【名古屋☆インプレまつり】ハートマークには、やっぱりサイクルロードレースへの情熱が詰まっていましたとさ。 ~DE ROSA KING XS~
by: 鈴木 幸貴

【Y’s Road名古屋本館】

IMG_2939

 

どうも。

スズキです。

 

 

 

先日のROTOR講習会において人生初となるパワー計測を体験し、めちゃくちゃにぐちゃぐちゃだと思っていた我流のペダリングが、実は思ったよりきちんとしてたことが判明してちょっといい気になってます(笑)

 

 

 

さて。

 

ここY’s Road名古屋本館における、DE ROSA販売台数ナンバー1の実績を以て

いつのまにか「DE ROSAの人」と思われているらしい、私ですが(持ってるとは言ってない)

 

そんな私のもとにDE ROSAの営業さんから電話がありまして、

「試乗車持っていきますわ!」

ということになり、3台ほどお借りすることになりました。

(いつもありがとうございます!!!)

 

 

 

DE ROSAと言えばやはりIDOL仏恥義理(ぶっちぎり(©横浜銀蠅))の人気ですが、IDOLは過去に何度も試乗させてもらって、よくできたバイクであることは重々わかっているつもりなので、

 

今回はこちらの

IMG_2924

KING XS

をテストしてみました!

 

 

今回の試乗車の仕様ですが、コンポーネントはSHIMANO ULTEGRA仕様。

「DE ROSAと言えばカンパ」、というイメージが強いところであえてのSHIMANO、って感じですが、「この試乗車を組んだ頃はカンパがダイレクトマウントブレーキを出してなかったから(笑)とはメーカーさんの弁。

 

しかしながら、今ではDE ROSA+SHIMANOというアッセンブルは全然普通になりましたね。

 

 

ではさっそく乗ってみます。

コースはお店から自宅まで片道10kmを、往復です。

IMG_2936

写真はテストライドにつきあってくれたスタッフ藤井によるものです(トップ画像のロケーションも彼の趣味です)。

どうでもいいですが彼の愛車も

IMG_2935

一箇所だけDE ROSAです。

 

 

走り始めてすぐに、

「あ、これはレーシングバイクだな!」と感じました。

 

DE ROSAといえば、エディ・メルクスの時代からサイクルロードレースとは切っても切れない関係にあるブランドですから当たり前と言えば当たり前なのですが…

 

 

IDOLを「レーシングバイクのポテンシャルを秘めた云々」と表現するならば

このKING XSは「レーシングバイクそのもの」です。

 

 

キレのある加速感と、狙ったところへ自分のイメージ通りに車体を動かせるハンドリングなどはまさにレースからのフィードバックの賜物。

 

IMG_2989

ボリューミーかつマッシヴな造形のボトム周りと、

 

IMG_2991

このボリューミーなストレートフォークが、それを実現しているのでしょう。

 

 

 

そして、これはあくまで個人的な感想ですが…

自分の好きな種類のバイクに似た感じを受けたのです。

 

例えば私の現在の愛車であるC社のバイクとか、

以前に試乗して、自分の愛車に似てて非常に気に入ったéのマークが象徴的なブランドのモデルですとか、

それらに近い系統に位置してると感じましたね。

個人的にこういうテイストの自転車、すごく好きです(乗りこなせるとは言ってない)

 

 

それでいながら、

あくまで振動吸収性は一定の水準をクリアしています。

 

 

細かい振動は当たり前のようにサラッとカットしますし、大きめの凹凸も角が取れた印象で身体に伝わっても嫌な感じはあまりしません。

 

IMG_2986

それには、このリアセクションの形状が貢献してくれているかもしれません。

 

IMG_2987

ご覧の通り、BB下ダイレクトマウントのリアブレーキを採用しております。

これによりシートステーからブレーキ台座を排除することができ、

トップチューブとの接合部、つまりサドルの真下から

チェーンステートの接合部、つまりリアエンド部分までをフルに使ったフレキシビリティが得られるわけです。

 

しかしながらあくまでレースマシンですから、過剰な快適性に振っては本末転倒。

形状そのものは三角断面のストレートなシートステーですから、ぐにゃぐにゃとパワーが逃げてしまう心配は

 

全くありません。

 

 

 

もちろん、フレーム重量も十分に軽いです。

特に軽いことを売りにしたモデルではありませんが、それでも軽いですよ!

 

今回の試乗車の仕様で、実測7.66kg(重たいフラットペダル込み)

SHIMANO ULTEGRA一式+RS610というミドルグレードホイールでこの重量ですから、パーツアッセンブルによってはさらなる軽量化が見込めます。

個人的には7kg台の前半が一番扱いやすい重量だと思っているので、これくらいでもじゅうぶんですけどね。

 

 

そんな「レースへの情熱をカタチにしました」って感じのKING XSなので、

当然ですがぐいぐい進みます

 

IMG_2930

私はガチ系ライダーではないので何に乗っても常に一定のペースでしか漕ぎませんが、それでも勝手によく進む自転車っていうのに時々出会います。

 

今回のKING XSはまさにそれ。

 

 

帰宅時間がいつもより6分も縮んだのが何よりの証拠です。

40分くらいのうちの6分ってのはなかなかのもんだと思いますよ。

 

 

ただ、そんなバイクなので、一生懸命乗るとやはり疲れます。心地よく疲れます。

 

 

なにしろ普段は

IMG_2994

ハトのマークのクロモリバイクに乗っている私ですから、

ハートマークのカーボンバイクに乗ると、まあスポーツしたな!って感じですね。

 

 

ある程度ホネのある、乗りこなしがいのあるロードバイクをお探しの方。

レースでのパフォーマンスをもっともっと上げたい方。

オススメ致します!!!

 

 

 

ただいまY’s Road名古屋本館には

このKING XSの特別限定完成車がございます!

IMG_1142

DE ROSA “KING XS” complete model ¥620,000+TAX

現金購入で5% ¥31,000分のクーポンが付きます

 

こちらはCampagnolo CHORUSZONDAという鉄板アッセンブル!

ネイビーに蛍光ピンクのアクセントが効いたこちらのカラーはこの完成車のみの限定色です。

 

詳しくはこちらをどうぞ↓↓↓

【日本限定!】NAVY×PINKのスペシャルカラーをまとったKING XSが完成車で登場!!

 

 

サイズ49SL、適性身長でいうと170cm前後の方にぴったりです。

気になる方は是非お早めにどうぞ!

 

 

 

2017-02-12

スズキ コウキ