付かないと思います』

 

とのことだったので

 

あ、じゃあ試しに付けてみよう(アホの発想)

 

ということで

 

唯一見つけた 20×1・3/8対応の泥よけを取り寄せ。

 

  

 

 fennda-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、結論としては無茶をしないと付きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 IMG_7470

 

フロントは余裕なんですけどね~ 問題はリアの方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7468

 

 

フレームとタイヤの隙間が狭すぎます。

 

なんとかブレーキとタイヤに擦らないように

 

ギリギリ通せるのは通せますが

 

フェンダーの中央部分を固定するための

 

金具を入れる隙間が全くありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで金具を入れるのを諦めて

 

必殺のマジックテープで固定!

 

 

IMG_7467

 

 

IMG_7376

 

 

両端はネジとステーでしっかり止まっているので

 

真ん中部分は振動でガタガタ言わない程度に

 

止まってくれていれば構いません。

 

さすがにお客様の自転車だと

 

これで『取り付けできます』とはご案内できません

 

自分の自転車なのでとりあえずヨシ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★ボトルケージも付きません。

 

 

IMG_7472

 

 

車体のどこにもボトルケージ用のネジ穴はありません。

 

たしかにこんな形のフレームだと

 

ボトルを差せるスペースはありませんね。

 

 

 

 

 

 

IMG_7529

 

そこでこんな感じの

 

ハンドル付近に取り付けるボトル用バッグを調達。

 

無理にボトルケージにこだわる必要はありません。

 

これでいいのだ。

 

 

 

 

 

 

▲Premier 断熱シート入りボトルバッグ(¥1,500+税)

 

 

 

これぐらいのお手頃な価格のものもありますので

 

小さいサイズのクロスバイクなどで

 

車体にボトルケージがひとつしか取り付けできなくて

 

困っている方にもオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★タイヤとチューブで困ります。

 

 

 

IMG_7480 

 

20×1・3/8というサイズは非常に難儀します。

 

チューブもタイヤも激レアです。

 

まずその辺の自転車屋さんでは売ってません

 

スポーツ車のお店でも置いてないところもあります。

 

予備のチューブは常に自分で用意しておかないといけません。

 

 

 

 

IMG_7479

 

 

タイヤに至っては標準装備のKENDAのタイヤ以外は

 

今回取り付けたタイオガのタイヤぐらい…

 

他に選択肢がなさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7528 

 

しかも巡航性能を高めるために

 

30㎜高のリムハイトのホイールが付いています。

 

リムの高さ+1.5㎝ぐらいがチューブのバルブの長さの目安

 

なので最低45㎜以上は必要ですが

 

20×1・3/8に対応する仏式のチューブは

 

タイオガ(バルブ長36㎜)とシュワルベ(バルブ長40㎜)の

 

2つぐらいしかありません。どっちも短いやん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解決策としては

 

バルブエクステンダーというアイテムを使います。

 

 

 

 

IMG_7532

▲エクステンダーと取り付け用の専用工具。合わせて千円ほどです。

 

 

IMG_7534

▲エクステンダーで延長して約60㎜ほどになりました。

 

 

 

 

 

 

これは何回も使い回しできるので

 

一度用意してしまえば

 

今後はバルブの長さで困ることはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という感じで、いろいろと悩まされる部分も多いですが

 

いやーこのチャリ、結構アレなんスよねー と言いつつ

 

面倒なところも含めて楽しむのが自転車好きという人種です。

 

CLINCHの走行性能の高さは

 

手がかかるのを差し引いても大きな魅力!

 

  

 

 

img11

 

 

 

2021モデルはロイヤルパープルに加えて

 

新色が出るとのウワサです。

 

とにかく走れる折りたたみ自転車が欲しい人には

 

ぜひ候補に加えて頂きたいバイクです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

kanbaizokusyutu 

 

 

 

 

ローンPOP2020_page-0001 (1) 

 

 

 

 

 

 

みんなが知りたい

ディスクロードの基礎知識を

徹底解説!

 

bnr_disc_gekkan 

 

 

 

 

s-通販

 

 

 

 

 ã‚ªãƒ¼ãƒãƒ¼ãƒ›ãƒ¼ãƒ«BPOP

 

 

 

ホイールバナー