ロードバイクわかりやすいハンドサインの出し方
by: 関和貴

みなさんこんにちは。Y’s Road松山店 関です。

 

 

 

 

今回はイベントや集団走行に欠かせない

「ハンドサイン」

のしかたをご紹介します!

 

 

 

 

また、ハンドサインには何通りかパターンがあったり、地域やグループによってマイナールールも存在するようですが、今回は一般的な方法をご紹介します。

 

また、Y’sRoad松山店のサンデーライドではこのやり方でいきたいと思います。

 

 

 

 

 

★ハンドサインとは

 

 

走行中、前方の状況や自分の動きを後方の自転車や車に知らせるための手信号です。

(車でいうところのウインカーやブレーキランプ)

ハンドサインを覚えることで、より安全に走ることができます。 

 

 

 

 

 

★ハンドサインの仕方

 

・動作前(ブレーキなど)余裕をもって出す。

 

・集団走行時は声出しも併せて行うと効果的。

 

・ブレーキ中など手が離せない場合は声だけでも出す。

 

・集団走行時は前走者が出したら素早く自分も出す。

 

・集団走行時、前走者がハンドサインを出していなかったり、出すのが遅い場合は、自分から出しても良い。

 

 

 

◎大切なのは「伝える」こと!

多少やり方が違っても問題なし!!

恥ずかしがらずに出してみましょう。(・A・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、サインを紹介します!

 

 

 

 

 

ブレーキ・停止

 

-800IMG_0021

サイン 手のひらを開いて後ろに向ける

手を腰の後ろに付けることもある

 

 

掛け声 「止まります」「ブレーキ」「減速」等

 

 

 

 ・ブレーキをかける前にサインを出す。

・複数人の場合は後続にサインが伝わる時間を考慮して早めに出す。

 

 

 

 

 

 

右左折・進路変更

 

-800IMG_0025 -800IMG_0024

左折・右折

 

 

サイン 手を水平にして曲がる方向に出す

 

 

掛け声 「曲がります」「右」「右行きます」

 

 

 

 

 

 

減速・車間あけて

 

-800IMG_00281

 

サイン 手のひらを上下に動かす

   

 

掛け声 「減速」など

 

 

 

 

障害物などで減速するとき。

見通しが悪く車間距離を開ける必要があるとき。など

 

余裕があれば「停止」の前に「減速」を入れると丁寧です。

 

 

 

 

 

 

 

注意・落下物

 

-800IMG_0026

 

路面上の落下物・危険物・溝などを伝えます。

 

 

 

サイン 対象に指をさす。声出しも併せて行う。

 

 

 

掛け声 「注意!」「落下物!」「穴!」など

 

 

 

 

 

 

お先にどおぞ

 

-800IMG_00301

 

先頭を代わってほしいとき・後続者を先に行かせたいとき・車に抜かさせるとき使います。

 

 

 

サイン 手のひらを後ろから前に動かす。

 

 

掛け声 「お先にどおぞ」「代わってください」「先行ってください」など

 

 

 

 

後ろに車が詰まってしまった時なども有効。安全な場所で行う。

 

乱暴な動作だと、挑発的に捉えられてしまう事もあるので、ゆっくり丁寧に行うとよいです。

 

 

 

 

 

 

左に寄ってください

 

-800IMG_00311

対向車や歩行者をよけるときなどに使います。

 

 

サイン 手を背中側でよけるほうに払う

 

 

掛け声 「左寄ってください」「歩行者」など

 

 

 

 

 

 

 

ハンドサイン以外の掛け声

 

 

狭い道で向かいから車が来たとき(特に下りや見通しの悪い場所)

「対向(車)」「車!」「車来ます!」など

 

 

 

・別のサイクリストを追い越す時も可能ならあいさつしましょう

「こんにちは」「通ります」「右行きます」など

 

 

 

・集団走行時、自分や周囲で落車があったり、急ブレーキの必要があるときは大きな声で周囲に知らせましょう。

「落車!」「ブレーキ!」など

 

 

 

 

 

初心者の方は、、、

 

初心者の方も道路を共有している一員として、積極的にハンドサインを出しましょう!

 

ただ、サインを出すということは、片手を離さないといけないので、

ふらついてしまったり、怖いこともあると思います。

 

そういったときはサインを出さなくても全然OKですので、声だけでも出しましょう!

 

 

 

最初は一緒に走っている人のサインを真似してみましょう!

 

 

河川敷など安全なところで、サインを出す練習をしてみましょう。

 

まずは右左折・停止からマスターしましょう!

 

 

 

 

 

毎週日曜のサンデーライドでも練習できますよ!

 

 

 

 

 

 

 

ハンドサインをマスターして楽しく、安全にサイクリングを楽しみましょう!

 

 s_DSC7033

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サンデーライドの参加方法はコチラ

 

 

 図1 図3 図2

 


 

Twitter_Logo_Blue FB-fLogo-Blue-broadcast-2 d_300x