里帰りオーバーホール 2万キロ走のLOOK 695ZR
by: 野澤 伸吾

二年前に納車し 2万キロほど走行の

  LOOK 695 ZR

2F2A3314

   里帰りオーバーホールしました。

スポーツバイクには四輪車の様な車検がありません

 しかし 命を預ける乗り物なのは 同じです。

 定期的にキチンとケアしなければ

     アナタ様の安全は確保されません。

1484923025wQR5eseM0qzXFCk1484923023

    ↑ まずはシフトワイヤーを交換します。

  この様に 最大に解除した状態にし引き抜きます

2F2A3305

  ↑ ワイヤーの素線の切断やはみ出しはありませんが

   ポリマーコーティングが毛羽立っています。

2F2A3306

    ↑ 拡大図。  この毛状のものは

ワイヤーではなく コーティング素材です。

シフトラインが7900以降、ハンドルに沿うようになり

シフトワイヤーは急な半径で巻き取られる負荷に晒され

 この部分に負担がかかる。

2F2A3309

   一本 2000円のシフトワイヤーには・・・

ポリマーコートという滑らかなコーティングがされています。

確かにすばらしい初期性能なのだが

素晴らしい素材が剥がれて毛羽立ち

   ワイヤーの動きを阻害することもある。

2F2A3310

↑半額のオプティスリックというコーティングが好き。

  圧倒的に耐久性があると思います。

2F2A3354

 ですので 今回もこのオプティスリックで!

   緑色のキラメキが目印ですぞ。

2F2A3340

 ↑ LOOK695系のシフトワイヤー交換で鬼門はここ。

2F2A3346

   ↑  FDのワイヤーがBB下から90度に曲がります

  STI直近からフレームにinしたワイヤーを押して

  この部分に ワイヤー先端がさしかかると

  急に曲がるため 詰まります。

  そのまま 無理に押しても駄目です。

2F2A3342

 ↑ワイヤーの進行を一旦止めて

ライナーだけをゆっくりと丁寧にBB内部から引っ張り

2F2A3343

 ↑ 取り出したライナーをまっすぐにして

この様な形にしてから差し入れましょう。

2F2A3345

   そう・・・・急がば廻れでございます。はい

2F2A3347

    ↑ BB上にワイヤーが出たら

   防水処理をします。

2F2A3351

↑ 後輪がかきあげる汚れに晒されるFDワイヤー

この為にも 前出のライナーは大切にしたいのです。

 更に ライナー中に汚れ侵入を防ぎたい

2F2A3350

 アリゲーター社の防水キャップは良い商品です

2F2A3350-001

  BB~BB下の穴に汚れが堆積して

 FDの動作不良になった車両を何台も見てますので。

 この350円は価値ありますよ。

 

  で こんどはRDなんですけど

2F2A3356

  この RD6800以降 新設された滑り管

【最初はなかったRD9000にもサイレント・チェンジで追加されたのよ】

 ここを外してみると・・・・

2F2A3360

    ↑ つぶれて 壊れましたね

2F2A3361

     ↑ 左が新品です。

  滑らかそうですな。

2F2A3364

   ↑ オーナー様からは ハンドルを下げて

このスペーサーを5mmに短縮せよとの指令もありました

2F2A3365

    コラムを切るのは簡単だけど

  ↑ このスペーサーを切るのは・・・・・

 形状的に万力には挟めないし・・・・・

チョイ 難しいかなと

2F2A3367

  ↑ やってみたら 割と簡単に切れたね。

2F2A3368

    ↑ おお 5mm だと

   なんかシャープな感じですね

2F2A3370-001

   うんうん 素敵な相棒の復活。

  by野澤