年に一度の大事な作業
by: 村拓治

大阪本館で購入したKONA PROCESS 134。

1年ちょっと乗ったので、サスペンションをオーバーホールに出すことにしました。

DSCN3453[1]

 

 

サスを前後とも取り外すと、こんな姿に…。

DSCN3472[1]

 

 

代理店の作業予約を取った後、サスに着いた泥などを洗い落としてから梱包、出荷します。

DSCN3470[1]

 

 

そして待つこと約1週間……。

オーバーホールを終えて戻ってきました!

DSCN3480[1]

 

 

交換してもらったパーツがこちら。

ダストシールはもちろん、各部パッキン、エアバルブ、DUなども交換されています。

DSCN3478[1]

 

 

ダストシールが黒く汚れていますね~。

DSCN3479[1]

 

 

さっそく車体に組み付けます。

フロントフォークを外したついでに、ヘッドパーツをグリスアップ。

DSCN3481[1]

 

 

リアユニットの取り付けボルトがゆるみやすかったので、ロックタイトで固定しておきます。

DSCN3482[1]

 

 

取り付け完了!

DSCN3486[1]

 

DSCN3485[1]

 

 

エアを入れてサグを取ったら、作業完了。

シール類が新品に変わるとサグの値も変化するので、オーバーホール後には忘れず行なっておきたいものです。

DSCN3483[1]

 

 

 

ちなみに今回のオーバーホールは、前後合わせて約3万円でした。

サスペンションは、シール類が傷むのはもちろん、ダンパーオイルの劣化やエア噛みなども起こります。

ホビーライダーでも年1回、レーサーなら年2回(シーズン前後)のオーバーホールをおすすめします。 

 

 

<ご注意>

・車体からサスペンションを着脱する際は、別途工賃を申し受けます。

・オーバーホール料金や納期は、サスペンションのモデル、コンディションによって変化します。

・メーカー、年式によっては、オーバーホールをお受けできない場合もございます。

 

 

金額の上限を指定してのオーバーホールも承っております。

「最近サスの調子が悪くて…」

「シーズン前に車体を万全にしておきたい!」

という方、お気軽にご相談ください。

ご来店、お待ちしております!

 

 

 

 

 


 

 

 図1 図3 図2

 


 

Twitter_Logo_Blue FB-fLogo-Blue-broadcast-2 d_300x

 各種松山店SNSはこちら